フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 海まで。あなたの住む入り江まで、ゆく | トップページ | 突付かれて無頓着な振りをする »

2010年9月16日 (木曜日)

雨降りを恨む素振りで傘の下


雨降りを恨む素振りで傘の下 【銀マド・番外篇】


 

「銀マド」・・・・ってなんだろう、と思っていらっしゃる人があるかと思います。

 

ブログや日記で私が書くゴミの雑記(塵埃秘帖)を「銀マド」と呼んできました。正式には「銀のマドラー」ですね。

 

ウイスキーをかき混ぜる攪拌棒を「マドラー」と言いますが、銀メッキのマドラーだったら「銀のマドラー」です。

 

なんとも心地よい響きだと思いませんか?
私はウイスキー党ですから、このマドラーで水割りを作るときが幸せです。カランカランという音が好きです。

 

---

 

その「銀マド」に【鶴さん】と【鳥のひろちゃん】を書き始めて、ダラダラと続いてきてしまっています。読んでくれている人は数少ないと思いますが、私は個人的にお気に入りです。(自画自賛だね)

 

霞む記憶の中で、史実から大きく踏み外しているところもあろうかと思いますが、主題はそらさないで何とか最後まで書きたいな…って思っています。
でも、「この物語に最後なんかあるのかい?」って自分に質問してしまいそうだ。

 

 

その、鶴さんとひろちゃん。少し休んでいます。

 

「花も嵐も」が第34回までで、出し終わるのももうすぐです。

 

ちょうど季節は梅雨ですから、夜明け前の強い雨足に目覚めて、早々に自室に起きて来ることが多い季節です。
そんなときに、ゆっくりと自分の世界に浸れるような時間ができたらいいな。
そこにペンと白い紙があるとあれこれと書き始めることができるでしょう。

 

近頃、そのタイミングが朝の通勤時間の真っ最中だったりして、手帳は持ち歩いていますが不十分です。
夜、家に帰って思い出そうとしても、なかなか上手くいかなくて。

 

この二篇はインスピレーションで書いているので、マイミクさんの日記の言葉が私をグググと動かしてくれることも多いです。

 

 

雨降りを恨む素振りで傘の下  ねこ作

 

Tags:見つめる

 

| 2006-06-15 21:19 | 深夜の自画像(詩篇) |

« 海まで。あなたの住む入り江まで、ゆく | トップページ | 突付かれて無頓着な振りをする »

十七音 のおと」カテゴリの記事

わたしの・横顔を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りを恨む素振りで傘の下:

« 海まで。あなたの住む入り江まで、ゆく | トップページ | 突付かれて無頓着な振りをする »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト