フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« 猫好きAちゃん | トップページ | やがてすべては遺言に »

2010年7月16日 (金曜日)

2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (十月)


秋の暮、心に旅をさせてみる


 

きのうの私は
乱れに乱れた。

 

あなたを想う私の気持ちなど
誰もわかりはしないから
書けば書くほど迷宮入りだ。

 

あなたからは
便りなど無い。
私はどこへ行けばいいのだろう。

 

---

 

秋の暮、心に旅をさせてみる

 

遠くへ
心だけが
旅立てば
私の切なさは
解消されるのだろうか。

 

走る列車の中で
手帳に
そんな走り書きをした。

 

夕焼けなんか
見てなかったよ。

 

| 2009-10-23 21:05 | 十七音(スピン・アウト) |

 


断ち切るとノートに書いて、ここで会う


 

GREEで
Pさんが
「断ち切る」
と、
書いていた。

 

私は

 

断ち切るとノートに書いて、ここで会う

 

とノートに書いた。

 

--

 

何だか
こんなところで
再び
同じカードを出し合って

 

さあ、一杯やろうか。
といいたくなる、嬉しさ。

 

| 2009-10-23 21:01 | 十七音(スピン・アウト) |

 


新しい髪型、柱の陰で見る


 

--

 

私は
それでいいの。
見てるだけでいいの。

 

 

*  *

 

懐かしい。

 

あの人が髪型を変えて職場に出てきて
そのことを伝えたくて
ひとこと、声を掛けたくてドキドキしていた時間があった。

 

心の中では
好きだ
と叫んでいたのだ。

 

| 2009-10-23 20:59 | 十七音(スピン・アウト) |

 


諦めがついてあなたの小さな眼が好きだったのだと気がつく


 

滅多に弱音なんか吐かない人なのに
さすがにもう
走りつかれたのかなと思いました。

 

叶わぬ恋は
このへんで。

 

でも
いつも強がってきたわけじゃない。

 

*

 

ため息をついてあなたのほうをみる

 

*

 

あなたはニコニコと微笑んでいるか
どこか一点を見つめて眼を細めているか
眠る直前のように眼を閉じて、今にも空に浮かびそうにしているか

 

ああ
諦めるのは
今しかないのかな。

 

 

諦めがついてあなたの小さな眼が好きだったのだと気がつく

 

| 2009-10-08 22:21 | 十七音(スピン・アウト) |

 


嘘嘘と言葉の遊び夢の中


 

久し振り狂気の雨風君の声

 

嘘嘘と言葉の遊び夢の中

 

 

語りつくせない出来事や気持ちの変化の中で
嵐の夜を送り
きょとんとしている自分がいる。

 

| 2009-10-08 22:12 | 十七音(スピン・アウト) |

 


雨音やいつもどおりに地を叩く


 

 

秋雨が
嵐のせいで
いらだっている。

 

大降り。

 

傘を差しても
散々降られて
こちらも少し
苛立ち気味。

 

窓にもたれて
雨音を聞けば
なんだ、いつもと同じように
バカねバカねと
地を叩く。

 

恋心棄てることなど怖くない  (強がり)

 

| 2009-10-06 23:34 | 十七音(スピン・アウト) |

 


これきりと言い出せなくて神無月


 

 

好きですと言い出せぬときも辛いけど

 

わがままを叶えてもらって会えた日に
じっと見つめることもできずに

 

そんなことがあってから幾日かが
過ぎて朦朧の日を送り

 

諦めなさいあの子のことは
オマエさんおバカさん

 

そんな日々が過ぎてあの日は十三夜

 

 

ちょっとした
哀しい出来事が
あったのでした。

 

 

そして、
この作品に
辿り着きました。

 

(十六夜に)
これきりと言い出せなくて神無月   ねこ

 

| 2009-10-06 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 


秋の夜はひとり静かに庭に出て


 

きっと誰かに恋をして

 

*

 

あなたが切なく想い続ける人も
きっと今夜は
月を見上げて
自らの霞む手のひらを
震えさせているかもしれません。

 

 

秋の夜はひとり静かに庭に出て

 

*

 

そう
最終のジェット機が飛び立ってゆくのが見えた。
寂しく翼灯を点滅させて彼方に消えてゆく。

 

すぐそこにいるのに
なかなか会えないあなたに逢いたい。

 

こぶしをぎゅっと握ってしまう。

 

静かな空に、ジェット機の音が遅れて届いてくる。

 

月は、
ひとりで。

 

まさに、そうか。

 

| 2009-10-03 22:13 | 十七音(スピン・アウト) |

 

 

« 猫好きAちゃん | トップページ | やがてすべては遺言に »

十七音(アラカルト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (十月):

« 猫好きAちゃん | トップページ | やがてすべては遺言に »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト