フォトギャラリー(令和3)

  • 高菜チャーハンコロッケのせ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

増殖する(秘)伝

2019年3月 2日 (土曜日)

沈丁花 の思い出はたくさんあって昔の日記を探すとゾロゾロと出て来ます 昔に戻らねばならんことも多いですなあ

  1. 成人の日まで
    められ、満員電...ジンクスが風上へ誘う沈丁花 成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら満足な感触は無いまま三月を迎え...
  2. うちの畑のスイカ 今年は当たり
    誰も食べなかった夏もあったなあクチナシと沈丁花を家の庭に移植しましたどうぞ 来年に花が咲きますように給料日前の日記ですから(笑できるかぎり質素にということで...
  3. 飲むで検索する
    窓みる▼もうい...曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇みんな異動でどっかに消えていくんだから、飲むの。3月21日 (火)▼せっかちにおはぎを丸める母...
  4. 春という季節
    、東京で過ごした大学生時代はグウタラで、沈丁花や梅の香る季節に落第覚悟の進級発表を見に行ったこともありました。「倍返し」という流行語が去年の話題になりました...
  5. (平成26年)成人式のころ・雑感
    がないか。 ...ジンクスが風上へ誘う沈丁花成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら満足な感触は無いまま三月を迎えていたと思う...
  6. 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇
    も筆の誤りか。忘れずに咲くふるさとの庭の沈丁花3月23日(土)仕事にゆく車窓から。▼遠き日や心の奥に残る雪▼花もやがて散ることを知る立ち話***帰りの電車の...
  7. 沈丁花あの日のウソは朧月 ─ 3月下旬篇
    。▼この指にとまってほしい子逃げてゆく▼沈丁花あの日のウソは朧月▼豆鉄砲貴方が倒せるものならばぼーっと暮らすと、十七音のリズムを失ってゆく。激しく熱した自分...
  8. 曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇
    3月19日 (月)▼曲がり角追う人消えて沈丁花別に誰かを追うてきたわけではありませんが曲がり角で出会うと嬉しい。▼油断する貴方のくちびる盗みたい▼おはようと...
  9. お茶漬けにするあられをもらって帰る
    夏のころになると忘れている。咲きました。沈丁花かき餠とあられをもらってきた。お茶漬けにして食べる。あられの茶漬け。美味。麦畑、いよいよ青く少し散歩をする。風...
  10. 成人の日、昔を辿ることは、ヒトの宿命だ
    [続きを読む]◆ ジンクスが風上へ誘う沈丁花 [- Walk Don't Run -]成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら...
  11. ひな祭りウソの三句をよんでみる
    いうわけで、嘘三句 + 恋心ウソよと笑う沈丁花 フキノトウ去年の恋は嘘のよう 春時雨きのうの嘘をあざ笑う ...
  12. バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇
    と啼く鳩とまる枝はなく静かな日曜日の朝。沈丁花か。あのころは、一緒に入学した連中は、半分も一緒に卒業できなかった。沈丁花匂いを嗅ぐと落第とそんなジンクスのあ...
  13. キミの髪を粉雪まみれにしてみたい ─ 一月中旬篇
    実家。▼命日は八朔に凩吹きつけるころ ▼沈丁花つぼみかためて時を待つハッサク。持って帰ろうっと。 夏に咲いた花▼手をさする。体中が温かくなる▼ねえ外へ!季節...
  14. 十七音〔スピンアウト〕 平成22年前篇
    雨遮断機の赤、椿の赤▼夜明け前降り出して沈丁花別れがつらいのはわかる。まだ、実感がわいていない。春の温かさとともにジワリと迫るのか。2010-03-21三月...
  15. 卒業の旅行で留守のひな祭り
    たっていいでしょ。▼ジンクスが風上へ誘う沈丁花進級発表のことを思い出しながら、毎年、此花が咲くときは思い出します。別記事にも書きましたが、この花の香りは、二...
  16. ジンクスが風上へ誘う沈丁花
    思う。駅までの歩き慣れた道路のどこかで、沈丁花の花がぷんといい匂いを放っているところがあった。進級発表の日に匂いを嗅ぐと期待が叶わないというジンクスがあるの...
  17. 夢を食べる虫
    ------------夢を食べる虫--沈丁花--私が二十歳の時の新聞記事のことを書きます。70歳を超えた老人の方の投稿でした。「進級試験の結果を見に行く途...

2019年1月26日 (土曜日)

ぼくだけの物語 

ぼくだけの物語

そんなノートが見つかった

読んでくれます?

ぼくだけの物語

Mitarasi

2018年12月31日 (月曜日)

平成最後の大晦日に考える

きのうから

いや

今年の暮れあたりから

生き方について考えることが増えている

🌱

世の中には いろんな生き方があって

ドラマのような生き方の人もあれば

教科書のような生き方もある

自分が幸せを目指したのであれば

その描いた姿と生きて来た姿を照らし合わせて

幸せの満足度を決めるのかもしれない

そこに豊かさなども覆いかぶさって

複雑になってくる足跡の回顧を

記憶という極めて人間的であるヒトの特徴がフィルタリングすることで

その演算曲線を指数関数的に重みつけてしまう

つまり

今幸せであれば

過去は許してしまうこともありうる

というような心理があるのではないでしょうか

🌱

いま

幸せですか

それを問われたときに

どこまで自信を持って

勢いよくハイと言えるか

🍁

写真日記から

煮しめ フライドポテト

2018年12月30日 (日曜日)

人生というドラマにスポットライトなどなかった

(わたしの)

人生というドラマに

スポットライトなど

なかった

 

いや

スポットライトなど

不要だったというのが

正しいのだろう

 

静かに暮れ行く

平成最後の師走に

静かにあらゆることを

振り返ろう

 

🍃

 

波乱万丈ではなかった

とりわけ幸せでもなかった

 

自分の思い通りに生きてきたのだが

悔しい思いもしたこともあった

でもそんな気持ちも時間とともに諦めに蝕まれ

 

激しく憎んでも許されるほどの裏切りに

何度も遭遇しながらも

その憤怒さえも投げやるところもなく

心の奥で磨り潰すように失って行ったのであった

 

🍃

 

もういまさらそんなことで心を乱すよりも

真っ当で綺麗な気持ちで

これからの希望を見つめながら

人生を締め括っていきたいと思う

 

終幕を引く時間がどれほどの月日となるのか

予測などできないけれど

暇がかかればアンコールのチャンスが来たと思えばいいし

間に合わなければ泣いて済ませるしかない

2018年9月20日 (木曜日)

旅とはそもそも

  • ヒッチハイクの旅・・・のこと
  • と続いてきて「その3」です

    旅とはそもそも

    🌱

    未知なところへ行ってみたい

    そういう衝動からくるものでしょう

    心がワクワクしてこそ旅に出る勢いが得られる

    中学時代に北海道の人と文通をしてまして

    その人に二十歳になる前ころに会いに行く

    というのが一つの大きなインセンティブでした

    でも願いは叶わなかったけど

    いっときの流行で中学生(受験生)向け雑誌の巻末などに

    「文通友達募集」などという欄がありまして

    手紙をやり取りする友だちが簡単にできました

    中学二年生ころから定期的に手紙を書く付き合いがある子がありました

    最果ての街・天塩町に住んでいる子でした

    北海道は私にとっては遠くで未知で想像できないようなところでした

    実際にその(文通)友だちに会えるのは

    大学も出てし、結婚もして、

    夫婦二人で北海道にツーリングに出かけた時だったかもしれません

    ぼくの友人たちはぼくを置いて先に勝手に

    その人の街などを旅して、泊めてもらったりして

    家族の人の世話になったりして遊んで帰ってきてましたので

    友だち意識はどっぷりと深かったですが

    永年の音信のあとに出会うというのは

    劇的なものもありました

    旅は未熟な人間の未完成な感覚を刺激します

    逆説的に言えば

    完成されて豊かで何不自由なく暮らし欲望もなく何かを求めようとする衝動などを持たない人に

    激しく突き上がる感動を伴う旅をすることは難しいのかもしれません

    できたとしても

    旅の味付けは全く違ったものになっているでしょう

    私の旅は

    そういう点で

    貧しく 未熟で

    完璧でなく

    無駄も多い旅だったかもしれません

2018年9月 9日 (日曜日)

ヒッチハイクの旅・・・のこと

ヒッチハイクの旅

🌱

ヒッチハイクという旅の移動スタイルがある

もう消えかけている

もちろんそれほど流行ったわけでもない

かつて北海道をヒッチハイクで旅をした

手を挙げて走ってくる車の人に乗せてもらう

今なら危ない

女の子なら余計にできない

あの時代はそういうことが可能だった

おおらかな時代だった

人が人に対して必要以上に敵対心を持っていなかった

友だちになるための敷居を持っていなかったし

疑いもなかった

悪い奴も少なかったのかもしれない

でもほんとうはそんな綺麗なものでもなかったが

みんな泥の中でうまく生きていて

みんな清かったのだと思う

🌱

旅は自由で気まぐれできないなくてはならない

無計画で思いつきで

人任せであっても良い

だから

ヒッチハイクでよかったのだろう

貧乏であった

でもどこかに到達したい

まだ知らないものを知りたい

見たことのないものを見たい

情報なんて何一つない

教えてくれる人もいない

噂があればいい方だ

そこにある宝物を目指そうと

多くの旅人は考えた

🌱

今は・・・

用意周到で完璧に計画を立て資金を調達をし
安全に最後まで旅を続けられる

情報が細かく入手でき綿密に予定も経つ

トラブルは滅多にない

道具も十分に揃っている

訪れるところは調査済みで

感動は筋書き通りなのだろう

それで満足なのかと問いたいが

もともと予期せぬ旅を想定しないのだから

そういう旅は、間違いではないわけだ

バイクと旅をやめたのは

そういったことも理由にあるのかな

🌱

メロン(ひとり生え) ナガノパープル 白露

2018年9月 3日 (月曜日)

バイク旅の始まりのころ

バイクと旅について考える

🌱

ヒッチハイクの時代に北海道へ行った
国鉄の急行で周遊券を使って北海道に渡り

道内はヒッチハイクで細々と移動をした

大学一年の時でこの後、卒業前に友人と車で信州を旅した

温泉に立ち寄って旅気分を味わった

大垣行きで帰省したことは何度もあった

ほかには、体育の野外講座で信州へリュックを背負って列車で行ったことがある

会社に入ってバイクを買った

京都は不便なところなので車が要ると聞かされて京都に住み始めるが

車は買えても通勤に使えるわけではなく保管にも経費がかかったのでバイクになった

初夏に買って、真夏に走り回って遊んで、秋に信州へ初めての旅に出た

2018年6月21日 (木曜日)

夏至号

夏至なので
アップしておこう

写真だけです
今度の休みにかくわ

2018年6月18日 (月曜日)

父の日雑感

父の日というお祭りが終わった

ひと昔ふた昔と遡って考えれば賑やかなメディアイベントになったものだ

父が生きていた頃

今ほどにおくりものだとか記念品などのチラシやプレゼンのニュースも見かけなかった

まさに父の日というものを意識したのは死んでしまってからである

したがってこれといった贈り物をした覚えもない

電気剃刀を買って贈ったことがあったかもしれない

父の日というものは派手やかに贈り物をするイベント色の強い祭りであるよりは毎年一度父を偲び生前を振り返るような日とするのがいいのではないか

生きている間は毎週日曜日は父の日であっていいしまた母の日であればいい

今はもう会えない人にもう一度会えたらええなあ

父の日はそんなことを思う日でいい

今の自分を褒めてくれるか叱られるのか、わかりようがないが、軌道修正ができるような言葉をいささか辛辣に投げてくれる人はもうこの世にはいないのだ

父の日にケーキをこうてもろたん

写真日記から

2018年6月 9日 (土曜日)

商品はただの物じゃない、生き物だと思ってるんです

  • ジャパネットたかた社長・高田明
    ...したものがあったのでここに残しておく。-ジャパネットたかた社長・高田明 「私は、商品はただの物じゃない、生き物だと思ってるんです」と高田はいう。例えば「ビデオカメラを買ったら、...

芒種がすぎてもなおじっくりと机の前に座ろうとしない
いいえ 座っても考えをまとめようとせず
まとめたい考えも漠然と焦点が定まらないままだ

 

ジャパネットたかたの前社長の高田明さんの語録がポロリと思い出されて
同じ偶然でちょうど高田さんがTVで語っている場面も見かけた

 

お母さんお父さんと語録では書いてあるが
おじいちゃんとかおばあちゃんと写真を撮っている様子だったと思う

 

子どもは写真なんか見ないでしょ・・・とはっきりとした上で語っている

 

🌱

 

 

この言葉の意味をじっくり考えてみると良い

 

ビデオに自分の姿が映っているというのは夢の出来事だった時代があった
その少し昔は写真がそうであり、その写真は白黒だった

 

歴史というアルバムのページをパラパラとめくると
写真はカラーで当たり前の時代になり、たくさんあり過ぎて自分が写っていても珍しくもなく驚きもしない

 

父母が写っていてもそれが当たり前のセッティングである

 

おじいさんやおばあさんが写っていたらいいなあと子どもの頃に思ったことがあってもそれはハナから叶わぬ夢の話だった世代から一つ新しくなっただけなのに

 

そんな白黒世代の人のなかにはそういった消えていった歴史を惜しむ人や少しでも残しておきたいと願う人たちが多い

 

消えてゆくものの価値に掛け替えのなさを切実に感じているからだろう

 

🌱

 

三十年という世代交代の周期が想定しなかったほどに大きな段差の向こうに現代社会の文化はある

 

この変化の様子をしっかりと捉えて分析できていることが重要なのだと感じている

 

時代につれて変化する人々の心のようすとか、その心の礎となるものは何か、 そしてその礎の上に築き上げるものはどのようなもか

 

現代社会の犯している過ちを発生源まで遡って伝えておくことがわたしたちの使命であろう

 

高田前社長の言葉はわかりやすい語録であるが、その背景にある厚みやと深さには計り知れないものがあると思う

 

 

 

 

メロン

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Anthology 小さな旅 Anthology 旅の軌跡 BOOKs【読書室】 【- Walk Don't Run -】 【イマージュ】 【シュール】 手紙 【令和元年 M's 外伝】 【深夜の自画像】 【花も嵐もIII】終楽章 【花も嵐もII】追憶篇 【花も嵐もI】 GSX篇 【裏窓から 巻頭】 【裏窓から】 【裏窓から】B面 【裏表紙の落書き(雑文)】 【銀のマドラー】 Select 【銀のマドラー】B面 【銀マド・名作選】 【随想帖 一、】 【随想帖 二、】 【随想帖 秘】 【随想帖 想】 【随想帖 音】 【雷山無言 一、】初版 【雷山無言 二、】余録 【雷山無言 日々】 〔📌語録選〕 〔㊙️自選集〕 つぶやき つぶやき→ため息 わたしの・横顔を ア・ラカルト クロス🔗 ノン・セクション(宛先なし) バイクの話を集めてみる ボイス・オピニオン 予告篇 人物(逝く) 人生 人(福田みどり) 備忘(一月) 備忘(三月) 備忘(九月) 備忘(二月) 備忘(八月) 備忘(十一月) 備忘(十二月) 備忘(十月) 十七音 のおと 十七音エトセトラ 十七音(アラカルト) 十七音(侘助) 十七音(沈丁花) 十七音(鬼) 哲学 増殖する『新・裏窓から』 増殖する(秘)伝 夢を食べる虫 家族 家族(お出かけ) 恩返し 昔の話をしよう 未分類 (コロナ) 未分類 A 未分類(ストレス) 未分類(備忘) 父の背中 物語は進まない 瞬く(カメラⅡ) 瞬く(カメラ) 瞬く(ギャラリー) 瞬く(未分類) 第四コーナー / Do 第四コーナー / ゆるりと生きる 第四コーナー / 食べる暮らしぶり 純粋社会批判 裏窓から(サドンデス) 言葉を残したい 青春時代 鶴さん・秘伝 (未分類)いつも空を (追憶) 居酒屋・鶴さん

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト