フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 雨水、天皇誕生日と二月下旬がすぎてゆきます | トップページ | 三月上旬号 »

2021年2月25日 (木曜日)

三十九年の歳月

20110223tsukigase

20110226saiguu

月ヶ瀬の梅も北野天満宮の梅も
じっくりとみてもそう変わりはない

花というものの普遍性を思うと
人というものの潜在性を振り返って苦笑うことになる

三十九年前に皇居の北で卒業をしてそれぞれの地に跳んで行った仲間たち
あるときは同志でありあるときはライバルであった

人生の一瞬に並んで過ごしただけではないか
もう僕のことなど忘れているだろう
しかし
そういう奴に限ってこちらはやけにいろいろなことを思い出すものだ

👉
人の才能なんてのは未知なものだと言いながらも
あのとき一緒に実験グループであれこれと論議をした彼の考察の方法が
後になって彼を超有名企業の中で常務取締役にまでなってゆく彼の盤石であったのだろう

僕のような使えない人物と彼らのような有能な人物がいて
同じ釜の飯を食わせて
世の中に送り出そうとする大学というところの懐の深さにも感謝する

三十九年という年月を迎えるまでには何度も足を踏み外したが
学生時代にも二度足踏みをしている
失敗の数は数限りなくあり不合格という具体的な紙切れはその何倍も手にして来たのだが
二度足踏みをしたあのころのことが僕の支えになって来た
振り返ればあのときに仲間は三倍になったのだった

だが残念なことに
あれほど毎日雑談に耽り、飯を食い、
役に立つかどうかわからない遊びに夢中になり
ノートを写しあっていても
もうみんな大物の座を退いてしまっていることを思うと

のちの人生で起こっていたことなどを総括的に振り返っても
あの数年間のスクラムは美しかったとも言えよう

何も求めない
何も退けようとしない

裏切らない
嘘も言わない
憎まない
突き落とそうともしない

人には才能というものがある
運命もある
幸運もあれば不運もある
トラブルが風雲を招くこともある

機知や創意も必要だ
地道さも根気も必要である
真面目さも
非真面目さ
地味と派手

何も生かせなかったし
変化を起こすこともできなかった

これでいいのだ(バカボンのパパ)

そんな静かな視点で
世の中を見ると
あらゆることが違って見えてくる

大事なのはその先で
その違いが何を語ろうとしているのか

 

 

Photo_20210225184101

« 雨水、天皇誕生日と二月下旬がすぎてゆきます | トップページ | 三月上旬号 »

雑記(夢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨水、天皇誕生日と二月下旬がすぎてゆきます | トップページ | 三月上旬号 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト