フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 寒波来いこいこいこいと恋もこい ─ 12月上旬篇 | トップページ | 大人になったらオヤジと飲みたい »

2011年12月14日 (水曜日)

角田光代  空中庭園

ずいぶんと長く読んでいました。

その間に、ひとり日和が終わってしまったな。

 

あちら(ひとり日和)は★★★

 

空中庭園は★★★★

 

--

 

買ったばかりのとき、ここの日記で、

子どもには読ませたくない……

みたいなことを書いたけど

子どもにはというよりは、大人に読んでいただきたい。

 

作者くらいの人々がいいかもしれない。

 

角田光代

空中庭園

文藝春秋2005

 

空中庭園

 

---

 

空中庭園
この本は、青山七恵さんの「ひとり日和」と並行に読み始めた。女流の作家さんという点が共通するほかにどんなことがあるのか、興味深く読み始めたわけだ
が、少し早めに空中庭園から読み始めて、角田さんらしい小説を味わいながらも、「ひとり日和」というタイトルと表紙に惹かれて待ちきれなくなって青山さん
の作品に手を着けてしまう。

 

そんな風にして読み続けた空中庭園であったが、青山作品のほうが面白いとか優れているということはまったく無く、むしろ同時に読むことで、読むほ
どに角田さんの作品の緻密さや構想力や、さりげなく各所で現われてはすっと消えてゆく文学性や彼女独特の表現が、生き生きと働きかけてくる。

 

少し大人の誰にも話さないエッセイのような物語が「空中庭園」の厚みではないだろうか。そういうわけで、急いで読まずにゆっくりじっくりと落ち着いて読める時間を見つけては手に取るようにした。

 

いつものように、無理やり作者のイメージを消し取ることはせず、この人(作者)を主人公たちと重ね合わせてみる、年齢的なものや人生を想像してみる、私の頭の中に自分なりの「空中庭園」を思い浮かべるなど、普通の感覚で読んでゆく。

 

するとこれは文学作品でありながら、日常のスナップ写真であり、しかし、三流のトレンディドラマとは一線を画している質の高い自省的なエッセイのようにも思えて来る。

 

もしも親しい友だちに尋ねれば、10人に数名はどこかしらに自分に当てはまるようなエピソードを見つけるかも知れない。どこか思い当たる節に擽られながら、我が家を振り返ってゆけた人も居るかもしれない。

 

家族とはどういうものなのか。その中で自分とは何なのか。

 

社会の中で普通に胸を張りまた後ろ髪を引かれるようなことをやりながら知らぬ振りして戻ってこれるところ、それはあたかも誰にも束縛されないながらも、自省という束縛のもとに遥かな人生という、命を乗せた波の上を、心地よく彷徨っている私の物語でもあったのかも知れない。

(Rev0)

« 寒波来いこいこいこいと恋もこい ─ 12月上旬篇 | トップページ | 大人になったらオヤジと飲みたい »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角田光代  空中庭園:

» 青山七恵 ひとり日和 [- Walk Don't Run -]
近頃、小説のストーリーやバリエーション、結末などがちやほやされて…というか、物語のドラマ的な側面ばかりに読者側が囚われて、文芸の元々持っている味わいのようなものが疎かになり、本当に読んでほしい作品が少なくなりつつある傾向がある。 商業主義も追い討ちを掛けて映画化、ドラマ化を売りに騒ぐものだから、多くの文学ファンが求めてきたような作品が隅に追いやられていっている。鑑賞者側の質の劣化とまでは言わないものの、似たように思っている人も少なからずいることと思う。 結局のところ詰まらないものが詰まるもとして大手... [続きを読む]

« 寒波来いこいこいこいと恋もこい ─ 12月上旬篇 | トップページ | 大人になったらオヤジと飲みたい »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト