フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« この日にコートを出しました ─ 大雪篇 | トップページ | プリンターのインク »

2012年12月 9日 (日曜日)

寄せ鍋やあれは嫌いでキミ好きで ─12月上旬篇

17のおとという名前にしている。
それは「十七の音」のつもりで書いているのですが、
たった十七で伝えるのはとても難しい。

 

難しいところに余韻があっていいのだと思う。
三十二文字揃えて、十分に伝わっては、
ふんわり感がなくなってしまう。

 

12月1日(土)2日(日)

 

▼雪だより貴方は凍えていませんか

寒い夜ほど温かく抱かれて
▼寄せ鍋を食いたし併しひとりなり

 

お鍋がおいしい季節になったと言って喜んでいると
毎日毎日お鍋を食べることになるのだが。

 

素朴な味であればあるほど
飽きがこないと感じる。
飽食の時代を迎えているが
偽物グルメも多い。

 

やっぱし、おでんの大根の隣にある竹輪が旨い。

 

▼ちくわ食う貧しいころを噛み締める
▼寄せ鍋やあれは嫌いでキミ好きで

 

昔、きたないのれんをくぐって入った居酒屋で
月並みにおでんを注文して、静かに食べた夜があった。

 

ツマと
「あのときのおでん、旨かったな」
「そうやな、白梅町の酔心やったなあ」
「串八が満席で…」
と、そんな話をする。

 

静かな夜だった。

 

▼師走きて母のつけたひの菜食う

 

 

ちまたでは、正月の準備も忙しかろう。
ショッピングセンターでは、クリスマスの飾りが鮮やかだ。

 

▼炭を焼く山は温たし風もなし

 

▼しめ縄に汗の沁み込む父の技
▼しめ縄を編み上げる父の背中

 

▼ひとり言遠い貴方への愚痴かしら

 

私はいつものように
何の変わりもない年の瀬を迎えている。

 

今年もインフルエンザの予防接種を受けなかった。
人ごみに出かけるのは相変わらず嫌いである。

 

罹患しないことを祈ろう。

 

12月3日(月)4日(火)5日(水)

 

▼木枯らしが隠れておるぞ曲がり角

 

▼寝よまいか貴方慕って星が飛ぶ
▼夜更かしをするのも貴方の冬の癖

寒い夜やったなあ。
あんな日に逝ってしもうた人のことを思うと、
手袋の句は詠めんなあ。

抱きながら
「この人どんどん冷たくなるわ」
と言った母。

▼手袋をそなえてそっと灯をともす

 

▼節電という文字灯すネオンかな
▼冬木立隠れた月夜の闇を食う
▼雨あがり師走の風の支度かな

 

コートを着な寒いなあと思いながら
まだ着ていない日が続いていた。

 

グググと冷え込んで、車のガラスも凍てつく。
月は真冬の空に高く昇る。

 

12月6日(木)7日(金)8日(土)

 

▼茜空好きだと書いた窓ガラス
▼あの人は夕焼けみなとがよく似合う
▼半月や諦めきれない物語

 

▼月あかり消えて貴方を連れ去りに
▼おやすみは、貴方のオヤスミ聞いてから

 

冷え込むと
星が瞬く。

 

こどものころ
それが不思議だった。

 

星を見て宇宙を想像した。
宇宙飛行士になりたいと思ったことはなかったが

 

掴みようのない神秘を
どうしても理屈で考えようとした。

 

星座にロマンを感じることもない可愛くない奴だったが
ギリシャの神話を生んだように
人々の夢を馳せる心には感動する。

 

みんな
星をみながら
政治の夢を語れば
きっとこの世は良くなるような気がする。

 

▼麦の芽を踏むこと知らぬ新俳人

恙なく年終りたし月凍つる(砂女)
▼その欠片私のグラスに分けておくれ 

 

つつがなく、なんて言葉は死語なのかもしれない。

 

余裕を失った人と
余裕を勝ちとっても役に立たない人たち。

 

もうすぐ選挙か。16日。

 

7日は大雪だった。

▼大雪やきょうからコートとメモをする
▼師走きていつ帰るのかと便りくる
▼年の瀬や餅をついたと便りくる
▼冷える夜貧しい頃を思い出し

 

12月、静かな夜にきらびやかなネオンの見える駅の片隅で
大好きな貴方を待って

 

そのあと、
温かいお鍋をつつきながら
二人で旅の話でもしたいなあ。

 

▼待ちぼうけあなたに会えたら今夜こそ

 

« この日にコートを出しました ─ 大雪篇 | トップページ | プリンターのインク »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄せ鍋やあれは嫌いでキミ好きで ─12月上旬篇:

« この日にコートを出しました ─ 大雪篇 | トップページ | プリンターのインク »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト