フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 孫の離乳食メニューを大人用にちょいとアレンジ | トップページ | ラーメンを食べに出かけた »

2017年5月20日 (土曜日)

人生なんて 出番など ないままそっと 幕が降りる

人生 あるときに到達すると

何かを遺しておかねばならないと

ふと気づくわけです

 

しかしながら

たいてい そのときはすでに遅いんです

 

親は死んでしまっていないし

恩返しもできなくなっている

 

嗚呼

還暦のお祝いもしなかった

初任給で何も買ってやらなかった

 

そういえば誕生日も父の日も何も贈り物をしなかった

 

挙げ句の果てには

 

いつかは一緒にお酒でも飲もうと願いながら

染み染みと食卓に向かい合いながら

盃を酌み交わしたこともなかった

 

葬式が終わって一人で酒を飲む

 

そんな感じだったかもしれんなあ

と今になって振り返るのだ

 

♠︎

 

子どもに何か遺そうと思うことも出てくる

 

けれども

 

子どもの方からすれば

すでに自立しているわけで

時代も変わっている

 

旦那さんもいるし

子どももできて

新しいステージが始まっている

 

子どもからすれば

親の遺すものなんてのは資産であればありがたいが

言葉や小言はそれほどありがたくないのだ

 

特別に自分が弱っているとか

負けそうになっているとか

悩んでいる真っ最中なら

とうさん・かあさんなら何て言うのだろう

と思うこともあろうけど

 

 

そんなことを思う暇もなく

我武者羅に子育てに頑張っているくらいがちょうどいい

 

♠︎

 

それでも

その先に

ふっと親を思うことがあるかもしれないけど

そのときはもう二世代ほどあとの人の世紀になっているのだ

 

人生なんて

出番など

ないままそっと

幕が降りる

 

◆◇◆

 

あのときのあの人の言葉でぼくの人生が動いた

 

そんな言葉があっただろうか考えていた

 

「キミらに払わせるような安い給料とちゃう」

 

ぼくたち若い同窓生に檄を飛ばしてくれた

大学同窓会・関西支部の大先輩のあの言葉は衝撃だった

 

ぼくはまだまだ世間を知らない未熟者だったのだ

 

次々と並べられる見たこともないようなご馳走を目の当たりにし

あの言葉を聞き

さらに世の中にそんなにお給料をもらっている人がいて

 

もの凄い仕事を成し遂げている人が先輩にいるのだと知ったときに

ぼくの人生は目標を持ってぼく自身で変えていかねばならないのだと刺激を受けた

 

♠︎

 

そこまでは良かったが

あとは失策の連続だった

 

♠︎

 

大きな間違いは

高給取りになるために出世をしようと

押し並べてそういう方向で

間違って考えてしまったことだろう

 

職場で出世をして

お給料が増えることを目標にするのは

一つの小さな目標としてそれでいい

 

家庭も潤うし生活も充実する

家族は幸せになるのだし申し分はない

 

しかし

 

自分に相応の職務を遂行し

組織を発展させて

社会に貢献し

生産性のあることを結実させて

世の中に恩返しをして役に立つことをして

次の世代に道筋を受け継いでゆくこと

 

というところまでを

きちんと見据えていなかったところに

浅はかさがあったのだった

 


写真日記(5月中旬号)

 

積み木が届きました

 

タラを食べる

 

旬のお刺身

 

 

豆ごはん

« 孫の離乳食メニューを大人用にちょいとアレンジ | トップページ | ラーメンを食べに出かけた »

父の背中」カテゴリの記事

コメント

㊙️自選集

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生なんて 出番など ないままそっと 幕が降りる:

« 孫の離乳食メニューを大人用にちょいとアレンジ | トップページ | ラーメンを食べに出かけた »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト