フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« コロナ禍 という言葉が広まっている 禍(わざわい)とは災いのことである 私が座右に置く言葉の一つに 禍福は糾える縄の如し というものがある 禍があって福があるのだ ヒトは幸せになって面倒臭いことを考えることなどせず 他人ができることは自分ではせず ゼニカネで済むことはそちらに任せ 優越感や満足感や幸福感に浸って生きてきてゆくようになった 禍が そこに 一石を投じた というわけである | トップページ | 今日の日記はこれから書きます だって一日暇ですから »

2020年4月21日 (火曜日)

四月下旬になりますが 事態は方向転換する様子もなく 依然として綺麗に予測通り悪化していきます 本当に真剣に遺言と遺書めいたものを用意しておいた方が良さそうで 突然隔離されそのまま無言で終焉というのはちょっと悲惨ですよねえ

2020年01月09日 東京 夕刊 1総合
武漢肺炎、新型コロナウイルス検出

 

2020年01月10日 東京 朝刊 2社会
肺炎、新型コロナウイルス 15人から陽性反応 中国・武漢

 

2020年02月05日 東京 朝刊 1社会
クルーズ船、下船できず 新型肺炎 横浜港

 

2020年03月25日 東京 夕刊 社会総合
志村けんさん感染 肺炎と診断、入院 新型コロナ

 

さらに

 

志村けんさん死去 70歳 コロナ感染で入院
新型コロナウイルスに感染し、東京都内の病院に入院していたお笑いタレントでザ・ドリフターズの志村けん(しむら・けん、本名志村康徳〈しむら・やすのり〉)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。70歳だった。

 

と つづく

 

 

そんな記事がどうやら最初のころであった

3ヶ月+何日か でパニックになっているのだ
全く予想もできなかったのは 仕方ないことだった 

 

続く

 


00320422-102113


遺言も伝言も遺書も
もしも書けなかったとしても

 

誰もそれほど困ることはないだろうが
身辺整理にはお手間をおかけすることになろう

 

本やブログに書いたものは 棄てたくないので大事に抱かえこんでいるのだが
もし死んでしまったら只のゴミにしかならないのだから

 

当人も死んでいるから後悔のしようもない

 

だったら
と考えると

 

生きている間に満足のいくように
あれこれと始末しながら楽しんでおくのが得策のようだ


 

« コロナ禍 という言葉が広まっている 禍(わざわい)とは災いのことである 私が座右に置く言葉の一つに 禍福は糾える縄の如し というものがある 禍があって福があるのだ ヒトは幸せになって面倒臭いことを考えることなどせず 他人ができることは自分ではせず ゼニカネで済むことはそちらに任せ 優越感や満足感や幸福感に浸って生きてきてゆくようになった 禍が そこに 一石を投じた というわけである | トップページ | 今日の日記はこれから書きます だって一日暇ですから »

未分類 (コロナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍 という言葉が広まっている 禍(わざわい)とは災いのことである 私が座右に置く言葉の一つに 禍福は糾える縄の如し というものがある 禍があって福があるのだ ヒトは幸せになって面倒臭いことを考えることなどせず 他人ができることは自分ではせず ゼニカネで済むことはそちらに任せ 優越感や満足感や幸福感に浸って生きてきてゆくようになった 禍が そこに 一石を投じた というわけである | トップページ | 今日の日記はこれから書きます だって一日暇ですから »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト