フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

昔の話をしよう

2020年4月 2日 (木曜日)

1976年西武新宿線で志村けんさんとばったり


1976年の某月某日
まだ東村山音頭はそれほど知れ渡ってはいない頃だった
高田馬場から西武新宿線に乗って東村山市の寮に帰る私は
志村けんさんとばったり向かい合わせということがありました
おもむろにプレーボーイを出して読んでいました
誰も振り向かない
気づかない
そんな昔のある瞬間の話


午前11:17 · 2020年4月2日

2013年4月15日 (月曜日)

一子相伝

先日、母の様子を見に家に帰って、少し昔話をしてもらった。わたしも驚くほどとても正確に時系列的な話が次々と続く。

 

わたしにはとても真似のできない記憶力で、出来事の流れを非常に的確に整理して頭のなかに仕舞ってあるのがわかる。

 

 

 

わたしの祖父は和一さんといった。妻が「るい」さん。和一さんの父は「よっさん」で母が「みね」さん。

 

 

 

祖父・和一さんは村会議員で、曽祖父・よっさんは村長だった。おるいさんは、鍛冶屋の家に生まれて商売はそれなりに繁盛した時期もあったようですが、子どもの頃に母に死なれてしまって裁縫もできない人だったらしい。一方でおるいさんの姑だったおみねさんは、武家の血脈を持つ山田家から嫁に来た人で、裁縫も達者で学もあり字もスラスラと書けたという。

 

 

 

わたしの母がお嫁に来た昭和二十年代後半には、おるいさんもおみねさんも生きていたし、和一さんは家長として威厳を誇っていた。おみねさんは、わたしが生まれたときもまだ生きていて、面影は全く記憶にないが、おばあさんがいたことは何となく覚えている。和一さんはわたしが小学校に上がる頃まで生きていたけど、これも写真が誘発するイメージだけなのかもしれない。

 

 

 

そして、父には兄弟姉妹があって、弟二人(叔父さん)、姉(伯母)と妹(叔母)があった。わたしが生まれたときは、姉さん以外はみんな家にいた。わたしを入れて9人家族だったことになる。母は、一般的にいうよそからきた普通の「嫁」で、鬱陶しい義理の兄弟やら親に囲まれて暮らし始めたわけだ。

 

 

 

子どものころに住んでいた家は、昭和の初期に建てたもので、昭和30年ころに萱を瓦に葺き替えて、昭和60年近くまであった。家の真ん中に8畳間が4部屋、土間の台所との間に6畳ほどの板間の居間があった。さらに土間の隅っこには2つ連なった大きな竈と子どもの胴体よりも太い煙突があった。土間を挟んで背戸(東側の通用口)があり家の正面に構える玄関との間に牛小屋があって、その横に風呂がある。風呂に浸かっていると湯舟の肩から牛が顔を出してきた。牛小屋の横には6畳ほどの下部屋(しもべや)と呼ぶ小さな生活の部屋もあった。便所は外。その先に味噌部屋と物置として使う小屋があった。後に2階建てで上が4畳半と8畳、1階に4畳半と車のガレージを持つ小屋に変わる。その小屋はわたしの父が日曜大工でコツコツと3ヶ月ほどで建てたものだった。木材もうちの山から切り出して、製版も自分でした。

 

 

 

家屋そのものは大きいのだが、住んでいる人数も多かったので、現代の新妻だったら一瞬も我慢ができないというか、嫁入りする前に病気になってしまいそうな状況だ。

 

 

 

母は、あまりその頃のことを悪い言葉で回想しないが、涙も枯れるほど辛かった日々であったのは間違いなく、思い出しながら話す言葉が淀むのがわかる。60年の歳月でもはや許してもいいと思っているのかもしれない。今更、という気持ちもあろうか。

 

 

 

和一さんは時代の先を読める人だったと繰り返していう。頭が良くてよく切れる人だったと今でも褒める。世間でいう意地の悪い姑や姑の悩みは抱いたこともなかったようで、時代に相応の扱いだったという。しかし、現代に当てはめたらきっと非常に悲しく厳しい物語になるだろう。そのことはあまり口には出さない。

 

 

 

とにかく、賢くて立派であったと誰もが口をそろえていう。その息子だったわたしの父は、あまり大袈裟に褒める人もないが、この人も嫌われる人格ではなく、悪口を言おうとしても何ひとつない人だった。仲人も数えられないほどしたし、ある意味で慕われていたのだろう。役場の寂しい職員だった。

 

 

 

祖父から父へ何が受け継がれたのだろう。そんなことをときどき思い、さらに、父から息子であるわたしに何が受け継がれたのであろうか。

 

 

 

じっと頭を冷やしながら考える。
わたしは何を受け渡せるのだろうか。
そういうことを考える年齢になっている。

 

 

 

白い紙に「一子相伝」と書いてみる。
落ち着いたいい言葉だ。

 

子どものころの家

 

 

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 『随想』すぎゆく季節に考える 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】メルマガ 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 ご案内 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる バイク旅を考える ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生を考える 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(七月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 光化学の『裏窓から』 前略草々 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(つぶやく) 十七音(ときめき) 十七音(アラカルト) 十七音(メモ句) 十七音(七夕) 十七音(三月) 十七音(侘助) 十七音(冬) 十七音(吟行) 十七音(夏) 十七音(好き) 十七音(投稿) 十七音(春) 十七音(月) 十七音(母) 十七音(沈丁花) 十七音(海) 十七音(父) 十七音(秋) 十七音(空) 十七音(節季) 十七音(花) 十七音(落書き) 十七音(記念日) 十七音(酒) 十七音(離別) 十七音(雨) 十七音(雪) 十七音(風) 十七音(鬼) 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 瞬く(車窓から) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 終焉 脳梗塞(サドンデス) 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 豊かさと満足度 雑記(夢) 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト