早い方の列車で来たのだが
珍しくしまっていて、
一緒にあがった方が鍵を取りにもう一度下まで行ってくださって
景色でも見て待っている。

三重大の風力発電の風車は惜しいけどもう少し右側の欄外