フォトギャラリー(令和3)

  • 筍ご飯
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 🔗 NEWS 7月はじまりました雨ふり多いです | トップページ | 福岡伸一さん  実験科学の世界では、仮説にぴたりと合致するような結果が得られることはまずないといってよい。しかし、ほとんどの場合、実験がうまくいかないのは、実は、仮説そのものが間違っているからなのだ。 »

2019年7月 7日 (日曜日)

🔍 小暑 11件 - 小暑の朝に考える

小暑の朝に考える


 音というのは   波動エネルギーです 

 その全てがヒトの  耳に聞こえてくるとは限らない  けど 

 光もエネルギーです
 明るくなると 暖かくなります 
 

 エネルギーは 足し算をします 

 積算する積分するイメージで   積み重なるものです 

 あ~ という声と   別の人のあーという声は   関数で考えて 足し算ができます 

 つまり 

 朝の静けさは   エネルギーが空間に満ちていないのです 

 人間が行動をすると 音が発生します 

 それは蓄積されていきます 

 そこで 空間には音の波動エネルギーが満ちてきます 

 

 朝 夜明けの頃には そういうエネルギーを感じる 

 empty set 

 空集合 

 空っぽと考えて良いのですが   そういう静けさを朝には感じます 

 

 * 

 

🔍 小暑







  1. 大雨で丑三刻がざわざわと
    る空を見あげて晴れを待つ  七夕号 ─ 小暑篇🍀金曜日の朝は丑三刻から起きてましてまた土曜日の朝も丑三刻から起きております🍀七月七日土曜日たなばたさま...
  2. 葉室麟さん 66歳か
    うて逝かねば、残された者が行き暮れよう 小暑篇10月30日 木曜日のわたしの日記の中に葉室麟「蜩ノ記」の読後感想を書き物語からある「言葉」を抜き出している...
  3. この世をいとおしい、去りとうない、と思うて逝かねば、残された者が行き暮れよう 小暑
    もう三年ちかくもむかしのことになるのだと考えれば感慨深く思うと同時に三年間とはいとも儚いとき
  4. たなばた様の夜
    08:26:07線路みち草刈るにおいの小暑かな posted at 08:27:41 ...
  5. ビールの泡
    年版)7月7日 七夕雨降りで星空は望めず小暑なれどもとりわけ苦痛な暑さもなく我が家の電気料金が3千円を切ったウチほどの大きさの家で3千円は模範的安いだろう...
  6. 七夕や星なき夜やカレーなり ─ 小暑
    きのうの話(6日朝)駅で毎朝会う女子高校生に「試験終わった?」って尋ねたら「ハイ」って言って
  7. 誕生日─ぴょんぴょんと水たまり飛び越して夏になる
    なことばを残している。七夕の日記(裏窓・小暑篇)にも書いたのだが、早いものでもう27回目の誕生日を迎えたのだ。今年は、ロウソクを立てている写真があるので残...
  8. 願いごとないと言ったら嘘になる ─ 小暑
    になるとつぶやいて、そのあとにきのうは、小暑でたなばたさま。夏もいよいよ本格化します。仕事帰りに駅前で、カレー屋から出てきた高校生に試験は終わったかと聞い...
  9. 「闘う」ことを考え始める ─ 小暑
    「闘う」という言葉が目にとまって、そのあとに「ガンと闘う」と走り書きのメモを放置していた。
  10. ひそかに待つ ─ 小暑
    節電をひそかに待っている蛍七月の初旬に東海柳壇(朝日新聞)で見つけた句で、桑名の方の作品でし
  11. 7 月7 日号 小暑
    セミが鳴いているのをセンターの構内を散歩して見つけたのが、つい先日の日曜日のことです。

« 🔗 NEWS 7月はじまりました雨ふり多いです | トップページ | 福岡伸一さん  実験科学の世界では、仮説にぴたりと合致するような結果が得られることはまずないといってよい。しかし、ほとんどの場合、実験がうまくいかないのは、実は、仮説そのものが間違っているからなのだ。 »

クロス🔗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 🔗 NEWS 7月はじまりました雨ふり多いです | トップページ | 福岡伸一さん  実験科学の世界では、仮説にぴたりと合致するような結果が得られることはまずないといってよい。しかし、ほとんどの場合、実験がうまくいかないのは、実は、仮説そのものが間違っているからなのだ。 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト