いつもの車窓から。

写真日記を辿れば四季の風景が一番たくさん残っているこの車窓のポイント。
このごろは快速に乗ることが多かったのであまりカメラを窓に向かって構えられなかったのですが、4月から1本早い列車に乗って行きますので写真が撮れます。
列車の選択肢は早いのと遅いのしか実質上はありませんので混雑具合は殆ど変わりませんがブックスに二人で座っている感じです