フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

終焉

2021年5月17日 (月曜日)

画像容量が満杯になり終了 - 五月中旬号

 

五月十六日 最後日のブログを転記しておく

🔗 梅雨入りて父の日近し蛇の目傘

画像をブログに入れようとしたら満杯ではいりませんでした

いよいよこのブログも終わりですね

終焉

ライブドア『ちょっとつぶやいてみる 』にある画像を貼っておきます


父の日が近い
もう二十三回忌は済ませた

十八歳で東京に行き フラフラと京都に戻ってきて
のちに車で一時間くらいのところに家を構えるけど
父には 月に一度も会わないくらいで
十年余りを過ごしている間に
静かに定年を迎え やはりその後も
そこで生きていて暮らしているのが当たり前のように過ごした

気づかない時間に高血圧に伴う病気が進行し
なんども救急車に世話になったりしながらも

好きなことをやっているようだったので そこにいて当たり前として時間は経っていった

。。

死ぬ間際も 不調であっても連絡もなく 死亡の知らせを職場で受け取った
祖父と同じ年齢の六十七歳であった

いい気なもんだ
自分だけでここまで生きてきたかのような顔をして
将来のことや世話になった人への恩返しのことなど
これっぽっちも考えて生きてこなかったことに気づくのはそのあとのことだった

。。

父の日はおろか 還暦も誕生日も
お祝いなど何もしなかった
そのことが 私の最大の『油断』であったのだと身に沁みてくる

梅雨入りのころ(父の日)と命日のころ(大寒)は
思い出さなくて良いものまで思い出してしまう

。。

子どものころは 蛇の目傘だった
小学校の置き傘はクラス全員が蛇の目の傘で
畳んだ上から白いマジックで名前が書いてあった
教室の後ろの壁に綺麗に整列して並べてあった

そういう昔の風景が蘇る時に父親の姿がふわっと蘇る
記憶というのは 単独では脳裏に残るものではなく
父親と一緒に松茸や山芋を掘りに山の中を歩いてゆく姿などが映像のように浮かんでくる

🎬 

先日 巡回して時々拝読する方の日記に
「大人になった子供にとっては親はそれほど必要でないけれど、親は子供のことがいつまでたっても心配でならない」
と書いてられた

まさに私が そして多くの人々がそう思っているであろうことを代弁して文字にしてられて感動した
8ミリビデオがあるが ムスメは自分の赤ん坊の時代の動画にそれほど激しく見向かおうとしない
それは即ち自分が元気であり ムスコがやんちゃながらもすくすくと大きくなっているからであろう
いつか振り返る時があったとしたらそれは世代を超えて孫が大人になったときなのだろうか
その頃に再生する機器があるかどうか どうやって再生しようかなど すでに私の悩むことではなくなった

豊かなものが溢れている時代である
そこに存在して当たり前となってしまったものが もしもこの世にないならば・・と想像するのは難しい

なんでも夢見たものは実現できる

父が生きていて父の日に何かを贈るとするならば・・と考えると
何にも思い浮かばないのだ

無くしたものは蘇らない
失ったものは返らない
消えたものは記憶にある
思い出せるのは自分の脳みそだけであるし
欲しいものはおよそ店に並んで買うことができる

母の日に書いたのであるが
贈るものなど何もない
そこに行って『むかし話』を聞くことくらいしかできないのではないか


🎬 梅雨入りも間近か

十五日
三時間近く公園にいて
楽器を吹いていました

雨が時々ぱらぱらとしてました
けれども
元気な子どもが滑り台にやってきます

ドクダミ
花を咲かせていました
そろそろ摘まなあかんな
去年のお茶も飲みきってないけど


かき揚げうどん
0517

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 『随想』すぎゆく季節に考える 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】メルマガ 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 ご案内 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる バイク旅を考える ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生を考える 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(七月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 光化学の『裏窓から』 前略草々 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(つぶやく) 十七音(ときめき) 十七音(アラカルト) 十七音(メモ句) 十七音(七夕) 十七音(三月) 十七音(侘助) 十七音(冬) 十七音(吟行) 十七音(夏) 十七音(好き) 十七音(投稿) 十七音(春) 十七音(月) 十七音(母) 十七音(沈丁花) 十七音(海) 十七音(父) 十七音(秋) 十七音(空) 十七音(節季) 十七音(花) 十七音(落書き) 十七音(記念日) 十七音(酒) 十七音(離別) 十七音(雨) 十七音(雪) 十七音(風) 十七音(鬼) 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 瞬く(車窓から) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 終焉 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 豊かさと満足度 雑記(夢) 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト