フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« イタダキ市(尾鷲市) | トップページ | 眠る瞬間が一日の始まり »

2011年10月 4日 (火曜日)

自然とともに、あゆむ

■ ─ はじめに     (改篇)

夏がトントン拍子に終わって、すっかり周囲は秋の気配となってまいりました。

でっかい青空に秋の雲が浮かび、優雅に流れていくのを見ていると、家の中に居るのがもったいなくなってしまい外出をしたくなりました。

そこで、少し遠出をしてオートバイで県境の道をトコトコと走ってゆきましたら、田舎の小さな小学校で町民運動会の歓声に出会いまして、ちょっと得したような気分になれました。

 街道の坂に熟れ柿灯を点す 山口誓子

ずいぶんと昔の旅の話になりますが、中山道を散策中に石畳の坂道のわきの句碑で見つけた一句です。

こんなふうに、秋の夕暮れを味わうのが愉しい季節になってきました。
やはり、秋の夕暮れは人の心を魔法にかけたように優しくしてくれるようです。

この季節、柿栽培が盛んな県南のほうでは、熟れた実をたわわにつけた柿畑を至るところでみかけます。ビタミンCがたくさん含まれその成分が癌を抑制するということで、柿の葉茶がちょっとしたブームになったことがありました。

緑茶、ドクダミ茶、柿の葉茶など身近なところにある自然のパワーが私たちの生命に大きな効能もたらすことがあります。人間が科学の力で生み出した のではなく、自然の力とともに大切に育んできた点が重要なのだろうと思います。

そう、自然と共に歩むの。
もっともっとそのことに、感謝しなくてはなりませんね。
地震も大雨も包み込んでしまうように、大きく地球と向き合って歩むの。

■ ─ 後記

 空をあゆむ朗朗と月ひとり 荻原井泉水

旧暦の8月15日に見上げた中秋の名月も素晴らしかったのですが、寒さも引き締まってきた深まる秋に眺める満月も好きです。

冬の月はさらに高度を 増して85度近くまで上がります。

夕焼けを眺めて一杯飲み、月を見上げてまた一杯のむ。

温かい飲み物や食べ物が恋しい季節です。
スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋。

みなさんはどんな秋を愉しまれるのでしょうか。

« イタダキ市(尾鷲市) | トップページ | 眠る瞬間が一日の始まり »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然とともに、あゆむ:

« イタダキ市(尾鷲市) | トップページ | 眠る瞬間が一日の始まり »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト