坂道を登るとひっそりとした参道の入口がありました。