フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 金曜日の朝に | トップページ | バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 »

2011年2月19日 (土曜日)

二本指立ててピースな二月かな ─ 立春篇

二月。
如月。

 

春の気配も漂いはじめるのだが、立春と聞いてもまだ寒い。

 

上古を生きた人々は、こんな季節にどうやって春から夏の変化を予感したのだろう。

 

 

(4日)

 

メモの隅っこに

 

▼早く風呂に入って寝たい

 

と書いている。

 

春眠暁を覚えず、にはまだ早かろうに。

 

しかし、着実に身体が春に合わそうと動き始めている。

 

 

(3日)

 

節分だ。
豆は撒かないし、食べない。

 

子どものころは母と一緒に豆まきをしたのをしっかりと記憶する。

 

店に買い物に出ると節分商戦というか、鬼の音楽が今年もかかっていて、ああ節分なんだなと思う。

 

▼スーパーの鬼の音楽夢に出て

 

豆をいる炭でついでにかき餅も焼いた記憶もある。
お茶漬けにして食べるとうまい。

 

我が家では、巻き寿司も食べる習慣はなかった。
今は祭りとして夫婦で食べるようにしている。

 

祭りは大事だ。
人の心を寂れさせない。

 

 

▼柊が枯れてやわらぐ陽射しかな
▼式台に豆散らばってニ三粒
▼父を待ち竈の炭で豆をいる
▼式台で明かりを消して豆を食う

 

二月は少し淋しい季節でもあった。
それを、ふっと回想する。

 

▼ほんとうは好きだと言って鬼さんこちら
▼甘えても飲み過ぎるだけの鬼の面

 

 

(2日)

 

この日は、タコの唐揚げとカワハギを食べた
とメモにある。

 

▼如月やあの人の名もそんなような

 

その人。
今頃、どこにいるやら。
元気かな。

 

 

(1日)

 

日経新聞朝刊で連載している私の履歴書が、2月から安野光雅さんの登場とどなたかが書いていた。

 

心を、描く。

 

なるほど

 

▼はじまりました二月、もうすぐに春
▼あれっきり、まさにその通り、からっ風
▼恋してる、男を想うオンナの俳句
▼夕暮れが少し遅くなったのが嬉しくて

 

▼二本指立ててピースな二月かな

 

 

« 金曜日の朝に | トップページ | バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 »

十七音(春)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二本指立ててピースな二月かな ─ 立春篇:

« 金曜日の朝に | トップページ | バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト