フォトギャラリー(令和3)

  • オムライス
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

十七音(沈丁花)

2019年3月 2日 (土曜日)

沈丁花の思い出

沈丁花 の思い出はたくさんあります

昔の日記を探すと
ゾロゾロと出て来ます

昔に戻らねばならんことも
多いですなあ


    1. 成人の日まで
      められ、満員電...ジンクスが風上へ誘う沈丁花 成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら満足な感触は無いまま三月を迎え...


    1. うちの畑のスイカ 今年は当たり
      誰も食べなかった夏もあったなあクチナシと沈丁花を家の庭に移植しましたどうぞ 来年に花が咲きますように給料日前の日記ですから(笑できるかぎり質素にということで...


    1. 🍀春という季節
      、東京で過ごした大学生時代はグウタラで、沈丁花や梅の香る季節に落第覚悟の進級発表を見に行ったこともありました。「倍返し」という流行語が去年の話題になりました...


    1. (平成26年)成人式のころ・雑感
      がないか。 ...ジンクスが風上へ誘う沈丁花成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら満足な感触は無いまま三月を迎えていたと思う...


    1. 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇
      も筆の誤りか。忘れずに咲くふるさとの庭の沈丁花3月23日(土)仕事にゆく車窓から。▼遠き日や心の奥に残る雪▼花もやがて散ることを知る立ち話***帰りの電車の...


    1. 沈丁花あの日のウソは朧月 ─ 3月下旬篇
      。▼この指にとまってほしい子逃げてゆく▼沈丁花あの日のウソは朧月▼豆鉄砲貴方が倒せるものならばぼーっと暮らすと、十七音のリズムを失ってゆく。激しく熱した自分...


    1. 曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇
      3月19日 (月)▼曲がり角追う人消えて沈丁花別に誰かを追うてきたわけではありませんが曲がり角で出会うと嬉しい。▼油断する貴方のくちびる盗みたい▼おはようと...


    1. お茶漬けにするあられをもらって帰る
      夏のころになると忘れている。咲きました。沈丁花かき餠とあられをもらってきた。お茶漬けにして食べる。あられの茶漬け。美味。麦畑、いよいよ青く少し散歩をする。風...


    1. 成人の日、昔を辿ることは、ヒトの宿命だ
      [続きを読む]◆ ジンクスが風上へ誘う沈丁花 [- Walk Don't Run -]成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら...


    1. ひな祭りウソの三句をよんでみる
      いうわけで、嘘三句 + 恋心ウソよと笑う沈丁花 フキノトウ去年の恋は嘘のよう 春時雨きのうの嘘をあざ笑う ...


    1. バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇
      と啼く鳩とまる枝はなく静かな日曜日の朝。沈丁花か。あのころは、一緒に入学した連中は、半分も一緒に卒業できなかった。沈丁花匂いを嗅ぐと落第とそんなジンクスのあ...


    1. キミの髪を粉雪まみれにしてみたい ─ 一月中旬篇
      実家。▼命日は八朔に凩吹きつけるころ ▼沈丁花つぼみかためて時を待つハッサク。持って帰ろうっと。 夏に咲いた花▼手をさする。体中が温かくなる▼ねえ外へ!季節...


    1. 十七音〔スピンアウト〕 平成22年前篇
      雨遮断機の赤、椿の赤▼夜明け前降り出して沈丁花別れがつらいのはわかる。まだ、実感がわいていない。春の温かさとともにジワリと迫るのか。2010-03-21三月...


    1. 卒業の旅行で留守のひな祭り
      たっていいでしょ。▼ジンクスが風上へ誘う沈丁花進級発表のことを思い出しながら、毎年、此花が咲くときは思い出します。別記事にも書きましたが、この花の香りは、二...


    1. ジンクスが風上へ誘う沈丁花
      思う。駅までの歩き慣れた道路のどこかで、沈丁花の花がぷんといい匂いを放っているところがあった。進級発表の日に匂いを嗅ぐと期待が叶わないというジンクスがあるの...

2012年3月31日 (土曜日)

沈丁花あの日のウソは朧月 ─ 3月下旬篇

瞬く間に三月も過ぎて行った。
こうして季節が巡り
歳を取り、
わたしは成長し続けるのだ。

 

3月22日(木)

 

▼沢庵でお茶漬けしたら父思う

 

20日は父の誕生日で
生きていれば81歳だ。
66歳で逝ってしまったことを思うと気の毒だが
そういう人生を
そういうふうに
満喫した人だったのかもしれない。

 

▼春の雲どこまで行っても君遠く
▼お別れの指切りの向こうに春の雲

 

春は切ない季節だ。

 

3月23日(金)

 

▼長い夜眠れぬ背中を感じてる

 

少し暖かくなってきたせいで
眠りが浅いような気がする。
眠れない夜を過ごしたのは
記憶にもないほど昔のことだが
春先は眠れないなと思いながら寝返りを打つことが多い。

 

わたしは隣で眠る人の寝息が気になって眠れない
というような繊細な神経の持ち主ではないので
眠れぬ夜を浮遊するように愉しんでいる。

 

朝は来る。

 

▼言い訳を考えつつ傘をさす
▼シャッターの音聞きたくてキミを見る
▼物語、曇る車窓の指のあと

 

通勤列車に乗ってくる高校生もいなくなって
静かな時間を過ごしている。
毎朝会う子供たち、今年度から3年生やなあ。

 

3月25日(日)

 

引っ越しは土曜日に済ませてしまって
日曜日はのんびりとしている。

 

▼この指にとまってほしい子逃げてゆく
▼沈丁花あの日のウソは朧月
▼豆鉄砲貴方が倒せるものならば

 

ぼーっと暮らすと、十七音のリズムを失ってゆく。
激しく熱した自分のほうがスリリングだ。

 

3月26日(月)

 

8階の窓から公園を見下ろす。
道路から坂道にぼんぼりついたのが見える。

 

嬉しいな。

 

▼窓いっぱいウソじゃなかった晴れの朝
桜情報は、カウントダウンとなった。

 

3月27日(火)

 

▼今朝の雲ひとつもなくて空白で
▼空白と言った貴方の心模様
▼もう住まないあなたの心の片隅に

 

これは、朝の通勤列車の中で思いついたものだ。

 

息を吐いたように春休みになって
みんなさようなら、またね、と別れを惜しみあい
4月になったら
熱く肩を組み、頑張るのだ。
新しい人と。

 

そんなことを考えながら
あなたを思ったのだろう。

2012年3月25日 (日曜日)

曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇

3月17日 (土)

 

お風呂は二人で入るのがいい。二人で入ると追い炊きが少なくなるので、ガスも水も相当に節約になるから。

 

このことは意外と知られていないのだが、我が家では冬には必ず二人で入るように心がけている。

 

時間を合わせたりするのが面倒だが、地球温暖化対策にはかなり貢献できていると思っている。

 

▼一度だけ背中流してあげたこと

 

若い二人ならなおさらのこと、仲良く湯舟に浸かっていると、一日の出来事の話などが愉しいと思う。

 

▼口喧嘩した事もないまま色褪せる
▼夜更かしの時間に電話かけたこと

 

真冬に公衆電話から友達に電話をするのは辛かったなあ。
今の時代のように部屋や机に電話がある時代ではなかったのだ。
炬燵を買うのももったいないなあという季節、まさに早春に上京した36年前が懐かしい。
いろいろあったなあと、春になると思い出す。

3月18日 (日)

 

▼空白と詠んだ貴方のまなざし

 

空白に季節はないのだが
今頃には今頃の空白がある。
別れであり、出会いである。
ぽっかり。なのだ。

 

▼二ヶ月を待てずに逝った父の誕生日
▼サクラサクただその言葉だけ待ったとき

 

私の父は1月22日、母だけが21日に67歳の誕生日を迎えて
あと二ヶ月後の3月20日の67歳の誕生日を迎えることなく逝った。
悔しいと思っているわけではなかろうが、
私は、二ヶ月を悔しいと思うことがある。

 

▼ホーホケキョ鳴かぬスズメが澄ましおり
▼一夜にて別れ惜しまずカモは発ち

 

鳥たちは何を考えているのか。
オマエら幸せかいと聞いてみたい。

 

▼冬布団片付けたいの、いや待てよ
▼春の土深呼吸して鋤を打つ

 

春が来るのが嬉しいのだ。
夏になるのはキライなくせに
短い春も悔しいくせに
春が来るのがウレシイのだ。

3月19日 (月)

 

▼曲がり角追う人消えて沈丁花

 

別に誰かを追うてきたわけではありませんが
曲がり角で出会うと嬉しい。

 

▼油断する貴方のくちびる盗みたい
▼おはようとショートカットの君が現れてビックリ

 

いつも近くに座る女子高校生たち。もれなく可愛らしい子たちばかりなんだが、その中に宇多田に似ている子がいた。髪も長くすらりとしている。
この日は終業式の日だったのかもしれない。
もう1日あったのかもしれない。
残り少ない3学期の終わりに、長い髪をバッサリと切ってきた。
それがまた、ことさら可愛らしい。

 

耳たぶ赤いの終業式の日

 

3月20日 (月)

 

▼あれこれと理由をつけてカンパイで
▼お肉など食べたくないの、あれは嘘

 

いいの。みんな異動でどっかに消えていくんだから、飲むの。

3月21日 (火)

 

▼せっかちにおはぎを丸める母の癖
▼筆を置く哀しみ隠す父の癖

 

ぼたもちは、母の味が一番だ。
まずくなってきたなあ、と思うのだが
近頃は店に並ぶものもまずくなってきたから。

 

▼癖偲ぶあれもこれもと悪い癖

 

癖。
そうだなあ、父の癖って、なんやったやろ、と
ふと考えてしまうのも、私の癖だろうな。

 

▼じっとじっと水槽見つめる長い時
▼耳の遠い母に電話で春を告げ

 

めっぽう冬に強い母なのだが、暖かくなるのは少しうれしいようだ。
風呂に入る時刻を心配しなくてもよくなるなあ。

 

 

もう一度、山霧の晴れゆく谷間に差し込む朝日を二人で見ることができるだろうか、
と考え続けた時期があった。
幻を追いかけて、旅を続け、
大きな夢をみていたとき、
それを馬鹿馬鹿しいとも非現実的とも思うことなく、
向かっていこうとしていたときが、
とても懐かしくなることがある。

2012年3月17日 (土曜日)

お茶漬けにするあられをもらって帰る

3月15日 (木)

 

穏やかないい天気だったので、母を訪ねる。

 

いつものように、春に咲く。

 

一枝切って打ちの庭に分けてもらう話を毎年するが、枝を落とす初夏のころになると忘れている。

 

咲きました。沈丁花咲きました。沈丁花

 

かき餠とあられをもらってきた。

 

お茶漬けにして食べる。
あられの茶漬け。美味。

 

麦畑、いよいよ青く 麦畑、いよいよ青く

 

少し散歩をする。
風は冷たい。

 

風力発電の風車も回っているのが見える。

 

JR JR

2010年3月 3日 (水曜日)

卒業の旅行で留守のひな祭り

消えゆくごみの呟きから、救済してきましょう。

 

▼就職で髪を切るって、30センチ

 

これはうちの娘さんのお話です。ずいぶん長く伸びたなあ。どれくらい切るの、と聞いたら、30センチくらいやな、とさらりと言ってました。

 

4月になったら、新しい場所でひとり暮らしを始めることになります。
わたしたち夫婦は、そんな時間を2年ほどお互いが過ごしていた後に結婚しましたので、親のような人生ならば2年後にはまた新しいところへと旅立って行ってくれるのかね。

 

▼半月が見たいかあの人恋しいか
秋とか真冬とかですと満月が見たくなるのですけど、何故か、半分の月で満足なんです。

 

春だから、っていう理由で片付けてしまう。

 

▼追いついておはよう言いたい春の風

 

追いつきたい人がいるわけではありませんが、朝の通勤途上も春の温もりのおかげで、気持ち晴れ晴れ。

 

▼おやすみを言い出しかねてまた今宵

 

年度末で忙しい日が続くから、友だちともなかなかメールの投げ合いっこもできないし。ストーブがなくとも冷え込まない部屋は、妙に静かで。人恋しいか。

 

▼恋をして星ふる夜に手紙書き
ほんとうは、異動で遠くに行ってほしくない人がいますが、きっと、遠くに行ってしまう。恋をしているわけじゃないけど、遠くに行ったら手紙を書くかな、とか思ってみたり。

 

▼突然に引き潮の干潟を見たくて

 

海が見たい!
山里に生まれた人の癖のようなものですね。

 

▼別れ道、遮断機こえたらキミの家
▼髪切ったキミを追ってく坂の道

 

坂道と遮断機をそこに据えて、ドラマを考えてしまうのです。
シーンが時々刻々と変わるものではなく、緩い時間の中で、しっとりと考えて滅びてゆくような。結実しない物語。

 

▼袖の中、しまっておきたいキミの息

 

そういう人が、1人、いたっていいでしょ。

 

▼ジンクスが風上へ誘う沈丁花

 

進級発表のことを思い出しながら、毎年、此花が咲くときは思い出します。
別記事にも書きましたが、この花の香りは、二十歳のあのときに確実に時間を巻き戻してゆきます。

 

▼石畳容赦なく降るぬるい雨

 

あの日も沈丁花がいい匂いを漂わせていたなあ。「進級留置」の掲示を確かめるために出かけたんだな。三十数年前か

 

▼大好きと言っても消えてしまう恋

 

▼さみしいと曇る車窓に指で書く

 

朝の通勤列車には女子高生がいっぱい。おじさんたちは圧倒されています。
大勢が駅でおりて、座席に余裕ができたので、さっきまで立っていた子たちが座ってやっと4人で向かい合わせでお喋りができるわね、って感じです。
1人の子がガラス窓に「さみしい」なんて書いてまして、それをホームを歩いている私が見つけて。

 

そんなことを書いていた高校生。毎朝会うけど2年生かな。
透けたガラス窓の向こうでニッコリと笑っていました。

 

▼ヤンキーな三毛猫のよう、女子高生

 

あの高校生の中に、三毛猫のような子がいるんですよ。
ぜんぜん美人じゃない。
いつもかわいい猫のような服を着て、女子高生に相応しいオシャレをしてる。

 

▼さようなら、雨が上がって歩き出す

 

家まで歩く道で雨に降られるのはいややなあ、って思っていました。でも、駅を降りたら、雨雲が切れてくれました。

 

そういえば、あの人にさようならを言わなかったな。
メールしておこう。
そんな感じかな。

 

---

 

▼僕の恋は、もう、そこで終わりにする

 

生け花は、はさみでチョキッと切りますからね。なんちゅーか、そこで止まるの。大きく息を吸って止めるみたいな。そんな緊張があると私は思う。

 

▼春雨や泣いて別れた赤い傘

 

雨の鎌倉。鶴岡八幡宮。
私は卒業式のあくる日に二人で鎌倉散歩に出かけたのでした。
3月下旬でした。
冷たい雨の降る日で、赤い傘をさして北鎌倉から歩いたのを覚えています。

 

▼いいよ,と許されるから、また歩きだせる

 

いつもいつも、口癖のように言いますが、人は覚悟を決めていたときに許されると、また再び元気を取り戻すことができます。

 

春は人が苦しむ季節かもしれないけど(自殺者も1番多い月ですし)
挫けそうな人も、上手に生きてこうね。

 

▼春雨や少し早めに薪くべる

 

ふと、「くべる」という言葉を思い出して、調べてみたら「焼べる」と書いてほぼ全国で使われているのかも。

 

▼雨雲が切れてわたしの二月果つ

 

二月はそんな複雑な心境で終わってゆく。
いいのだ、それで。

 

▼石畳容赦なく降るぬるい雨

 

さあ
私の絵描いた物語の続きを考えよう。

 

▼卒業の旅行で留守のひな祭り

 

娘さん、母と一緒にパリ散策。ひな祭りの前の日に帰ってきました。
雛人形は押入れに入ったままです。

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(アラカルト) 十七音(侘助) 十七音(春) 十七音(沈丁花) 十七音(鬼) 哲学 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト