フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 | トップページ | 宮本輝 ここに地終わり海始まる »

2011年2月19日 (土曜日)

手袋はピアノの上に。春を待つ 雨水篇

雨水の朝に、早く目が覚めて、
しばらくたまったメモを読む。

 

立春のころから、あっという間に時間が過ぎる。
十七音も少し緩めている。

 

 

(18日)

 

おはよう、雨あがり。
ウキウキ金曜日。

 

▼ディーゼルの警笛も春風に優し

 

道明寺か。

 

えみさんが、道明寺の話を書いていて、桜餅を食べたくなる。
この季節になるとチラホラデスね。

 

--

 

ここに地終わり海始まる。
最終章。電車では読めない

 

帰り道。
チャリンコの彼女について一緒に走ってゆく男子。
下校の二人
暮れなずむ街。

 

 

▼うたた寝をしてたらあら,もうこんな時刻
▼アーモンドとウィスキーで君想う

 

▼教えてよ、貴方の心に魔法をかける呪文を
▼週末のひとり酒、満月いっそう丸く

 

 

▼満月に代わってお仕置きして欲しい

 

無言の月。無音の夜。

 

 

(17日)

 

雨の音がしている

 

意地悪な雨

 

優しい雨

 

 

▼片想いうしろ姿は傘の中

 

今夜はお好み焼きですのん

 

(16日)

 

雪が降っていっそう春が近くなったと実感する。

 

▼夢を見た。話すと叶わないから秘密

 

一日一魚。
きょうはアジ

 

図書館に行って、安野光雅さんの私の履歴書(日経朝刊)、昨日までの分を読んできた。

 

画家になったきっかけは?の問いに、
そんなきっかけのようなもので簡単に画家にはなれない、
なんて書いてたから、これイイ答えだなと。
(遺伝子だそうですが)。
走り読みでした

 

マザーウォーター。感想、書いた。
別記事。

 

 

(15日)

 

▼一目惚れ笑顔と笑窪が狙い撃ち
▼バレンタイン夜の静寂もまたたきて

 

(14日)

 

先日から読書中の、ここに地終わり海始まる。十五年ぶりに読み返しています。
下巻に入りました。

 

 

雪は静かに
何年ぶりかな、雪の上を歩いたの

 

(13日)

 

久々の映画。
マザーウォーター。

 

 

(12日)

 

春雪やとけて流れりゃみな同じ
水ぬるみ北野の梅の咲くころに
土の塀に沿うて歩いて餅を食う 

 

▼手袋はピアノの上に。春を待つ

 

 

やっぱり着実に春が来てますね。

 

考えてみると・・・・

 

私が受験をしたころ、試験のあった2月の下旬と一期校の3月初旬そして二期校の3月下旬と、春を感じながらの受験もあったのだな。

 

 

まだ寒かったようなイメージばかりが残っているな。

 

▼雪解けの儚きドラマは無音なり
▼儚くも一夜限りの春の雪
▼春の雪しずく光らす朝日かな
▼春の雪母の作ったあられ炒る

 

お風呂からあがって布団に入る時が一番幸せ。おやすみ、みなさん

 

 

(11日)

 

雪デスね。綿のように。

 

雪の朝

 

▼雪ふりて俳句哀れや融けてゆき

 

 

雪の降るのを見てたら、
おなかがすいてきた

 

富士宮の石川も
この雪を思い出しているかな

 

午後にはやんでほしい

« バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 | トップページ | 宮本輝 ここに地終わり海始まる »

十七音(冬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手袋はピアノの上に。春を待つ 雨水篇:

« バッサリ髪を切るように。春を待つ ─ 二月上旬篇 | トップページ | 宮本輝 ここに地終わり海始まる »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト