フォトギャラリー(令和3)

フォトギャラリー(令和2)

  • 大晦日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

  • Img_0968
    令和元年の足跡(写真300枚余り) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成31年版)

  • 天皇退位の日
    Days31 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成29年版)

  • 年越しそば
    Days29 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇 - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記) - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】
無料ブログはココログ

« ホンモノをにらむ視点 | トップページ | ボッコちゃん »

2007年1月 2日 (火曜日)

年頭雑感 「新戦略」辻信一さん

新年 明けましておめでとうございます。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

 

----

 

去年の3月に辻信一さんの回想をちょっとお借りした。


政治学者のダグラス・ラミスの著作を回想して辻信一氏がこんなことを
書いていました。

 

都心に雪が積もった日、彼(ラミス)とある言語学者は会話を交わしてい
た。ビルの窓から見ると、眼下の公園に職場へと向かう人たちの足跡が
ついている。定規で引かれたようにまっすぐだ。ラミスは言う。雪国で
見る野生動物の足跡は必ず曲がっている。
ウサギやネズミがあのようなまっすぐな足跡を残すのは、捕食者に追わ
れているときだけだ。それを聞いた言語学者が呟く。
「だったらあの人達を追いかけているのは何だろう」。
                  (時、金、そしてメトロノーム)

 

3月3日は桃の節句。桃といえば子供のころにお伽噺で聞かされた「桃太
郎」や三国志演義で有名な「桃園の誓い」などを思い浮べます。
この物語の時代の人々は、きっと、「定規で引かれたようにまっすぐ」
には歩かなかったのだろうな、と思いました。
いえいえ、私たちが大切なものを見失ったのはそんな昔のことではなく、
つい先ごろのことなのかもしれません。

(中略)

マネーや時間という麻薬のようになモノサシから少し目を逸らすことで、
「環境」というキーワードの向こうに存在する違った世界が見えてくる
ような気がします。時代を超えて語り継がれてゆく、かけがえのない示
唆のようなものが、そこに存在するのではないでしょうか。


 

自分のこの文章を読みながら、一向によい方向へと舵を切らない政治にある種の無力を感じる一方で、無力や諦め感に侵されてはいけないのだとも思った。

もう少し、「新戦略」でがんばろう!

 

。。。。

 

元旦の朝日新聞・社説は、「戦後ニッポンを侮るな 憲法60年の年明けに」という表題で

キリマンジャロのような高山から、しだいに雪が消えつつある。
氷河はあちこちで「元氷河」になり、北極や南極の氷も崩れている。
このまま進むと世界の陸地がどんどん海になり、陸上の水は減っていく。
ニューオーリンズを襲った恐怖のハリケーンなど、最近の異常気象も、
海水の温度上昇と無縁ではない。大気中に増える二酸化炭素(CO2)
を何とか抑えなければ、地球の温暖化はやまず、やがて取り返しのつか
ないことになる。

と書き出し、米国の元副大統領アル・ゴア氏が伝道師のように世界を歩き、地球の危機に警鐘を鳴らしている記録映画「不都合な真実」に触れている。

 

。。。。

 

私は政治家でないので余りなことは書けませんが、原因は「人間にあります」というテロップが印象的です。

国民よ、もっと、しっかりしなさい。

« ホンモノをにらむ視点 | トップページ | ボッコちゃん »

【雷山無言 一、】初版」カテゴリの記事

【銀マド・名作選】」カテゴリの記事

カテゴリー

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく - Walk Don't Run -銀マド 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

オートバイとともに(BIKEs)

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト