フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

東京へ

熊野古道ピックアップ

寅さん記念館

  • 寅さん記念館 チケット表
    平成23年11月12日寅さん記念館 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

« 冬じたくまでに会いたい人がいる | トップページ | その人の隣にそっと立ってみる »

2008年11月 6日 (木曜日)

楢峠から水無ダム方面利賀村へ  幻想篇

さて、前置きばかりが長くなってしまった。そろそろ旅の軌跡を振り返らねばならない。

 

インセンティブを巻き起こしてくれたそのバイク人と、奥飛騨の秋の風情に満ちた感動の峠を走る。まずは、飛騨高山市内の朝市を覗いてみることにした。

 

3連休の真ん中ということで街は大賑わいだ。朝の9時に参上するなんて遅すぎます。陣屋の前にバイクを止める算段で市内に入るが、朝とは思えない車の数だ。当然陣屋の付近ではミニ渋滞が起こっている。

 

交差点脇の休憩所前のスペースにバイクを止めて「自由行動にしましょう」と私は言った。何だか恋人でもないのに一緒に歩くのも恥ずかしかったし、どうも、ひとり旅で我儘ばかりしているせいか、上手に案内も出来ないこともあった。ほんとうはいろんなことを聞かせてもらいながら散策したかったのだが…。朝ごはんを食べていないと言っていたから、私に気兼ねなくすいているお腹を満足させてきてくれるといいな、とも思って放り出してしまった。そうすると、すぐに彼女は何処かに散策に行ってしまったみたい。

 

やっぱし…
川沿いの朝市を北から南までひと通り歩いたり、お昼近くまで待って美味しい高山ラーメンの店を訪ねても良かったかな。正直、朝のテレビ番組などが映し出す橋のたもとや古い街並みなどを案内したかったんだろうな。

 

しかし、楢峠に行くには、それほどのんびりしている時間が無かった。気持ちは焦った。道路状況がはっきりと分からなかったので、万一通行止めとなっていたときは引き返さねばならない。そのことが頭の隅っこにあった。

 

今、ここで言っている楢峠は飛騨古川から国道471号、472号線を北上するルートなのだが、私の考えている楢峠は厳密に言うと「楢峠+県道34号線(利賀村方面)」をさしている。

 

天生峠は飛騨古川から白川郷へと東西の峠で、楢峠は天生峠の手前から北上する。さらにその峠の途中から牛首峠方面、水無ダム方面へと西に分岐するのが県道34号だ。

 

中央にコケが生えている道路は、比較的三級地方道(酷道と呼ぶ人もある)には珍しくないが、この利賀村-楢峠ラインは、そういう道路の中でも群を抜くほどに狭くて寂れている。

 

「果たしてこんな山の中に乙女を連れてきて…犯罪と違うのかい」と独り言を呟くが、私の後ろを走るW650のその人には聞こえていなかっただろう。バックミラーに映る姿は淡々と走り続けるなかなか男性的な雄姿だった。

 

県道34号は、鉄格子のようなゲートで閉ざされていた。「ああ」とため息をついた。

 

深い深い山の中で通行止めの看板や落ち葉が道路に溢れている様子をカメラに収めながら、大休止となった。

 

この先の道路はまたいつか来るとしよう。彼女にとっては幻想の峠道となってしまった。

« 冬じたくまでに会いたい人がいる | トップページ | その人の隣にそっと立ってみる »

バイクの話を集めてみる」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楢峠から水無ダム方面利賀村へ  幻想篇:

« 冬じたくまでに会いたい人がいる | トップページ | その人の隣にそっと立ってみる »

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト