文庫が出たっていうので
候補に挙がっていたのですが
やっと買ったの

芥川賞は
眉唾と思っていますが
結構丁寧に書かれている印象を
立ち読みで感じたので
どこまで読むかわからんかなと
思いながら読み始めています