フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 角煮 (ヒレ肉で) | トップページ | 七夕や星なき夜やカレーなり ─ 小暑篇 »

2015年7月 7日 (火曜日)

逃げ道

くみさんがFBで「人生の〈逃げ場〉 会社だけの生活に行き詰まっている人へ」(朝日新書)上田紀行というについて触れていた、この本をぽちっと注文してしまったくらい心身ともに読む気も起きないくらい疲れてる、という

 

読めるところまで回復したころには多分もうそこまで行き詰まってないんだろうう

 

🌱

 

自分を振り返ってみる

 

仕事が開発部門だったので潜在的プレシャーが大きかったか

多くの製品に関わってきたのは思い出ではある

 

人それぞれでプレッシャーの感じ方は違う

あのころはバイクに乗っていて連休には1週間以上も俗世界を離れたり週末はかなり身勝手な休息をしていた

 

仕事を辞めてしまえばプレッシャーはない

髪が減っていく速度が急激に遅くなっている

 

別の社会に変わってみて知ったことがある

プレッシャーの少ない社会が世の中に在るのだということだ

もしもそんな会社に二十四歳から入っていたら・・・違った人生だっただろうか

 

 

私は仕事をやめてバイクをやめて旅をやめた

人間は圧力の感じ方や影響の受け取り方に差が大きく在るものの私の辞書から「ストレス発散」という言葉が消滅してしまう

 

ストレスから解放されて初めて、その次にの打ち手が大事だと感じた

これはアブナイことだ

 

人は緊張するから生きている

 

緊張って誰のためのものか

それは自分のためにあるのだ

外部から緊張させられていると感じたら負けや

 

🌱

 

人生には「嫌い」と「好き」は都合のいいような割合では存在しない

「向いていない仕事」が相応しくなかった仕事ではない

嫌々ながら飯を食って子どもを就学させたのだから◎としたい

 

自分の夢の仕事をして成功できるなんて限られた人が実現できることで夢である

 

だから、人生をあれこれと語って見れば気付くだろうが、たぶん、成功した人の話はそれほど参考にならない

たんなる自慢話のことも多い

 

「どん底」を見た人の話には耳を傾けてもいいだろう

しばしば腹立たしい時もあろうが、上手に聞けば参考になる

順風満帆でなかった人のほう色々と悩んでいるぶん味がある

 

人生は順風に流されてゆくものではない

どんなことがあっても自分で設計をする

 

溺れていても、流れは自分が作る

そう思うことが大事だ

 

どん底で考えたことには大きな意義があった

 

🌱

 

子どもは親の背中を見ている

どういうふうに捉えるかの味付けは背中を見せっぱなしではなくて親がする

 

背中が大事なのか

真正面からの姿が大事なのか

そこで語る言葉の重みに価値があるのか

 

どっしりと重いものが親の肩に乗っている

あの頃は確かに重かった

しかしそれほど重くも感じず、楽しかったとも言える

 

子どもは木を育てるように大きく逞しくなってくれた

 

 

« 角煮 (ヒレ肉で) | トップページ | 七夕や星なき夜やカレーなり ─ 小暑篇 »

人生を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ道:

« 角煮 (ヒレ肉で) | トップページ | 七夕や星なき夜やカレーなり ─ 小暑篇 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト