フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

東京へ

熊野古道ピックアップ

寅さん記念館

  • 寅さん記念館 チケット表
    平成23年11月12日寅さん記念館 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

« 懐かしの飛騨路で別れを果たす ─ 花も嵐もⅡ その12 | トップページ | 峠を越える ─ 花も嵐もⅡ その13 »

2012年6月12日 (火曜日)

月が、しっぽり ─ 6月初旬篇

入梅りだそうです。
いつもどおり。

この、
いつもどおりが、
よろしい。
何事も。

▼ふと寄ったスーパーで広告の鱧を買う

それは、6日のことであったが
店からの帰りに、月が出ていた。

月がぽっこり。

6月8日(金)

久しぶりに、おはようさん
近頃、twitterで遊んでいなかったの。

ネタがないということは、躍動していないということでもある。

おゆうはん

小松菜とお揚げ

小松菜とお揚げの煮びたし

梅雨のような雨やな。
梅雨に入ったそうで。

6月9日(土)

▼梅雨らしき静かな音に目が覚める
▼梅雨の空見上げて一日家に居り

おはようございます。
用事のない一日。
梅雨の雨をしみじみと眺めて過ごそうかと思ってます。

そう決め込むと雨音がリズミカルで素敵に聞こえてくる。

▼雨音やツマの寝息と時の音
▼森に沁ゅむ振り子の音と恵む水

 

静かな雨降り。

砂女さんが

 父親は恋多きひと河鹿笛

 

と詠んでいる

▼難聴の父が愛した河鹿笛
▼河鹿鳴く父と二人で立ち止まる
▼思い出は河鹿の声の如くなり

▼雨降りは漢詩を読むの一人の部屋で

▼恋多きその人山に悠々と
▼梅雨ゆえに独り寝の膝小僧寒し

月が、しっぽり
夜が更けてゆく。

6月11日(月)

▼憎しみも許してやろう木槿かな

▼駄々こねてだだだだだだだ抱っこして

6月12日(火)

▼休日がまたまた雨で戸をピシャリ
▼降り出した雨をひっそり軒で見る

もうすぐ
利休にたずねよ
読み終わります。

もったいなくて
急げない。

« 懐かしの飛騨路で別れを果たす ─ 花も嵐もⅡ その12 | トップページ | 峠を越える ─ 花も嵐もⅡ その13 »

十七音(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月が、しっぽり ─ 6月初旬篇:

« 懐かしの飛騨路で別れを果たす ─ 花も嵐もⅡ その12 | トップページ | 峠を越える ─ 花も嵐もⅡ その13 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト