フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 流れ星誘ってくれたそのあとに つぶやく十七音 ─ 八月上旬篇 | トップページ | KLE13年目に突入 ─ 車検パス »

2010年8月20日 (金曜日)

裏窓から。8月篇

【巻頭言】

 

梅雨明けのころからは、何も変わらない澄み切った青空が広がり、暑い日が続いて熱中症のニュースが届いてきますが、光化学オキシダントの発生量は8月になってから幾分少ない様子です。

 

あっという間にお盆が終わってしまいましたが、まだまだ、空を見上げる毎日が続きます。青い空と白い雲、今は夏休みも真っ盛りで、この夏空の下、元気に遊んでいる子供たちも多いことでしょう。光化学オキシダントという過去にはなかった物質が私たちの暮らしを脅かし始めて何十年も過ぎます。朝日を拝み、夕日を見送る。人間は天性として、空を見上げることが好きであったのではないかと思えてきます。

 

天に抜けるような快晴の空を見上げながら、今日の空は私たちにどんな現象をもたらすのだろうか、と毎日青い空を見上げます。いつものように、県警屋上のヘリポートがくっきり見えて、そこからぐるりと見渡せば伊勢湾が広がります。神島までくっきりと見える日も意外と多いです。こんなところからでも海は青く、小さな船もくっきり見えます。時にはキラキラと光って輝くこともあるのだと気づきます。秋が深まるころまで、空を見る毎日が続きます。

 

 

 

【あとがき】

 

これを書き始めた8月7日は立秋でした。まだまだ残暑が厳しいようですがみなさんのそばには秋の気配が漂い始めましたでしょうか。

 

 髪切ってバッグの中の缶ビール(八木早苗)

 

8月3日の「ねんてんの今日の一句」は清清しい一句でした。

 

学生さんは夏休みですね。長い夏休みになったら、みんな思い思いに実家に帰ってしまって、帰省する元気も金もない私はあまりの暑さに肩まであった長い髪をバサリと切ってしまった二十歳のころを思い出しました。

 

下宿にはシャワーもなければクーラーもない。扇風機が24時間回り続けるという四畳半でひたすら夕立を待ち続けた。補講で提出するレポートは一向に進まなかった日々でした。でもでも、刻々と時は過ぎお盆はやってきて、やがて秋の風が吹くようになります。

 

前に書きましたように、我が家は寝室でのエアコン使用を断念しましたので、連日暑い夜を送っています。それはあたかも70年代の東京都心の下宿にタイムスリップしたかのようで、二十歳のころを思い出しながら暑さを愉しんでいます。

 

そういえば、この暑い夏に、森先生も梅棹先生も、つかこうへい氏も逝ってしまったなあ。科学技術でも経済理論でもない何か新しいモノで世の中を変えなければ世の中はよくならないような気がする。

 

暑い夜にそんなことを考えていると、眠ってゆけます。もうひとがんばり、です
ね。

 

 すずむしの声のほうから風が来る (「風の一句」から、拙句)

« 流れ星誘ってくれたそのあとに つぶやく十七音 ─ 八月上旬篇 | トップページ | KLE13年目に突入 ─ 車検パス »

光化学の『裏窓から』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏窓から。8月篇:

« 流れ星誘ってくれたそのあとに つぶやく十七音 ─ 八月上旬篇 | トップページ | KLE13年目に突入 ─ 車検パス »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト