フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月30日 (水曜日)

九月の終わりの考えていること

九月尽 🔗 十月のはじめに考える

 

 

満月のつぶやきがざわつくので月三十日が満月なのかと思ったら十月一日が中秋の名月なのだという、満月は二日の早朝の日出時刻のあたりらしい

 

縋り付くものが少ないためか余計に二十四節気や歳時記などに心の拠り所を求めようと酢のだろう
ほっと安らぐひとときが欲しいのだであろう、ため息を言葉にして代弁してくれる緊張の解放感に惹きつけられている人が目立つ

 

ひところよりさらに多くの人がそういったつぶやきの中でほっこりとさせられている

 

これは今というひとつの時代の潮流のなかにストレスが姿を変えて淀んでいるのを撹拌して浄化して排出しているモデルのようでもある

 

悪言をつけば、歳時記を片手に猫も杓子も俳句・短歌を楽しみ二十四節気の情景や名月を飾りにして安らぎを求めて自己陶酔に浸っている

 

私も紛れもなくそのひとりであるのかもしれない

 

 

どこまであの満月のホンモノの魔力を体感できているのか

 

たぶん私には人並みほどにも風流などわかっていないだろう

 

まあそれでもいいじゃないか

 

 

やれやれと夏がおわっていく

 


 

 

向田邦子さんが「父の詫び状」というエッセイを書いたのは「遺言状」のつもりであったと別のエッセイで読んだ

 

だからそれに触発されたのかどうかは曖昧な記憶だが、読んだ時期のころに私も「遺言状」のようなものを残せないかと考え、真似をして書き出したのが「秘伝」のブログである

 

だがしかし、そんなものは作家でもないのだから思うようには行くわけもなくあのザマで纏まりもないものになっている

 

思いつく儘に書いてゆき無闇矢鱈に長くなってしまって纏まらず、無駄なものも多くありながらその無駄を削り落とせずに困り果てているい

 

しかし、伝えたいことを簡潔に、読み手にストレートに伝えるのは到底無理である

 

「塵埃秘帖」「裏窓から」(ココログ)のシリーズだけでも長い、しかし、これも私にしたら一種の遺言状のつもりで

 

つまり今になって遺言状を編纂するには資料の整理能力においても不足しており、遺言状として取り止めがつかないのだった

 

というわけで、読んでくれる人任せということになる

 

 

では、果たして

 

私は何が一番言いたかったのであろうかを考えて膨大な記述を整理してみるのがいいのだろか

 


焼き鳥が失敗だったのでちょっと残念です
ニンニクと醤油を刷り込んで少し漬けておいてから焼きましたが
これがアカンのですね

 

塩してそのまま焼くのが一番旨い
漬け込んだ鶏肉は唐揚げにするのがええわ

 

近いうちに再挑戦をしようと二人で誓い合う

 

生姜焼きとか

大根の炊いたん

胃袋を休めている

懐も休めたい

※ + 加筆は未定

 


フォトギャラリー(令和2)

00320930-63747

2020年9月28日 (月曜日)

サンマ1号と赤福氷

九月もいよいよ残すところわずかとなりました

真昼も涼しい日が続いて快適になってきています

赤福氷を食べてきました(28日)

サンマ1号を食べました(27日)


フォトギャラリー(令和2)

00320928-61032

2020年9月26日 (土曜日)

もう仕事に戻る気は無い

もう仕事に戻る気は無い

 

所詮、求められるような器でもないし
人のお役に立てるようなものでもなかったのだから
慎ましやかに静かに暮らしていけばいいと思う

 

人の前に出て
旗を振って
声を張り上げて
ときには理屈もいい
意見を交わし

手を施したものが
社会を変えてゆくのが
人生の一齣一齣であった時代は過ぎ去ってしまった


もはや終わったのだと言える

 

新しい時代の人の
新しい判断力で
新しいステージを作っていかれるのが良かろう

 

先週あたりから
奥歯(5・6・7)に入れ歯を入れてみたのだが


新そば(青木家)を食べているときは
まず頑張って食べられたけど


チキンカツを食べると外れて
困った

 

調整に出かけて
昨夜(25日)には
餃子を食べているが
歯を外して食べた

 

外れないように
食べる工夫も必要だそうで

 

即ち、そういう食べ方が
この年齢には求められているのだろう

 

時間がかかるか


フォトギャラリー(令和2)

00320926-63919

2020年9月24日 (木曜日)

「人生」という言葉

第四コーナー

には閑話があった

(閑話から)

中学の体育祭の障害物競走リレーで両足をくくって飛び跳ねながら最終ゴールインをするという役をもらい、見事に一位でバトンを受け取ってかっこよくテープの直前を跳んでゆく時に、おちゃらけで観衆のクラスメイトにピースサインをしたために転倒して、顔面を強打した上にビリになって大歓声を博したという記憶が蘇った

 

 

先日、三千以上の記事を記録する一番古いブログを「人生」で検索してみた

 

その結果355件もヒットしたのを見てもどれだけ『人生』というものを考えながら生きて来たかがわかる


フォトギャラリー(令和2)

撮影日:2020年9月23日 (水)

 

2020年9月23日 (水曜日)

第四コーナー

第四コーナー

夫婦や友達というのは最初から性格や考えが一致していたというものでもなく一緒の衝突事故のような出会いであることも多い
次第に凸凹が解消され襞が触れ合い歯車がかみ合い出すと順調に歩み出せる
どこまで行っても歯車の噛み合わないもの同士もあって然りでそれはそれで共有するところをしっかりと安心できる楔として保持してやっていけるものなのだ

そうして大きなトラックを周回しながら第四コーナーを回ったところを走っているのだと度々口にするとそのことに共感してくれる人も出てくる
第四コーナーの向こうにはゴールが待っている

ゴールも間近なのでそんなに一生懸命走る必要がない人もあれば最後は全力で突っ切るのだという人もあろう

盛大な歓声に手を振りながら悠々とゴールを目指す人
バックストレートでのデッドヒート回想しながら平坦なゴールまでを目を細めて見つめながら着実に最後を走る人
荒っぽいレースの途上で厳しく自らに鞭を打ったためにはを区縛り続けねばならない人

他にも様々な人々がこの最後の直線を駆けている

今年初の里芋

20日(日)に墓参り
お芋はこの日にもらってくる

 


フォトギャラリー(令和2)

00320923-71139

2020年9月22日 (火曜日)

台風12号 その2

台風12号 その2


台風12号 秋分の日

2020年9月21日 (月曜日)

台風12号

台風12号が発生


201200

2020年9月19日 (土曜日)

スガキヤ - ピリ辛ねぎラーメン牛焼肉丼サラダセット付き

秋の彼岸の連休に季節です

四月から連休に入っている私としては
別になんの代わり映えもなく連休のワクワク感もなく
この週末を迎えています

 

スガキヤ に行ってきました

ピリ辛ねぎラーメン牛焼肉丼サラダセット付き

を食べてきました

 

普段は(といってもめちゃめちゃ久しぶりですが)
普通のラーメンしか食べないのに
すごく奮発しました

 

スガキヤも苦しいようで
あちらこちらで閉店という声が届いてきます

頑張って欲しいですね


フォトギャラリー(令和2)

00320919-90423

2020年9月17日 (木曜日)

レトルト カレー その2

今朝、宮本輝をプチっとして購入決定しました

土曜日に届きます

マックスで買うて来たビーフカレーを食べました

美味しかったよん


00320917-42432 00320917-41640

2020年9月16日 (水曜日)

宮本輝 灯台からの響き(予約九人目)

宮本輝 灯台からの響き

 

ふと、宮本輝をクリックしたら新刊が九月初旬に出ていまして
早速図書館に探しに行ったら予約が九番目でした

 

とりあえず予約をしましたが
単行本を買おうかなとか思っております

 

感想文は 九人を待ってから借りてきて
それから


BOOKs(読書日記)

00320916-101641

2020年9月14日 (月曜日)

レトルトカレー

今日は歯医者さん(14日)
明日は耳鼻咽喉と内科(15日予定)

先日からレトルトカレを楽しんでいます

どちらも美味しいです


(ナスと完熟トマト)まるごと野菜 (5種の彩り野菜)まるごと野菜

2020年9月13日 (日曜日)

金土日(11日12日13日)とはっきりしない雨降りみたいな

9月12日まで

洗濯物もsとに干せないんです
ランドリーに行ったり
ウォーキング散歩は中止してのんびり

 

11日はカツオとなすび

鰹のタタキ

ナスに味噌炒め

 


フォトギャラリー(令和2)

00320913-75138

2020年9月11日 (金曜日)

長雨の兆しでしょうか はっきりしない天気です

昨日は レトルトのカレーを食べて

はっきりしない天気を幸いに家でゴロゴロ

 

今日も(11日も)

予定なし

 

金曜日なので、ヨーグルトを買いに出かける

 

日記は午後に書く

 

Facebook に近況報告した写真から

00320911-91730

2020年9月10日 (木曜日)

秋の長雨の到来でしょうか はっきりしない天気です 一日

九日

焼うどんでした

久しぶりに焼うどんは美味しかったです

 

十日

うちの人が総合病院へ通院でしたので
お昼は簡単インスタント
レトルトカレー

 

今日ははっきりしない天気です


フォトギャラリー(令和2)

00320910-51555

2020年9月 9日 (水曜日)

外耳炎はまずまず順調に回復しています

九月九日は朝一番で耳鼻咽喉科へ

 

お昼は焼うどん
黒毛和牛入り

 

昨夜は 鰹のタタキをしました
耳鼻科に行くを忘れていて
にんにくたっぷりにしてしまった


フォトギャラリー(令和2)

00320909-32841

2020年9月 8日 (火曜日)

日曜日みたいな月曜日が終わって 日曜日みたいな火曜日が来た

七日は一日のんびりと日曜日のように過ごす

毎日が日曜日なので 普段通りという意味でもあろうか

㊙️伝 を書く

🔗 ▶️ 九月のはじめに - 幸福への道のり 白露篇 裏窓から

九月七日はお昼の間にちょうど台風10号が九州に西域を通過し北上していく


フォトギャラリー(令和2)

00320908-103712

2020年9月 6日 (日曜日)

九月のはじまりのころの出来事、あれこれ

(これから書きます)

 

きょうは 台風10号が九州の西海域を北上しているので
雨が降ったり止んだりとなるでしょう

六日から七日にかけては 風も出てきましょうし
雨も本格的になると予想されます

 

ゆっくりと1日家でブログを書くかな

+ 書きかけ


フォトギャラリー(令和2)

00320906-70826

2020年9月 4日 (金曜日)

台風10号 接近中

台風10号(4日の午前情報)

台風10号(4日の午前情報) 

台風10号(3日の午後情報)

台風10号(3日の午後情報)

台風10号(2日の午前情報)

台風10号(2日の午前情報)

2020年9月 3日 (木曜日)

台風10号が来ています

台風10号が来ています(3日の午後情報)

201000

とんかつ(2日)

シャケ入りのスパ(1日)

タコのからし酢味噌あえ(1日)

九月になってから天気がはっきりしない日が続きます

雨が時々シャワーのように降るので
焼けるような暑さはないのですが

気温は30℃付近をキープしている

こんな時は空調の調整がなかなか思い通りにいかず、かえって快適とは言い難い


フォトギャラリー(令和2)

00320903-55342

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト