フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 秋なすび花ひっそりと蔭で咲く 小太鼓のダダダのような夜明け雨 冷やしうどんが食べたい 美味しいシャケの入ったチャーハンを食べたい てこね寿司を食べたい 焼きそばが大好き 全部混ぜてセットメニューにしてほしい (8月20日) | トップページ | 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 »

2019年8月25日 (日曜日)

羅刹地獄の六道の娑婆苦

 羅刹地獄 ── 新・平家物語から


ろくどう―だう2【六道】

〘仏〙 すべての衆生(しゆじよう)が生死を繰り返す六つの世界。

迷いのない浄土に対して,まだ迷いのある世界。

地獄道餓鬼道畜生道修羅道人間道天道。

前の三つを三悪道,

あとの三つを三善道という。

六趣。六界。りくどう。


羅刹地獄の六道の娑婆苦も能く救うというお地蔵さまも、まことは、一仏二体がその本相であり、半面は慈悲をあらわしているが、もう半面の裏のおすがたは、忿怒勇猛な閻魔王であって、もともと一個のうちに、大魔王と大慈悲との、二つの性を象っているものですよ、と母はよく言った。

« 秋なすび花ひっそりと蔭で咲く 小太鼓のダダダのような夜明け雨 冷やしうどんが食べたい 美味しいシャケの入ったチャーハンを食べたい てこね寿司を食べたい 焼きそばが大好き 全部混ぜてセットメニューにしてほしい (8月20日) | トップページ | 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 »

言葉を残したい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋なすび花ひっそりと蔭で咲く 小太鼓のダダダのような夜明け雨 冷やしうどんが食べたい 美味しいシャケの入ったチャーハンを食べたい てこね寿司を食べたい 焼きそばが大好き 全部混ぜてセットメニューにしてほしい (8月20日) | トップページ | 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト