フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 2005年 秋-冬 | トップページ | 東北 »

2010年9月15日 (水曜日)

言葉(ことば)のバトン

言葉(ことば)のバトンが来たので書きました。
一部だけこちらに載せておきます。

 

-----------------------------------------

 

■好きな言葉は?

 

くちづさむ。

 

くちびるが今でも好きよとくちずさむ … ねこ作
おお、なかなかええ作品やん。

 

※初稿:くちびるが好きよ今でもとくちずさむ

 

■あなたの口癖は?

 

自分ではワカランよ、こればかりは。
「…で…なのは、1つしかない」、、、みたいな言い方をよくするかな。

 

「あのとき、彼女に惚れてしまった理由は、1つしかなかったのだ」。。。。みたいに。

 

 

■一度言ってみたいが、きっかけが無かったり、 何らかの理由でまだ言ったことのない言葉は?

 

「好きです。デートしてください」

 

すぐ惚れるので、うちのんや娘にも、いつもチェックを入れられています。ポロっと秘密を漏らさないかと…

 

 

■普段何気なく使ったりするけど、実は意味を理解していない言葉は?

 

…さんと付き合っているの?  とか。

 

これって、どの程度の友達をいうのかね、って思います。
これは、若者に質問できないのよ。だって聞いたらエロじじいじゃないですか。

 

 

■面と向かっては言えないけど、メールでなら書けるってどんなこと?

 

好きだ、とか、抱きしめたい…とかは、実際に言ってしまうと思うし、言う前にやってしまうような気がするが(アブナイな)

 

キザなセリフなら幾らでもメールで書けるじゃんか。

 

「みちさんって、今度はどうな方法で、僕の心を揺さぶってくれるのか、楽しみなんですよ…」
とか。コラコラ

 

 

■プロポーズとして、言いたいor言われたい言葉は?

 

昔の話だなー(遠い目)

 

「一緒に居て、楽しい話をしようよ」

 

まさか

 

「僕が君を救うよ。もう安心だからね。一生、二人で暮らそうよ。僕が守ってやるよ。幸せになるんだ、二人で。」

 

なんて書かせるの?

 

ああ、現実と夢物語が混乱してくる…。バキ!

 

 

■あなたにとって言葉とは?

 

「自画像…のようなものです」というブログ(ここ)を持っていますが、
このブログを書いているときは、自分がもっとも素直になれて、その瞬間に幸せでいられるのです。

 

言葉を相手に正確に伝えるのは難しいけど、ある有名な画家だってその絵で何かを表現したいわけですよね。

 

私には何の才能も無いので、静かな夜に静かな部屋でコツコツと湧き出るような言葉をひとつひとつ噛み砕いて酒の肴にするのですよ。
あしたになったら忘れてしまっているような、ささやかな心の襞のようなモノを、形にしてくれるモノかな。


| 2006-02-18 17:39 | 日記系セレクション

« 2005年 秋-冬 | トップページ | 東北 »

わたしの・横顔を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉(ことば)のバトン:

« 2005年 秋-冬 | トップページ | 東北 »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト