フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« マシアス・ギリの失脚 池澤夏樹 読書中 | トップページ | サンマとカワハギ »

2011年1月19日 (水曜日)

キミの髪を粉雪まみれにしてみたい ─ 一月中旬篇

寒いね寒いねといいながら一月中旬が終わってゆく。

 

週末に人に会い行事に参加したりしていると、寒い冬が終わり、やがて花が咲く季節になるのでしょう。

 

寒さを憎んでみたり、ちょっと許してみたりしながら、冬を過ごす。

 

ウチの庭の山茶花。
刈り込みすぎて花が咲かないなあ。

 

街路に植えてあったユキヤナギ。
剪定のために切り落とした枝を一掴みもらってきて庭に植えたら、根が着いたようだ。

 

ユキヤナギは、着きやすいと聞いていたけれど、とっても嬉しい。
春には真っ白の花を咲かせてくれるのだろうか。

 

 

戸塚バプテスト教会の城君から年賀が届いて、私のブログを見ているようなことを書いてくれていたけれど、本当にここを見ているのかな。

 

結婚式以来、会ってないね。
今年こそは東京に行きたい。

 

 

-19日-

 

朝早くに目が醒めて、さほど行きたくもなかったけどトイレに立った。
満月が近いのだろう。
明るい月の光が西の窓から差し込んでいた。
4時ころだったから、起きてしまって溜まった日記を書くことも考えたが、温い布団のほうを私は選んだ。

 

▼寒気団命日近しと告げに来る
▼夜明け前、月あかりとどきて眠れず

 

 

-17日-

 

日暮れ、遅くなりましたね。
そう声をかける人もなく。

 

▼駆けてゆくキミをバキュンと狙い撃ち

 

 

-16日-

 

鈴鹿峠の路面状況カメラを見ると雪です。
うちは全然雪なしです。
どの付近が境目なんだろうか。

 

ウナギ喰いたい。
ふと、そう思う。

 

 

▼キミの髪を粉雪まみれにしてみたい
▼寒い夜だからこそキミに逢いたい
▼雪雲にあなたの精がきっと舞う
▼侘助が風から隠れてキミを見る
▼雪時雨どんどの炎に立ち向かい
▼焦げ餅のぜんざい美味しどんど焼き

 

▼またひとつおやじの逝った日近づきしもう両手では追えぬ昔

 

 

-15日-

 

きょうは京都へ行ってました。
片道100キロほどのドライブ。
工事、多いな~。

 

▼雪げしき夢で逢いたやその人に
▼北山の峰白く望む河原町
▼そわそわと雪の便りの予感する
▼ちょっとカッコウつけて焼き芋食べてみる

 

 

-14日-

 

きょうはぬくいな~

 

センター試験。
そんなものは無かったよ、我らの頃は。
二期校出身者は三月末まで頑張るから、粘り強いやつが多かった。
今はそんな骨太は居ないね

 

▼君を好きだ!なんて言ったからふられた
▼遮断機が降りて悴む手を重ね
▼日暮れ道キミの足音からっ風

 

 

-13日-

 

▼今頃きっと熱燗で,ほろ酔いかもね
▼貴方に会いに行きたい銀河鉄道に乗って

 

 

-12日-

 

▼寒いね。お風呂に入って寝ましょう
▼鰤寿司食いたい
▼店先にそっと佇む冬菫

 

大学の帰りに夕飯を買ったりする仕出し屋さんのカウンターに小さな花が活けてあって、「この花は何て言うの?」とバイトの女子に尋ねたことがあって、それがきっかけで少し話をするようになったけど、名前も聞かず街にも誘わずだったな。あのころはそれでよかったのだ。そんな青春。

 

 

-11日-

 

寒の入り悔しいけれど寒さにちょっと負けそう。
あしたからも頑張ろう!

 

季節の移ろいのなかで、
様様な悔しさとか喜びとか驚きを、
短くはやく書きとめる。

 

長い歴史の中に脈々と生きている人の知恵や文化に触れながら、
私もふたたびもっともっと生きる原点へと回帰してゆく。
十七音は合言葉のようなものかもしれない。

 

▼風花や忘れた人が甦り
▼待ち人はもう来ない風花舞う駅
▼約束を果たせず風花だけが舞う

 

 

-10日-

 

成人式。
三十数年前、この次の日は試験でした。
同期は半分も一緒には卒業出来なかった時代。

 

▼落ちると分かった進級試験

 

 

ちょっと用事がありまして。実家。

 

▼命日は八朔に凩吹きつけるころ
▼沈丁花つぼみかためて時を待つ

 

ハッサク。持って帰ろうっと。

八朔

夏に咲いた花

 

 

▼手をさする。体中が温かくなる
▼ねえ外へ!季節風に吹かれよう
▼赤くなるストーブみたいに赤くなる
▼好きだよと言い出しかねている赤いストーブ
▼ストーブに手をかざしてる無言のまま
▼卵かけごはんに鰹節必需品

 

 

-9日-

 

卵かけごはん +鰹節 (花かつお)

 

我が家だけの手法かと思っていたら、
友達の1人に鰹節+ネギという人がいた。

 

▼ある昔、雪の貴方を訪ねけり
▼季節風キミとの距離も無限大

 

 

-8日-

 

▼ひなたぼっこ、ぬくいなぬくい、気持ちいい

 

« マシアス・ギリの失脚 池澤夏樹 読書中 | トップページ | サンマとカワハギ »

十七音(侘助)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キミの髪を粉雪まみれにしてみたい ─ 一月中旬篇:

« マシアス・ギリの失脚 池澤夏樹 読書中 | トップページ | サンマとカワハギ »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト