フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« ブリのお刺身 | トップページ | (京都検定の話題になって) »

2012年10月31日 (水曜日)

神無月あなたに手紙出せぬまま ─ 十月下旬篇

夕焼けの綺麗な季節です。
あかね空の写真がいっぱい。

 

 

 

10月19日

 

▼夕暮れに青春ドラマの主題歌を

 

ちかごろは、学習塾にいく子が多いので、
クラブ活動は朝練に力を入れているところが多いのだろうか。

 

10月20日

 

きょうは初お鍋でした。

 

▼あなたたちにナイショで飲んだワイン酸っぱい

 

この季節になるとぶどうの収穫後ということもあって
確かにワインが出回りますね。

 

初めてワインを飲んだときの酸っぱさを思い出します。

 

10月21日

 

▼里の秋父は逝き栗枯れはてて

 

紅葉が遅れているというニュースを耳にしていたのですが
ふとしたことで京都の古刹の庭の写真を見て
古里の秋はどないやろと思った次第。

 

お昼に、久々にすがきやラーメンを食べる。

 

10月22日

 

▼飲み過ぎてしょぼんとしたのも束の間で
▼恋すると落ち葉舞うても躊躇いて

 

何かの理由で、ご機嫌になって
少しお酒を飲み過ぎたのかもしれない。

 

濡れた落ち葉が何かを語りかけたのだろうか。
また、ふらふらと夢ごとを考えている…

 

10月23日

 

▼大粒の雨しとどにてなお染み染みと
▼雨上がり打ち拉がれて落ち葉踏む
▼雨上がり忍が如く秋がおり

 

雨がやんで風が出てきた。
家まで歩いても汗をかかない。
いい季節になってきた。

 

10月24日

 

▼朝焼けにやがて霜光る古里よ
▼おはようと言葉残して改札へ駆けて行ったその人のハイヒールの音
▼水冷えて古里の井戸思い出す

 

きっと、水のぬるさを何かのときに感じたのでしょう。

 

古里の井戸水。
ぬくい季節になってきました。

 

10月26日

 

秋は、すどうし。

 

食べたい。
そんなことを考えている。

 

キノコ狩りの遠足が懐かしいなあ。

 

10月27日

 

▼十三番目のキミが一番ステキですね

 

あの人の話は,こんどにしようか。

 

10月28日

 

雨がしとしと日曜日。
一日、予定を流して家にいた。
(四日市jazzフェスの日だったのですが)

 

家でのんびりした。

 

▼雨降りや落ち葉洗いて冬支度
▼雨の日はコタツにニャンコ居て欲しい
▼淋しかろ着物の裾のそのあたり

▼冬支度逝くとわかっておりながら
▼雨音やすべて無色の余韻かな

 

まだ何か驚くものを待っている。
そんなことを別の日記に書いて
秋の夜長は老けてゆく。 

 

10月29日

 

▼通過駅車窓の闇の夢を切る

 

わけあって
いつもの通勤列車とは違う電車に乗っている。

 

ガランとした汽車じゃなく、
電車はざわざわして、
やっぱし好きになれないかな。

 

10月30日

 

▼松茸山、子にも遺さぬその在処(ありか)

 

twitterの今日の季語が、松茸だったのだろうか。
たくさんの句が飛び交っていた。

 

子どものころは松茸なんか珍しくも旨くもなかったのに。
これも一種のポピュリズムなのか。

 

10月31日

 

▼神無月あなたに手紙出せぬまま
▼朝露のガラスに一文字書き残す
▼好きですか?聞けば満月かたぶきて

 

とうとう、十月の最後の日を迎えました。

 

芭蕉はどんな旅をしたのか。
の感想を纏めています。

 

▼一時間に三分進む時計なら私の人生消費税分だけお得

 

長生きしたいとは
思わないけど
長生きしたいと思うような激しく強欲な生き方をするのは
この歳になってからは必要なことなのではないかと
このごろ思うことが多い。

« ブリのお刺身 | トップページ | (京都検定の話題になって) »

十七音(秋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月あなたに手紙出せぬまま ─ 十月下旬篇:

« ブリのお刺身 | トップページ | (京都検定の話題になって) »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト