フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (七月) »

2010年9月19日 (日曜日)

2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (六月)


恋心プチッと手品で花にする


 

(君の前で)

 

恋心プチッと手品で花にする

 

そのあと背中に隠してしまう

 

| 2009-06-30 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


思い出は何に包んで棄てましょか


 

あっという間に終わった五月、六月。

 

いい思い出も、
悪い思い出も。

 

何だか、今年の六月だけはすべてをサラリと棄てたいな。

 

そんな気分。

 

 

ほらまた、
私が恋をしているからだって
チクリと責める人がいるんじゃない?

 

 

いいよ
幾らでも責めて、おくなされ。

 

 

過去なんていつものプチッで消えちゃうの

 

| 2009-06-28 12:00 | 十七音(スピン・アウト) |

 


でも、ちょっと…ちょっとだけキザになる


 

「でも、ちょっとだけ、さびしい時もあるの」
と書いてた或る人に宛てて書いたコメントから

 

 

 淋しいという字に、人はいないんだよねぇー
って言った奴。
憎らしいけど、今頃何処にいるのやら。

 

さみしいときは、とことんひとり、がいい。

 

---

 

(先日の、私のメール送信記録から)

 

さっき、教育実習から帰ってくる娘を
学校近くまで自転車で迎えに行って
少し待ちぼうけしたときに
中部国際空港から飛び立ったジェット機の尾翼灯が点滅して見えた。

 

「彼方へ飛んでゆきたい。
君も連れて行きたい」

 

そんなセルフが浮かんだね。

 

キザになって
独りで飲んで

 

ふーっと
一息つくと
寂しいこともあるさ。

 

「今夜は好きだと言わせておくれ」

 

(わあー、キザ)
(アホ)

夕焼け

 

Tags:ハート

 

| 2009-06-25 10:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


大粒の雨、窓越しに枇杷をみる


 

(Mさんからメールがあって)

 

先輩から届いたという青カエルの写メを、おすそ分けに送ってくれた。

 

素敵なカエル色をありがとうと返事したあとに

 

 みずたまり、ぴょんと貴方にひとっ跳び

 

 雨雲は太平洋へ行ってしまったよ。晴れるといいね。

 

って書き添えておいた。

 

 

 

大粒の雨、窓越しに枇杷をみる

 

そんな風情の雨ですけど

 

雨あがり。
蒸し暑い。
ああ、
そうめん食べたい。

雨上がり

 

| 2009-06-24 11:42 | 十七音(スピン・アウト) |

 


紫陽花や雨音染みて霞む夢


 

6月6日に手紙を書いている。

 

----

 

去年の11月9日と10日にこのふたつのメモを残しているのよ。

 

今視線そらして気持ち動いてる
嘯(うそぶ)いて揺れるピアスを狙い撃ち

 

+

 

あのころはもっと純粋で、綺麗な視線であなたを見ていたなあ。

 

きょうはあなたがとても遠い人のように思えてきてあかんわ。
水割り2 杯しか飲んでいないのに…。

 

紫陽花や雨音染みて霞む夢

 

| 2009-06-19 06:14 | 十七音(スピン・アウト) |

 


ひとりごと、飛行機曇を千切り棄て


 

--

 

ねえ

 

あの

 

ひこうき雲

 

あの子のところからも

 

見えてるのでしょうか…

 

| 2009-06-15 13:00 | 十七音(スピン・アウト) |

 


あじさいに真っ赤な嘘は似合わない


 

あじさいに真っ赤な嘘は似合わない  (太田好子)
と日記に書いたけど

 

想いは、そんなに募らせたらあかんのんよ。
さらっと、流して。

 

また必要になったら、手繰り寄せたらええのんか?

 

そう
会いたいわぁー
なんていうたらあかん。

 

ふーん
「あいたくなんかないわあ」
(真っ赤なうそやな)

 

やっぱし
あじさいに真っ赤な嘘は似合わない
うふふ。

 

| 2009-06-11 11:19 | 十七音(スピン・アウト) |

 


口笛で、声には出さず好きと言う


 

おはよう
何して過ごしてますか?

 

---

 

タイトルのような
妄想ドラマシーンを
作ってみたりしながら
現実に引き戻る。

 

--

 

鬼。の雑記。

 

鬼は外、好きなあなたに豆投げる

 

じゃんけんポン、鬼さんこちら、チュウしておくれ

 

夕時雨可愛い鬼さん手の鳴る方へ

 

節分や豆の数だけエロクなる

 

腕組んで鬼さんこちら夜の街

 

2009年02月04日

 

---

 

そう
節分のあくる日に
こんなメモを残してる、僕。

 

このころは
今だから正直にいえますが
あなたに、恋してました(赤面)

 

今は
もう大丈夫。

 

| 2009-06-11 11:05 | 十七音(スピン・アウト) |

 


梅雨入りと日記に書いてペンを置く


 

メールが来ないので
ちょっと
色んな心配をしてしまうけど
とにかく
おやすみだけ
言わせておくれ。

 

| 2009-06-09 23:28 | 十七音(スピン・アウト) |

 


水割りに氷を足して黙り込む


 

時には無口になったらどうよ。

 

黙ったところで、夜は長いよ。

 

(やっぱりね、困ったオヤジね)

 

| 2009-06-08 20:55 | 十七音(スピン・アウト) |

 


ねえ言葉などいらなくて。傍にいて


 

時間を止めて
二人で朝まで過ごしたい。

 

とけい

 

Tags:ハート

 

| 2009-06-07 20:17 | 十七音(スピン・アウト) |

 


猫のように、君は悪女になってくれ


 

(壊れる)

 

猫のように、君は悪女になってくれ。
僕は猫の友だちが一匹増えたと想うことにするから。

 

| 2009-06-07 07:53 | 十七音(スピン・アウト) |

 


明日引き潮を見に行こう


 

女は悪女になれていいなあ。
男は何になればいいんだ、こんな夜・・・

 

わからんやろうな。
男心。

 

| 2009-06-06 21:57 | 十七音(スピン・アウト) |

 


好きだよと傘に隠れた人にいう


 

傘に隠れたあなたの髪に
触れて優しく揺れるピアス

 

ちょっと駆け足、震える指で
軽くピースを流してく

 

君が好きだけど
それだけは
言っちゃイケナイ

好きだ

 

Tags:ハート

 

| 2009-06-05 18:43 | 十七音(スピン・アウト) |

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (七月) »

十七音(アラカルト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (六月):

« 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (七月) »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト