坂の上の雲(文春文庫)
司馬 遼太郎
を読んだときにかいたと思っていたレビューが無いので
よっぽど、面白くなくて書きたくなかったんだろうな、
とか思ってみたりしてます。(笑)

---

坂の上の雲 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
\670


司馬さんの小説は、エッセイのような小説であり、教養の講座の講義のようでもある。
これほどまでに人物を興味深く書ける人は少ないなあ。
第1巻を読了。

続きは、全部読んだら書きます。

---
(ここから加筆)

そんなことを書きながら、読了しても感想を書かなかった。
というか、忘れていたのだ。

2008年の春ころに読み始めて、
7月に第4巻、
8月に第5巻、
11月中ごろに7巻、
12月日本海海戦
と、
ブログの日記には残っている。

星は★★★ほどかなーとどこかで書いていたので、司馬作品としてはそれほど高く評価しなかったのでしょう。

第1巻を読み始めたころには、★★★★としていた。

世の中の読書人が高く評価する傾向があるようですし、ドラマ化で一層拍車も掛かってゆくのでしょう。

ドラマのほうが面白いかも。
二百三高地の作戦あたりは、司馬さんのこだわりと意地のあらわれでしょうか。

そういう意味では、司馬さんの人間味に触れられるのかもしれません。

司馬作品は、時代を遡るほど、文学味が出て、面白い。

…ということで、感想は1巻で書くのみ。
| 2009-07-08 10:02 | 読書系セレクション |
-------------------------------------
坂の上の雲 (司馬遼太郎)

NHKがドラマにしてくれていて
たいそう人気の様子で
私の家族も熱心に見ているようだが
(「仁」というドラマも見ているようだが)

どうも
私は、

(ドラマ好きであり、ドラマという雑誌までも講読していた過去がある人間でありながら)

このドラマに
没頭できないのです。
キライじゃないのだが。

あの司馬の作品の
どうしようもなくくだらなくダラダラと書き続けるドラマと考察の錯綜が
というか、迷走が彼の作品の魅力であるなら

やはりドラマは
新聞のテレビ番組欄のあらすじを読んでいてもさほど代わり映えしないような気もするのだ。

あの途轍もなくツマラナイ、二百三高地の箇所をドラマはどうするのだろう。
ツマラナイドラマにして欲しい、と密かに思う。
それが、反対に面白いような気がする。