フォトギャラリー(令和3)

  • オムライス
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

家族(お出かけ)

2019年11月20日 (水曜日)

熊野古道センターでサンマ寿司作り体験

🔗 エビばっかしを食べていたので 19日は アジのフライ


あれこれと振り返ることひとつふたつ

 

 

豚汁をすすりながら昨日より少し冷え込んだ夜を過ごす

 

 

先日、熊野古道に出かけて

サンマ寿司作り体験をしてきました

 

 

大変美味しいサンマ寿司を作ることができて満足です

 

 

アホみたいに人の噂を聞いてグルメ気分で食べ歩いて

ファーストフードや回転寿司系の店を旨いと称えてみても

味覚は画一化されて 口コミ・スタンダードに近づくだけや

 

 

何度も書いてきたことだが

 

 

味の本質を考えると

旨いものは

自分の手で作るもの

あるいは職人が職人の手で作るもの

これに勝るものはない

 

 

🌱

 

 

秋も深まってきました

昔と比べて秋が短いと嘆く人も多いです

 

 

では一体ホンモノの秋とは何か

 

 

この頃(いや昔から)屁理屈ばかりを言いますが

春夏秋冬

気温の変化だけではなく

気持ちあるいは心の変化にも春夏秋冬がありましょう

 

 

私の生まれ育った風土では

春から季節が始まります

秋は第三コーナーにあたりましょうか

私の人生は第四コーナー

 

 

ぎゅっと押したサンマ酸っぱしやや甘く

一枚の落ち葉をヒントに恋手紙
冬支度叶わぬ恋の胸騒ぎ

 

 

🌱

 

 

エビフライ

アジのフライ

 

 

フライを好んで食べているから

ぷくぷく太ってきたのかね

 

 

いいえ

うたた寝のせいと思うけど

 


Days News

00311120-81127

2018年3月17日 (土曜日)

三月中旬はいつものように京都で

京都日記はそのうち

 

14日に行って
16日に帰って来ました

 

行きはガスト、帰りは松尾
真ん中の15日は四条河原町の『まる富』という焼肉屋さん

 

写真は全然ありません あはは

 

🌱 雨中嵐山(3月15日)

 

🌱 嵐電(3月15日)

 

 

16日はお蕎麦屋さんに寄る

 

15日は嵐山に散策に

 

14日のお昼はガスト

2016年1月10日 (日曜日)

1月の3連休の前半(2日間)

 

 

写真日記(京都墓参日記)

 

ポルタの凡凡亭 小鯛の笹漬

 

 

新福菜館

 

9日 行きがけに京都駅近く・たかばしのラーメン屋さんに寄って
第一旭はお馴染みなので新福菜館をセレクトし
数メートルの列を辛抱してお店へ

 

しかし
大きく期待はずれで失望気味

食べ残している人もチラホラ周りにいたくらいで
やはり情報の暴走というか
グルメ人たちの味覚の失墜であろうか

 

評判は信じたり期待したりしてはいけない
ということや

 

もう行かん


夜は別宅で小鯛の笹漬とか村沢牛のステーキをご馳走になり
満足な夜を送った

 

あくる朝から墓参を済ませて
いつものように京都駅で食事を済ませてか帰宅する

 

京都日記(連休前半)

2015年11月27日 (金曜日)

京都日記 あれこれ

写真日記(11月24日-25日)

 

(24日朝)

 

朝ごはん(24日)

 

特急に乗る前に
モーニングで時間調整をして
その日は神護寺に行ってから車折へ

 

(25日)

 

帰りはいつもどおり 駅ぶら

 

京都駅伊勢丹のクリスマスツリー

 

京都街歩き本
おつまみを買って
ついでに仙太郎の大福も買って電車に乗りました。

 

仙太郎の大福を買う

 

家の近くの店で
鰤のにぎりも買い足して
家でゆっくり
ブリのにぎりを買う


(26日)

 

帰ったあくる日は
生節と千枚漬けでした
生節と千枚漬け

 

2015年11月26日 (木曜日)

京都日記(11月24日と25日)

京都日記(平成27年11月24日と25日)

 

24日と25日で京都(別邸)へ

 

二日目は天龍寺のお庭に行ってました

 

渡月橋  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
Img_0726  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて  
天龍寺の庭にて 


一日目は高雄に行って
帰りに御室仁和寺に寄って
おうちへ

御室駅  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
仁和寺  
高雄へ  
高雄へ  
高雄  
高雄へ  
高雄へ

 

往復で800円の切符はお得です(JRバス)

 

 

2015年7月16日 (木曜日)

京都日記(宵々山)

京都日記(平成27年7月篇)

 


















鱧のお弁当
長刀鉾
ソフト
パスタ
烏丸通
フレンチトースト
菊水鉾
ハモ
かき氷(ポルタで)
韓国料理
韓国料理
朝のサンド(ドトール)

2015年5月 7日 (木曜日)

京都日記 (5月5日と6日)

新・写真日記(27)

まつおか 牛しぐれ弁当

 

鶏ご飯のお弁当(京都駅伊勢丹地下) 牛しぐれ弁当(伊勢丹地下)

 

京都駅近鉄ホームにて

 

嵐山 よしむら (そば)

 

大堰川(川下り船着場・ボート乗り場)


京都日記を書いておきます。

 

3、4日と仕事に行ったので、五月のお休みは5、6日にして京都別邸へ。

 

前日が雨降りでしたので郡上八幡やら白川郷へと4、5日とで出かけたムスメ夫婦は1日目が雨となったわけですが、郡上八幡散策で楽しかったみたい。

 

(5日)

 

わたしらが家を出た5日(こどもの日)は、前日の空席情報で×があったりしてたけど当日朝にはそれほどの混雑もなった。京都駅前の観光客もあふれるほどでもなく、銀閣寺方面へのバスもそれほど長蛇の列ではなかった。臨時も出てバスの巡りは一時期より上手に処理できていると思います。

 

◎◎ハゲ天 京都ポルタ店でお昼

 

すっかりマイブームにしてしまった(といっても2度めですが)ハゲ天で千円で食べられるランチを食べていくことにした。お店の前に出しているメニューに千円のメニューがないので可愛い案内のお姉さんに尋ねたらありますよと教えてくれて「それください」と注文。運ばれ始めてあら!と思ったらサービスには2種類あって、前に食べたのは天丼だったのです。この日わたしたちが食べたのは天ぷら7品のメニュー。これだけの味で税込み千円以内はこの付近では有り難い。

 

食べ終わって、金閣寺に行こかいや高台寺もええなあ等と言いながら、とにかく家に荷物を置きに行きました。その時点でけっこう暑かったりしてぐったり。金閣寺も別にええわ(パス)となってしまいます。

 

大河内山荘のあたりでも散策してこようかとなり、再び嵐電に乗って嵐山まで行き、野々宮神社を横目に見ながら大河内山荘経由で展望台へ。ツマがヒールだったので靴擦れをしてしまいソロリソロリと歩きながら嵐電嵐山駅まで回って帰ってきました。

 

夜の9時ころにムスメさん夫婦が白川郷の旅から帰って参りまして(別邸経由で帰ることも想定していて)この日の夜は軽く乾杯などしながらオヤスミなさい。

 

(6日)

 

◎ガスト(嵯峨野店)

 

朝から帷子の辻の手前のガストでモーニングを食べてその席で話題になったのが「嵐山 よしむら」という蕎麦屋でして、お昼は蕎麦を食べに行こうということになりました。おじいさん(ツマの父)は「ここから歩いてすぐ行こうか」というような勢いでしたが、朝飯直後ということで、少し間を置いて嵐電で「よしむら」へ。

 

◎◎嵐山 よしむら

 

2時間待ちだといわれて予想通り。いったん家に帰ってもいいけど、ムスメさん夫婦が大堰川でボートに乗るというので、ボート乗り場の木陰でぼんやりと1時間ほど過ごしました。1時間1500円だそうです。

 

「よしむら」と「松ヶ枝」は同じお庭を通りまして案内されますので、夏の間はお豆腐よりも蕎麦屋で座敷を使っておられるのでしょうか。松ヶ枝というのが、お豆腐屋さんの屋号なんやろか……と思いながら、茶室のような個室に通してくれまして、お蕎麦をいただきました。

 

ちりめんごはんと天ぷらと蕎麦のセットで2千円ほど。少食の人や女性などにはひと回り小さいスケールのお膳もありました。食べるのに集中するので写真は天ぷらだけ撮っただけです。

 

◎◎豆腐料理 松ヶ枝

 

 

 

二階の座敷から大堰川、渡月橋全体がが見渡せるとても落ち着くロケーションです。お豆腐を食べに行くのは、いつも行く「嵯峨野」もいいですが、この「松ヶ枝」もええですね。ちょっと考えておこう。

 

(帰り)

 

伊勢丹地下の(いわゆる)デパ地下のお弁当と焼き鳥を買って、電車の中でお弁当を、帰宅して風呂あがりに焼き鳥で一杯、というのが嬉しいです。

2015年4月 2日 (木曜日)

京都日記(桜篇)

京都日記

 

 

 

(1日)

 

高瀬川 円山公園 鴨川

 

 

 

(31日)

 

高瀬川 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城 二条城


ぼちぼちと京都日記を書こうと思います。

 

iPhoneで撮った写真がありました。

 

(1日)

 

焼き鳥 鴨川(iPhoneで)

 

(31日)

 


嵐山・中の島公園
嵐山・中の島公園 二条城の外堀から 二条城の外堀から シャーキーズのデザートピザ シャーキーズのデザートピザ

2015年3月15日 (日曜日)

久々の京都日記

新・写真日記(27)

東寺

 

京都マルイ 神戸屋

 

江戸前天丼


京都日記

 

■ 13日 (金)

 

京都駅のポルタ地下街でお昼になりました。

 

1時ころに電車が着いて、伊勢丹の上階に行ってみたのですが、ラーメン横町はものすごい人でした。

 

なぜ?春休みだからでしょうか。
金曜日なのに。

 

気を取り直して、駅前の地下街に降りてみようと妻を誘いました。

 

ポルタは、あまり良かった思い出もないのですが、ちょっとずつ雰囲気が変わってきたような気もします。伊勢丹の影響や量販の大きな電気屋さんやカメラ屋参賀できた影響も有るのかもしれません。

 

天丼はすんなり意見が一致して、満足に食べました。お値段も千円+80円とお手頃でしたし。(ハゲ天)

 

■ 14日(午前)  お墓参り

 

 

■ 14日 (土)お昼 (京都マルイ 神戸屋)

ツマが強くこの店に行きたいと主張するので迷うことなく決定しました。神戸屋のベーカリーであることは、店の前の椅子に腰掛けて待っているときに知りました。

デパートの地下にあるふつうのパン屋さんですが、ビュッフェ形式でパンをよりどりで取り放題のメニューがあります。

 

あまりパンを好んで食べない私は、シチューのセットを選びました。大きなふんわりとしたパンを四切れに切ってたっぷりとバターを塗ってくれています。シチューセットもこのパンだけですがおかわり自由です。私は四切れで十分でした。

 

シチューがとても美味しかったです。

写真は食べかけになってしまいました。
パン大きな一欠片を食べたあと。

 

■ 14日 (土)午後

 

電車の中から。(東寺)
珍しく明るい時刻に電車の乗りました

 

 

行きも帰りも電車でしたが、帰りは東寺側に座れたので写真を撮ってみました。花が咲くには少し早いですが、ぽかぽかと暖かい日差しがさしていました。

 

今朝は、冷たい雨が降っていました。バスでお墓まで行く間も、墓地の中を歩いているときも、お参りの最中も冷たい雨が降っていました。

 

私たちの結婚式(16日)のある前日も大雨で、当日の朝まで降り続いていたのを思い出してツマと懐かしんでいました。

2012年11月18日 (日曜日)

そうだ、京都に

 

 

先日の祝日と休日の重複日のお休みを22日に割り当てられたので、我が家はこの日に京都へ帰ることにしました。

 

泊まりは別邸です。さて何をして過ごそうか。

 

紅葉の話を尋ねたら「高雄は終わってるわ」とお父さんが話してくれました。
 

 

では、歩いて嵐山でも散策に行きますか。湯豆腐食べに行こか。

 

ちかごろは、味気ない店が目立つようになったので、金がかからなくていいのでしょうが、京都らしさが味わえなくなってきつつあります。

 

京都風という、いかにもそれらしい店は多くなっていますけど、そんな店なら地方の(都会の)どこかでも味わえます。

 

ホンモノを見失った人でも美味しくて楽しくて、心地よく生きてゆける時代というのは、ある意味で平和な社会です。豊かさボケ、の延長なんだろうなと私は思っています。

 

 

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(アラカルト) 十七音(侘助) 十七音(春) 十七音(沈丁花) 十七音(鬼) 哲学 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト