フォトギャラリー(令和3)

  • 唐揚げ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« ロウバイや言いたいことはオレがきく | トップページ

2025年10月13日 (月曜日)

▶ ようこそ 秘伝 へ

- Walk Don't Run -  【ブログ】
夕焼けの向こうまで --- 枯れ葉の舞う道をあなたと二人で


秘伝は ここから始まります

  1. ▶️ わはく㊙️
  2. ▶️ M’s
  3. ▶️ note 作品集
  4. ▶️ 月はひとり 星は二人で見上げたい(エキサイトブログで継続中)
  5. ▶️ 月はひとり 星は二人で見上げたいアメブロで継続中
  6. ▶️ できごと帖(2017、2016)

ようこそ

☆ 

時代の流れにつれてcocolog の顔が違います

「随想」「つぶやき」「十七音」「お知らせ」「ダイジェスト」などがあります

「没日記」「ごみ日記」もあります

+

ほんとうは オピニオン系のエッセイを書きたかったのだろうな


Photo



  • 蒼茫たる原野をただ走ってみたい
  • 目を閉じれば旅の途中の峠の様子が思い浮かぶ
  • 大地に耳をつけて地球の鼓動を聞ける
  • 砂浜に行くと必ず駆けてしまう
  • アツクなって語ってしまう
  • 感動すると眠れない夜を過ごす
  • やたらと涙腺が弱い
  • 独創性こそが最大の能力だと思い
  • 詩人になりたいと考えたこともあり
  • ベートーベンとジャズが共存する
  • ひとり静かに飲む夜もあり
  • 男の狂気にロマンを感じる
  • 人間の力を信じていたい
  • 歴史に名前を残したい


夢を追い幸せを食べる虫

未知なるものに好奇心を向けて、様々な方法によってこの欲求を満たそうとしてきた。そんな気持ちを殆どの人は、もともと持っているのではないだろうか。

山の向こうには何があるのかと、日没になると母親に尋ねた子どもの頃の方が、今よりも遥かに学者だった。

子ども心を棄てきれずに「夢を追い幸せを食べる虫」(自称)である私は、前にある未知なるものを見つめられるよくきく眼と、それを輝かせるに足るだけの涙を、今年もまた追いつづけることになるだろう。

〔1983年新年決意文から〕


このブログは

【- Walk Don't Run -】 遺す言葉 
を書くために綴りはじめたものでした


✒️ facebook/ j.j.wahaku  

✒️ かつて -Walk Don't Run-銀マド【自画像篇】が別々でした。その後 ここに  -Walk Don't Run-  として統合し わはく㊙️が誕生しました


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村

« ロウバイや言いたいことはオレがきく | トップページ

カテゴリー

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト