フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 井上靖 本覚坊遺文 | トップページ | 続3・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その44 »

2013年5月10日 (金曜日)

5千人

シャープの人員削減5千人の記事が目に飛び込んだ。

 経営再建中のシャープが希望退職の募集と給与、賞与の削減を組合側と合意したと発表し5千人の削減策を実施する見込みらしい。
給与は、一般社員でカット幅を7%にし賞与も半減させる。

 私がかつていた「パー」な会社のことが新年の記事に登場し「追い出し部屋」という言葉がちょっと話題を呼んだ。
しかし、連載記事の流れは、所詮、マスコミも経済活動をする1つの企業であり、まあ読まれてなんぼの記事であった。

つまりは、真相に迫ったことは面白くないし読まれないので、興味のあるようなことだけをマスコミは書いた。
だから、私にすれば面白くはなかった。

マスコミは弱者の味方でもなかったし。

このような記事は、時間経過とともに価値も落ち、さらに面白みもなくなる。きょうだから「5千人削減」が面白いだけだ。
確かに7%を簡単に現実に当てはめて、半減する額も割り出せば相当深刻なのだが、
オバカな会社にいつまでも付き合っているのも愚かだから、さぞや判断を悩まれることだろう。
その実態も知ってみたいが、まあ、想像のとおりだろうけど。


 私がパーな会社を辞めたときは10万人社員のうち2万人とも3万人とも言われた。

20年以上工場のパートで働き続けたオバちゃんたち。
「ムスメは短大を卒業して花嫁修行中なんよ、え?退職金?3千数百万ほどやで」
と他愛ない会話をして私と一緒に会社を辞めた。
2,3ヶ月後に街のショッピングセンターであったら海外旅行もたくさん行って楽しい毎日だと話してくれた。

 5倍の退職金を一律の退職者に出したのだろう。
私にもくれたのだから、みんなも貰ったに違いない。
多くの人が3千万、4千万またはそれ以上(多分上限なし)という退職金を熱い恩義(?)のある会社から戴き「ハイ・さいなら」をしたのでした。

 今で言う「ブラック企業」で日常の社員の扱いもひどかったし、精神教育にも法律ぎりぎりの線のようなものがあった。

無論、自主退職をさせるための手法にも言葉で言えないほどの人権を躙るような行いや言葉があったのは、ブログのどこかで触れている。

まあ「ひどい会社だったなあ」と今更ながら回想する。

後になって、ゆっくりじっくり考えるたびに、あの時に・・と思うことがあれこれとある。
(そういうものが、ふつふつと、今朝の記事を読むと蘇ってきた)

 本当はもっと辞めてほしいのだろう。5万人ほどは辞めさせたい。

しかし、自主退職を5倍の退職金で釣りながら自主退職を募れば、一方で辞めてほしくない人が20%から30%は混じったと推測できることから、そんなに無茶も出来なかったのだろう。
何よりも社会や世間の眼が気になる会社だったし。

 私にしたら「ざまあみやがれ」だったが、
「大企業揺るがず」
のその後の姿に幾らかの悔しさも感じた。

まあでも、今となったら縁を切ってよかったし、その後の哀れな姿も少し拝見できた。
何よりも私がひと回りもふた回りも大きな視点でものを見ることができるようになったのでもう昔のことは考えないことにした。

 ものさしとか手順を、既成のモノから変えなければ、このような企業に未来はない。
賢くて立派な人がたくさんいただけに、とても残念だ。

 どんな点が「パー」だったのか、というか、誰も書かない「パー」な会社の実態はまたの機会にしましょう。

(みんなあんまし興味ないだろうけど、酒を飲んで馬鹿にするときはそれなりに楽しい)

 

 

« 井上靖 本覚坊遺文 | トップページ | 続3・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その44 »

純粋社会批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5千人:

« 井上靖 本覚坊遺文 | トップページ | 続3・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その44 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト