遠藤周作と佐藤愛子

遠藤周作について

30年前に、どっぷりと読み込んで
しばらく、のんびりと読んで、
その後、休憩していましたら
遠藤さん、逝っちゃったんですよ。

このごろになって、また読み始めてます。
色褪せて、凄いことになってるんですけど、
遠藤周作の情熱を、(これは昔以上に)感じるんです。

娘が、私より遅れること30年、文学部でね、
私の本棚をごそごそと、探ってます。

黙ってみてるのですけどね、ハラハラです。