うらを見せおもてを見せて散るもみぢ

良寛の辞世の句です
折々のことばから

瀬戸内寂聴さんの手毬を思い出す人も多かろうな