フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

未分類(ハプニング)

2020年3月16日 (月曜日)

鼻血止まらず・・・2006年03月のメモが出て来ました

鼻血止まらず・・・2006年03月のメモが出て来ました

 

 

しゃっくりが 三日間ほど止まりませんでしたが やっと止まりました
過去には、鼻血が止まらなくて困ったこともありましたなあ

 

懐かしい

 

MRガスの発生装置を極秘で開発している時代のことです

 

強烈なガスで
対処はしているのですが、実験設備の貧弱さによって

 

少しガスを吸っていたのでしょう
鼻の奥の方が荒れてしまったのではないでしょうか

 

ある日、ドバッと血がで始めたら
一旦止まったのですが

 

あくる朝から出始めて
次の日の早朝まで出っ放し

 

何気なくそんな風につぶやきましたが
十四年前のことを思い出します

 

怖かったよ、死ぬんではないかと思ったもんね

 

以下そのメモです


鼻血止まらず・・・
2006年03月09日

苦戦中。
昨夜は救急車にのったぞ。
来週までドロンします。

退院第一声
2006年03月14日15:32

コメントやメールを戴いた方には、追って御返事を書きますね。
そういうわけで、娑婆に戻ってきました。

鼻と口から血が溢れて8時間出っ放しでして、
ティッシュの箱が一晩で二箱もなくなってしまったんですよ。

血が出てるだけで、身体の他の部分はスゴク元気ですので、
看護師さんが若くて可愛いので困りました。(ヲイヲイ)

また書きまーす
入院裏話
2006年03月15日17:45


そんなものは、実はありません。
期待を持たせてゴメンナサイ。
メッセージ、コメントなどを戴きました皆さんには、
ほんとうにこの場をお借りしてお礼を申し上げます。

でも・・・・・
誤解を呼んでいません??

> 血が出てるだけで、身体の他の部分はスゴク元気ですので、
> 看護師さんが若くて可愛いので困りました。(ヲイヲイ)

この表現は至って正しいのですが、
読んでくださったみなさんの多くが、
「他の部分」を、「別の一箇所」と
勘違いなさったかも。
そこで、この記述について
うちの人に尋ねてみたら、、、
(以下、私の品位を下げると思われるので、なるべく読まないで下さい)

「看護師さんが…」の部分がイケナイという。
だいたい、皆がそのモノに迷惑しているんやから…
━ ・ ━ ・ ━ ・ ━ ・ ━ ・ ━
鼻と口から血が出つづけているとき (救急治療室に軟禁されているとき) に
止血剤の点滴をしているので、右手は固定されています。
さらに、ティッシュで鼻を拭かねばならないので左手が固定され
下を向くと血がたれるので
オシッコをしたいのですが
チンチンを見つづけることができない事態でした。
看護師さんが手を差し延べてくださるのですが、
恥ずかしいし (彼女は若くて美人だったし)
「私の大事なチンチンに触らないでください」
とも言えないので、
観念してましたが。
(触ってくださいとも、モチロン言えません)
大事なチンチンよ。
こんな非常事態に、ピクピクするなよ、
と思ったので、まだ生きれると悟ったのでした。

でも、ホンマにたくさん出ました。血ですよ。血が。

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 『随想』すぎゆく季節に考える 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】(江古田) 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】メルマガ 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 【雷山無言】ホンモノ 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 ご案内 つぶやき つぶやき→ため息 つぶやき(人生) わたしの・横顔を ア・ラカルト(ジョーク) クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) ノン・セクション(考) バイクの話を集めてみる バイク旅を考える ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生を考える 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(七月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 光化学の『裏窓から』 前略草々 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(つぶやく) 十七音(ときめき) 十七音(アラカルト) 十七音(メモ句) 十七音(七夕) 十七音(三月) 十七音(侘助) 十七音(冬) 十七音(吟行) 十七音(夏) 十七音(好き) 十七音(投稿) 十七音(春) 十七音(月) 十七音(母) 十七音(沈丁花) 十七音(海) 十七音(父) 十七音(秋) 十七音(空) 十七音(節季) 十七音(花) 十七音(落書き) 十七音(記念日) 十七音(酒) 十七音(離別) 十七音(雨) 十七音(雪) 十七音(風) 十七音(鬼) 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類(ストレス) 未分類(ハプニング) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(春) 瞬く(未分類) 瞬く(車窓から) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 暇つぶし 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 終焉 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 豊かさと満足度 雑記(夢) 青春時代 鶴さん・秘伝 (番外)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト