フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 雨に濡れ私待つキミもう少し | トップページ | 届かない手紙 »

2011年7月 5日 (火曜日)

ヒソヒソとあなたの好きなウイスキー 6月下旬篇つぶやき

あっという間に過ぎ去った6月下旬。
そして今年も半分が終わったのだ。

 

夏はこれから。

 


6月17日

 

▼くちなしと聞いて昔をたぐり寄せ

 

子どものころに近所の軒垣に咲いていた。
地味な花なのだけど、花びらが苦そうで嫌だったな。

 

▼届かない。琥珀のグラスを見つめても

 

私は機嫌が良いときにしか晩酌をしない。
だから、グラスにお酒が注がれてあるということはゴキゲンなわけだ。
自分と対話をしている。

 

▼ねえ僕は紫色が嫌いなの。知ってるくせに

 

そうだ。アジサイが咲き始めたのだ。
素敵な花なのだけど、短い寿命が気の毒で。
だから、ムラサキをあまり好まないのかも知れない。

 


6月19日

 

▼父の日や普通に1杯酒を飲む
▼父の日や部屋で形見の絵を睨む
▼父の日に鬼の顔して我を見る

 

父の日に、三句いじって、黙り込む。
どうでもいいんだ。父の日なんてのは。

 


6月22日

 

▼夏至の朝子ツバメ大きく口を開け

 

いつ飛び立つのだろうか。
緑の田んぼの上を悠々と、ときには、街の中をいそいそと。
巣を見上げる私を遠くから親ツバメが伺っている。

 


6月23日

 

▼タチアオイ乱れた恋を見届けし

 

-- なあ母さんや、あの花なんていうの?
-- アオイやな。

 

母にはなぜのその花の名前を聞いたのか、言わないままだ。

 


6月27日

 

▼浴衣きて無限の魔力のヒトとなる

 

不思議な、魔法のような風が吹いてくる。
肩を並べて歩くその人に、ストレートに気持ちを投げている自分がいる。

 


6月28日

 

▼近寄って髪型変えたと聞いている
▼メルアドを変えて、髪型変えたかな

 

知らない振りしても
ちゃんと知ってるんだ。
もしかして少しは気にかけてくれているの…なんて、思っちゃいけないの。

 


6月29日

 

▼髪の毛で思われニキビを隠すクセ

 

NHKのつぶや句575に投句した作品。
結構気に入ったんだけど。ボツ。

 

▼オケラ鳴く母に逢いたし我も泣く
▼君なんか暑さに溶けてしまえばいい

 

強がってみたいこともあれば
自分って弱いなと思うこともある。

 

夕焼けが真っ赤だったりすると、思い出したくない人も思い出してしまって、心は反対のことを思っている。

 


6月30日

 

▼ほんとうは好きなんだけど目をそらし
▼水割りの琥珀が好きで一目惚れ
▼ヒソヒソとあなたの好きなウイスキー

 

ウイスキーがない生活スタイルは私には無い。

 

もしかしたら
無意識の中に、思い出が解けているのかもしれない。

 

琥珀色そのものは好きな色じゃないのに、酔いを誘うときは例外だ。
未完成の恋があるのかも知れない。

 

6月が終わってゆく。
どばっとごみを出しておく。

 

▼まどろみの朝に隣家で時計なる
▼片想い、数えられないほどの人
▼異常なの?地球がため息ついただけ?
▼恋をした?アツクなってる地球さん
▼窓開けて熱風襲いかかりくる
▼釣竿や放置されたる夏の川
▼アイス食べて夕立雲の来るを待つ
▼雷雲はそちらにゆっくり行きました
▼好きだよと言えば爆発する二人
▼暗闇に仄かな明かり届けたい

« 雨に濡れ私待つキミもう少し | トップページ | 届かない手紙 »

十七音(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒソヒソとあなたの好きなウイスキー 6月下旬篇つぶやき:

« 雨に濡れ私待つキミもう少し | トップページ | 届かない手紙 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト