フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 五日・啓蟄 冷たい風吹いて顔が凍りそう 六日 少し和らぐ | トップページ | あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ そんなことをだべりながら 孫っちたちを連れてきていたムスメと桜餅を食べる 風邪ひきはうつらなかったか心配であったが大丈夫だったみたい »

2020年3月 8日 (日曜日)

そうじ(送辞)ととうじ(答辞)

 

まず記録しておくことひとつ二つ

新型コロナが流行って国中が混乱していること、学校は休校騒ぎでドタバタ、学校に行く側もあたふたしている、そんな中で卒業式のニュースがサラッと流れていた


風邪ひいてましてバレンタインデーにお医者さんに駆け込んでからずっとゴホゴホと咳をしています、少しマシになってきたかな


送辞と答辞という言葉がラジオの投書の話から聞こえてきた


掃除ではなく送辞だった





昨今上級生と下級生のふれあいによる人間形成の味のある効果が見えにくい

信号のない横断歩道を渡る時であっても上級生が下級生を見守るとかお兄ちゃんお姉ちゃんの視線で導く、手本を示すというチャンスが減っているのではなかろうか


校庭での遊びにおいても、ちょっとしたトラブルなどの解決に上級生が裁定を下したり、自分の兄弟や友だちを守るべく味方をしたりするような、小さな社会の見本が昔のようにきちんと暖かく行き届いているのだろうか


弱々しくて自信のなかった新人時代に暖かい目で暖かい手を差し伸べられることはかけがえのない教訓である


そういう日々の積み重ねの後に春のこの時期を迎えて送辞である

答辞よりもちょっと着目したいなと思う





卒業式はコロナの影響を受けて縮小化され、保護者と子どもたちと先生だけで行うところが多いようで、送辞は読まれることもなく、読む側からするとお礼の気持ちを言葉にすることもなく春を終えてしまうところも多くなりそうだ





所詮 儀式なのだよ と言ってしまえばおしまいである


心は言葉に

言葉は態度に

態度は熱意に





考えてみれば

卒業式ってもう半世紀も昔になるのやねえ

(ここで一息ついて美味い酒でも飲みながら昔を偲ぶのもよかろうなあ)

(つづく)

 


フォト ギャラリー

« 五日・啓蟄 冷たい風吹いて顔が凍りそう 六日 少し和らぐ | トップページ | あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ そんなことをだべりながら 孫っちたちを連れてきていたムスメと桜餅を食べる 風邪ひきはうつらなかったか心配であったが大丈夫だったみたい »

第四コーナー / ゆるりと生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五日・啓蟄 冷たい風吹いて顔が凍りそう 六日 少し和らぐ | トップページ | あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ そんなことをだべりながら 孫っちたちを連れてきていたムスメと桜餅を食べる 風邪ひきはうつらなかったか心配であったが大丈夫だったみたい »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト