フォトギャラリー(令和3)

  • 高菜チャーハンコロッケのせ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

【随想帖 音】

2006年7月 2日 (日曜日)

やがては消えゆくため息を残す

■ 寒風が眠れぬ夜の窓揺する
■ 弁当で背中も温し初雪や
■ 手鏡にうつろう紅や夜寒かな
■ 燃え尽きて裂けても石榴の赤さなり
■ 砂浜を駆けて青春ごっこする

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

きままに俳句ingのコミュが閉鎖ということで、自分の名前を検索して辿ったら5つの作品が出てきた。

 

ゴミのようなものであっても、自分の、自分らしさを表しているのが手にとるように分かる。

 

私の作品に優劣は無い。

 

 

優劣と言えば・・・・
そんな言葉の概念が存在しなかった大昔、人々はホンモノのゆとりと持ち合わせて、本当の意味の「ロハス」な暮らしをしていたのでは無かったのか、と思った。

 

どんどん馬鹿になる地球人たちよ。一度は滅びなさい。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年12月06日18:04)
11月下旬に京都に行って、
そのあと一度、家の近くの海を見に出かけたくらいで、
硝子越しに陽光を浴びてぼんやりしているのがいいです。

 

■ 寒風が眠れぬ夜の窓揺する

 

先日、すごい風が吹きましたね。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年12月15日22:33)

 

◆ 弁当で背中も温し初雪や     ねこさん

 

明日は一年で一回だけ、
車を置いて汽車で仕事に行く日。

 

一年に一回だけ着るコートが暖かい。

 

背中の弁当も暖かい。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年11月03日09:21)

 

◆ 手鏡にうつろう紅や夜寒かな  ねこさん

 

◆ 燃え尽きて裂けても石榴の赤さなり  ねこさん

 

ちょっと言葉の遊び感覚で…  

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年06月24日09:01)

 

◆ 砂浜を駆けて青春ごっこする  (ねこ作)

2005年7月12日 (火曜日)

こっそりと見上げるひとりの一夜かな

こっそりと見上げるひとりの一夜(いちや)かな

 

思わせぶり・・・が好きなので、あいまいなようすを書いてしまう。

 

句を思いついたのは、ひとりで庭に出てただ夜空を見上げたときという、極めて単純な状況であったのですけど、この空の下で同じように同じところを見上げている人がたくさん居るのだと思うと、なかなかのロマンです。

 

星も見えない都会の夜空の下であっても構わない。
二人は喧嘩中かもしれない。
でも、心は仲直りをしたいと思っている・・・・。

 

いえいえ、恋人など傍に居なくても、遠く離れたところに住んでいて、同じ時刻に見上げていればいいか。

 

「ねえ、五年後、十年後の今月の今夜にまた私たちここで出会えるかしら」・・・・そう言ったオンナを思い出しているのかも知れない。

 

様々な過去と、---- それは棄てたもの或いは棄て切れない過去であるかもしれないのですが ----、いつものように自分でドラマに仕立ててしまった絶対にありえない夢を、どうしてもひとことにしてオマジナイのようにゴクリと呑み込んでしまいたかったんでしょう。

 

----------

 

私は「一夜」を「いちや」と読みたい。

 

 

<ボツ群>
・こっそりと見上げるひとりの夜空かな
・こっそりとひとりで見上げる一夜かな
・こっそりとひとりで見上げる夜空かな

 

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 つぶやき つぶやき→ため息 わたしの・横顔を ア・ラカルト クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) バイクの話を集めてみる ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(アラカルト) 十七音(侘助) 十七音(沈丁花) 十七音(鬼) 哲学 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類 A 未分類(ストレス) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(未分類) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 青春時代 鶴さん・秘伝 (未分類)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト