朝は、家族は毎年のように遅くまで寝ていて
いよいよ待ちに待ったお雑煮となりました。