フォトギャラリー(令和3)

  • オムライス
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

備忘(一月)

2021年1月 5日 (火曜日)

お正月も終わって 小寒号

以下のようなことをブログに書いていたのだが

もう少し

今年の決意のようなものを考えてみるかなと

思ってもいます

 

でも

なかなか ハングリーさを失ってしまっているからな

 


小寒です
いよいよ寒さもこれから

昨日は仕事始めでした(勤務してれば)

冬になるとちょうど朝の七時ころのこと
ディーゼルカーがやってくる前に
朝の駅のホームから東の空を見ていると
海の向こうのセントレアから
南方向に飛び立ったジェットが
真っ白の一本の雲のを引きながら
南の上空へと
急上昇していくのが見えまして

朝焼けに空は赤く染まり
ジェットは輝いて遥か遠くへと消えて行きます

冬の朝の清々しい景色の思い出です

。。。

人の乗り降りは少ないですから
毎朝会う人とは挨拶をします


中学の入学の時に
お母さんと一緒に
並んで汽車に乗ってきた女学生の子も

六年後の冬の寒い日の朝に
-- とうとう大学生やね どこにいくの?
-- 東京の獣医学部に行きます
とそんな会話をして

毎朝名前も知らなかったけど
挨拶をしてきた人とお別れをしました

小学校を上がって
ぶかぶかの制服を着せてもらっていた子が
立派なお嬢さんになって行きまして

あれからもう何年も過ぎていますから
今頃は卒業していることでしょう

仕事に行っている頃
寒かった朝の駅のことを思い出していたら
懐かしい人のことを
ふっと思い出したのでした

。。。

小寒のころからいよいよ
冷え込みも本格的です

もう仕事には行ってませんので
早起きもしなければ
寒い思いもしません

また仕事をしたいなと思うけど
そんなに早起きをして
コートの襟を立てて
坂道をのぼってゆく毎日に
戻れるだろうか

そんなことをぼんやりと考えて
お正月は終わって
またずっとこのまま
お正月のような毎日が続くのか・・・

コロナが終わって
席が空いていて
募集があったら
もう少し社会に恩返しをしたいな
と思ってはいるんですけど・・


フォトギャラリー(令和3)

00330105-00218

2021年1月 2日 (土曜日)

一月を昔に遡ってみる

 一月を昔に遡ってみる

。。。。

新しい年が始まって思いも新たにしている

何も今更 決意を語ることなどなかろう

優等生の答えをいうのはやめよう

 


フォトギャラリー(令和3)

00330102-73555

2005年1月22日 (土曜日)

塵埃秘帖・大寒号 メジロ

大寒のあくる日はうっすらと積雪をする所もありました。
中勢区域を越えて北上すると田畑が白くなってまして、スポーツセンターの坂道を越えると道路も真っ白でした。

 

今朝、さざんかの垣根の中からスズメよりひとまわり小さい小鳥がキンモクセイの枝に飛び移ってチチチッと啼いている。メジロでしょう、きっと。
さざんかの垣根のねきを通ると甘い蜜の匂いがします。
日が差してきたらメジロはどっかに消えてしまいました。

 

mejiro

 

塵埃秘帖・大寒号、書きました。

 

------------

 

あれよあれよと言う間に大寒が過ぎてしまった。

 

暦とは不思議なもので、今年も去年も、この大寒のあくる日に寒気団が襲ってきている。去年(2004年1月)の御在所岳は深夜から早朝にかけての気温はマイナス10℃を超えて、鈴鹿山麓リサーチパークにもたくさんの積雪があり、玄関には雪ダルマまで登場した。寒さに身の引き締まる思いを抱いておいでの方も多かろうと思う。寒さよりも暑さのほうがマシと仰る方々の話を聞くと、暑いのはエアコンで凌げるが、寒さは動こうという気になれないのだという。科学技術のお蔭で私たちは確実に快適な暮らしを手に入れてきた。これを文明の進化と呼んで満足に浸っている。しかし、一方で地球が温暖化現象は刻々と進んでゆく。

 

人類は、暖かい気候に慣れて幸せのように見えるが、実は少し寒い気候のほうが暮らしに適しているのではないか、いつものことながら思い、考え込んでしまう。昔、三内丸山遺跡を訪ねたときのことを思い出す。縄文遺跡で、相当大規模な発見があった。大きな不思議な建築物跡も発見されている。到着してひととおりを見学してもなお感動が引いてゆかず、後日になって予定を変更して再び訪れたとほど素晴らしい感動をもたらしてくれたあの遺跡だ。夏の旅だったので涼しかったが、今の季節はかなりの寒さで、積雪も1,2メートルに及ぶだろう。そんな地域での大昔の暮らしは厳しかっただろうが、寒ささえ辛抱すれば、栄養価の高い果実は春夏秋冬の大部分で収穫でき、魚介類も豊富だったし、疫病も少なかったはずだ。

 

寒さは大敵のように思われている。朝起きるのが辛いし、雪が降り積もれば交通が麻痺し、電車が遅れ、センター試験に遅刻者が出る。まあ、どれをとっても文明が進化したことによって感じるようになった不都合でしょといいたい。それを科学技術で克服して満足をしているだけで、新しい課題が次々と発生してくる。それを大きくひとからげにしたのが「地球温暖化」だから。

 

積極的な活動家のみなさんは、車に乗るな、電気を消せ…様々な提案・発案をして、こんな簡単なこともできないのか目くじらをたてる。目くじらを立てるほどに活動が新興宗教色のようなものを帯びてくる。仕方がないか。

 

答えなどない。じっくりと見直すことが大事なんだと思う。トントントンと進んできたテンポで見直しちゃあダメなんだろう。じわじわじわっと環境が変化してきたテンポでじっくりと見直す。自分たちの腐りきった(科学技術に侵されてしまった)文明生活を、縄文時代のところまで引き戻して考えてみる必要があるんじゃないか。情報科学のもたらした利便性は、いまや常識なんだけど、思い切って削ぎ取るほうがいいんじゃないか。

 

2002年の冬
 火遊びとわからず燃える落ち葉かな 〔ねこ〕
なんていうことを書いている私が居る。そんなに深い意味で書いたわけではないが、もしかしたら、文明は今、大きな「火遊び」をしているのかもしれない。

 

さざんかの花と落ち葉を掻き集めようと庭に出たら、甘い甘い蜜の香りがした。メジロ(だと思う)が垣根から飛び出し大急ぎで屋根まで舞い上がってウグイス色の小さな身体をぴょんぴょんと動かしている。朝はそれなりに寒いほうがいい、と感じた。

 

 

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(アラカルト) 十七音(侘助) 十七音(春) 十七音(沈丁花) 十七音(鬼) 哲学 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト