フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 遠藤周作 王妃マリー・アントワネット | トップページ | 宮本輝 月光の東 »

2011年4月24日 (日曜日)

もうきっとあなたには会えない。予感 - 四月・穀雨のころ

4月24日

 

読書部Ⅱに遠藤周作さんの王妃マリー・アントワネットの感想文をあげた。
2007年の七夕の夜に書いたものだが、急に懐かしくなった。

国立民族学博物館で梅棹先生の企画展をやっている。
「ウメサオタダオ展」
行きたい。

行くなら、バラ園も必ず寄りたい。
連休明けかな。

土曜日に土砂降りで
日曜日にカラリと晴れて

昨日の太平洋の荒波はきっと静かになっているのだろうなあ。

▼もうきっとあなたには会えない。予感

4月23日 土曜日

▼土砂降り。ガラス越しにみているなら、好き。

お昼の買い物でアジを見つけた。
そして夕方、カツオを発見する。
アジは県内産。カツオは高知産

アジ

 

カツオ

 

4月22日

▼ポニーテールあの人にはあり得ない

 

4月20日

雨が降ったのが上がる。
でもとりわけ厳しく降られたわけでもなく。

▼雨上がる。芭蕉は今ごろどのあたり
▼十六夜の田ごとに映す揺る想い
▼夜の田のカエル元気ぞ雨あがる

いつも通る帰り道の畑の横で
ゆらゆらと風に吹かれている。

▼葱坊主ゆらりゆらりとゆれており

 

4月19日

▼四月が過ぎる君に会いたい
▼痩せる月無性に君が憎くなる

帰り道はセンチメンタルさ。

 

4月18日

北山修がラジオに出演していたのを
偶然聞きながら寝床に入る。

▼月はひとり、星は二人で見上げたい (回想)
▼吠えたくなる。あの人のことを思って……

 

4月17日

▼青空を窓越しに見上げている贅沢

 

4月16日

▼散るために生まれてきたのわたしたち
▼ヤマブキを一輪さして手を添える
▼春の花散って無言のたよりかな

黄色い花が似合う人がいる。
赤い花ではだめなのだ。

その緩やかそうな色が夢なのかもしれない。
ほんとうは激しい赤のような人なのかもしれないのに。
黄色でいてほしいと願うのかもしれない。

 

4月15日

いまごろ、桜前線、梅前線、モンシロチョウ前線はどのあたりを北上しているのだろうか。
みちのくにチョウはきただろうか。
そんなことを思う。

▼その花は私です
▼花に嵐の例えもあるさ、潔く散りなさい

誰もいない海……
自虐的な側面を持っていないか。

静かで、激しい。

 

4月14日

月が半分になっている。
まあ元気よ。
誰に言うわけでもなく呟いている。

半分の月

田植えの季節を迎えて、田んぼに水が張られてゆく。
銀色に光る水田の間の細い道を歩きながら
夕焼けを見上げては、飛行機雲ばかりを探している。

水田

一本の雲があればあの人につながるような気がする。

夕焼け

カラスが喧しく啼く。

▼問うてみる、あなたの恋のその行方

 

4月13日

新緑に目がゆくと
気持ちが落ち着いてくる。

▼草笛をくわえてみたの、スキと鳴る
▼新学期もう恋してるそわそわと
▼タケノコのお出まして産毛やわらか
▼山笑う一塊に呑み込まれ

緑が蠢く。

 

4月10日

▼ヤマブキを一輪さして手を添える

何を回想しているのだろう。花は意地悪だ。

« 遠藤周作 王妃マリー・アントワネット | トップページ | 宮本輝 月光の東 »

十七音(春)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうきっとあなたには会えない。予感 - 四月・穀雨のころ:

« 遠藤周作 王妃マリー・アントワネット | トップページ | 宮本輝 月光の東 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト