フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (八月) | トップページ | 秋を届けに »

2010年9月19日 (日曜日)

2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (11月)-(12月)


木枯らしやキミの嫌いな12月


 

寒がりさん。
今頃何してるの?

 

--

 

(夢)

 

第九。聴きたい。
大晦日、炎のコバケン(小林研一郎)さん
ぶっ通しベートーベン交響曲全曲演奏。

 

いいなあ。
もしも行けたら泣きまくりやな。
いっぱいハンカチ持っていかなあかんわ。

 

| 2009-12-06 17:49 | 十七音(スピン・アウト) |

 


テーマは、[ 月 ]


 

こうやっていつも月を探している私

 

ほんとうはあなたに届けたい満月の

 

---

 

後ろ姿、じっと見てても声をかけれない

 

初霜が降りるころまで寂しかろ

 

こんなことを書いていたら会いたくなってきた

 

---

 

今日はこれでオシマイ。

 

| 2009-12-03 19:34 | 十七音(スピン・アウト) |

 


満月を見上げながらまたあなたを


 

----

 

おとうさん、昨日の夜、すごく満足にお酒飲んで楽しそうに帰ってきたんやで。

 

「きょうは○子さんといっぱい話したわ。
原因は失恋か、何かわからんけど、今は元気になってきたなあー。
辛そうにしてるとかわいそうやったけど、良かったわあー。
よかったなーってぎゅーってしてやりたいなー」

 

といいながら、ルンルンやったよ!

 

と教えてくれました。

 

人間が正直なんですかね。
バレバレみたい。
だいぶん、顔をパチパチやられたらしいけど
「許したろー」
って感じだったそうです。

 

私のお酒は
いいお酒。
なんだそうです。

 

満月を見上げながらまたあなたを思い出している
そんな夜です。

 

| 2009-12-01 22:20 | 十七音(スピン・アウト) |

 


迷路


 

雨音や不規則鼓動の恋煩い

 

おやすみを電波にかえて飛ばしたい

 

雨だれがすっと消えていくため息

 

 

この気持ち
届いているのは
知ってるの
雨に流して
夜もふけゆく

 

--

 

出られない迷路。

 

| 2009-11-25 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


うしろ姿、送って私は猫になる


 

 

きょうね、帰りがけにある人と
「さようなら」
って言葉を交わしたの。
そう、いつものあの人。

 

後ろ姿を見送って、
ああ、もう少し話がしたかったな、
って思うけど、
それは欲張りというもの。

 

さあ、私は猫になって、にやーと泣くのだ。

 

| 2009-11-24 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


遠くから少しだけそう少しだけ


 

どうしても、私はブーツのあの人の姿を想像できなくて。
それは、きっとあの人にはブーツが似合わないんだという想いがあるからだと思うのです。
お洒落で、少し跳んでるあの人のファッションが好きなくせに、どうしてもブーツを履かせたくないんだな。

 

 

ハイヒールが嫌いな私。
冷たい音をコツコツと残して去って行く踵の高い靴が嫌いなの。
だからブーツもキライなのかもしれない。

 

 

でもミニスカートにコートを羽織り颯爽と坂道を歩いてくる女性の姿を見るとドキッとしてしまう。

 

まちあかり濡れるブーツの石畳

 

冷たい雨でしたね。
あなたの傘は何色だったっけ。

 

遠くで、人ごみのなかのあなたの傘の色を探している。
ほんと、冷たい雨。

 

| 2009-11-11 22:29 | 十七音(スピン・アウト) |

 


夜が更けて何だかおやすみ言いたくて


 

---

 

チューしていい?
アカンか!

 

寝ます
おやすみ

 

| 2009-11-08 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


訳もなくあなた恋しい時雨月


 

いやね、仕事帰りに
時雨に降られて
満月が出ているのに。

 

別に、あの人とケンカしたわけじゃないですし
キライになったわけでもないですが
月を見ると、あの人を思い出すのですよ。

 

 

でもね。
満月ですよ、今夜は。
なのに
時雨れてきやがる。

 

コタツださなあかんな、って独り言、つぶやいてしまったわ。

 

| 2009-11-02 22:39 | 十七音(スピン・アウト) |

 

 

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (八月) | トップページ | 秋を届けに »

十七音(アラカルト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (11月)-(12月):

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (八月) | トップページ | 秋を届けに »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト