フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« ジャンケンに強くなる その2 | トップページ | 夢を見る、冬至の晩に父と飲む   12月中旬篇 »

2011年12月23日 (金曜日)

物語は進まないほうが愉しいかも。その9

(その8)を書いたのが10月26日であるからおよそ2ヶ月の日々が過ぎていった。

 

その間に、何の花が咲くわけでもなく、嬉しい出来事があったわけでもなく、大きな変化が起こったわけでもなかった。

 

メルアドを教わったのでときどきメールするけど、以前にも触れたように、話題がないので困る。寒いですね、とか、クリスマスですね、とか、ディナーに友だちと行ってきました、とか、そんな程度だ。

 

「シルク・ドゥ・ソレイユ」に行ってきます、なんてメールが届いたこともある。

 

そんなふうに、なかなか接近ができずにいる。

 

ちかごろFACEBOOK で遊んでいて同窓会モード&職場雑談モードを楽しんでいる私は、よし彼女も誘ってみようと思い立って声をかけてみたものの、あまり関心がなさそうだったので、強引に誘うことはせずにそれきりになってしまった。まあ、それはそれでかまわない。彼女がFBにもし来たなら、たちまちのうちに職場の中から知り合いが湧き出てくることになるのかもしれない。FBを見ていると私たちの業界の人が確かに目立つ。

 

そんなこんなで、クリスマス。あの人は何をしているのだろうか。あとでメールでも放り込んでみよう。

 

* *

 

先日、映画のことを書いた日記を振り返っていたら、マザー・ウォータのことが書いてあって、そうだ!この映画を見に行ったときに映画館でばったり会ったのが2月のことで、あれが私たちの急接近の始まりだったということを思い出した。家族も一緒にいたので夕飯のときなどにもあの人に久しぶりに会ったよなどと話題に出ることも多く、それだけに、食事にもコンサートにも声をかけられないのだ。

 

もしも、お互いに20歳若くて独身であったならば、間違いなく、その後もそれなりの付き合いをしていただき花が咲くのか、はたまた散るのか。……となったのかもしれない。

 

そんなことを考えてみると、そのように友だちになって散ってしまうのも悔しいので、こうしていつまでもメル友してるのがいいのかもしれない。

« ジャンケンに強くなる その2 | トップページ | 夢を見る、冬至の晩に父と飲む   12月中旬篇 »

物語は進まない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物語は進まないほうが愉しいかも。その9:

» 物語は進まないほうが愉しいかも。その10 [- Walk Don't Run -]
物語は進まないほうが愉しいかも。その9 から続く。 ああそうか。あれはクリスマス前のことだったね。浮いた話もそわそわした話も伝わってこないのだから、本当はどんな人かは不明で不思議いっぱいのその人は、どうやら一人でクリスマスを過ごしたらしい。 仕事納めのころにもメールがあって、今これを書きながら思い出せなくなりかけているほどに、ふだん着を纏ったようなメールで、「(仕事が終わって)これから、忘年会に行ってきます」と書いていた。 明るい人だから、きっと人気者なんだろう。 しゃきっとしたスーツの似合うちょっ... [続きを読む]

« ジャンケンに強くなる その2 | トップページ | 夢を見る、冬至の晩に父と飲む   12月中旬篇 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト