bike-tourist.air-nifty.com > BOOKs(読書日記)

壇蜜日記3  
池谷裕二 進化しすぎた脳
池谷裕二 自分では気づかない、ココロの盲点
高橋順子 夫・車谷長吉
堀川惠子
中村弦 ロスト・トレイン
中村弦 ロスト・トレイン
中島京子 かたづの! 
又吉直樹 火花
小沢信男 ぼくの東京全集
宮下奈都 ふたつのしるし
絲山秋子 離陸
柴崎友香 春の庭
宮下奈都 静かな雨
又吉直樹 火花
恩田陸 蜂蜜と遠雷
島泰三 ヒト―異端のサルの1億年
島泰三 孫の力―誰もしたことのない観察の記録
島泰三 親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る
石原慎太郎 天才
堀川惠子 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙
堀川惠子 原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年
堀川惠子 チンチン電車と女学生
宮下奈都 窓の向こうのガーシュウィン
吉川英治 新書太閤記
姫野カオルコ 昭和の犬
佐藤雅美 知の巨人─荻生徂徠伝
姫野カオルコ 昭和の犬
宮下奈都 神さまたちの遊ぶ庭
茂木健一郎・羽生善治 「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本
宮下奈都 羊と鋼の森
宮下奈都 はじめからその話をすればよかった
宮本輝 田園発 港行き自転車 (下)
井上章一 京都ぎらい
宮本輝 田園発 港行き自転車 (上)
土佐堀川 広岡浅子の生涯
バカボンのママはなぜ美人なのか
免疫力は腸で決まる
高村薫 リヴィエラを撃て (下)
リヴィエラを撃て(上・下)
高村薫 リヴィエラを撃て(上)
山本兼一 花鳥の夢
安部龍太郎 等伯(下巻)
安倍龍太郎 等伯
原民喜全詩集(岩波文庫)
桜木紫乃 ホテルローヤル
宮本輝 水のかたち
高村薫 李歐
新藤凉子詩集
新藤凉子 薔薇ふみ
車谷長吉 赤目四十八滝心中未遂
松永多佳倫 江夏豊 善と悪 江夏豊ラストメッセージ
丸谷才一 横しぐれ
重松清 流星ワゴン
金子兜太 他界
宮本輝 いのちの姿
石川直樹ほか 宮本常一と写真
佐々涼子 紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている
葉室麟 蜩ノ記
堀川惠子 永山則夫 死刑の基準
堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録
金子兜太 語る兜太
田辺 聖子 道頓堀の雨に別れて以来なり―川柳作家・岸本水府とその時代〈上・中・下〉
池井戸潤 下町ロケット
今井むつみ 言葉をおぼえるしくみ
今井むつみ ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)
吉川英治 黒田如水
縄文人は太平洋を渡ったか
宮本輝 慈雨の音
中島京子 小さいおうち
青山七恵 あかりの時間
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観
こっそり、遠藤周作
遠藤周作 海と毒薬
トニー谷、ざんす
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(右)
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(左)
島尾敏雄 死の棘
島尾敏雄 死の棘 (ハードカバー帯)
遠藤周作 一・二・三!
遠藤周作 イエスの生涯
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 大変だァ
遠藤周作 ぼくたちの洋行
遠藤周作 深い河
遠藤周作 協奏曲
遠藤周作 留学
遠藤周作 砂の城
遠藤周作 闇のよぶ声
遠藤周作 さらば、夏の光よ
遠藤周作 女の一生 二部サチ子の場合
遠藤周作 ユーモア小説集
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 第三ユーモア小説集
遠藤周作 女の一生 一部キクの場合
遠藤周作 白い人・黄色い人
遠藤周作 悲しみの歌
遠藤周作 楽天大将
宮本輝 三十光年の星たち
向田邦子 夜中の薔薇
松本清張 黒い樹海
松本清張 黒い樹海
森見登美彦 恋文の技術
朝吹真理子 きことわ
林芙美子 放浪記
百田尚樹 永遠の0
吉川英治 鳴門秘帖(一)から(三)
福元ひろこ 歩く旅の本
福元ひろこ 歩く旅の本
井上靖 本覚坊遺文
井上靖 本覚坊遺文
池澤夏樹 双頭の船
宮城谷昌光 楚漢名臣列伝
村上龍 55歳からのハローライフ
市川伸一 考えることの科学
宮本輝 三千枚の金貨(上・下)
大岡信 瑞穂の国うた─句歌で味わう十二か月─
広井良典 定常型社会 新しい「豊かさ」の構想
ユーミン
スティーブ・ジョブス 1 2
金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか
金森敦子 関所抜け 江戸の女たちの冒険
金森敦子 きよのさんと歩く大江戸道中記
武田百合子 ことばの食卓
池澤夏樹 カデナ
いしいしんじ プラネタリウムのふたご
川上未映子 ヘヴン
Mac Beginners
島田裕巳 映画は父を殺すためにある - 通過儀礼という見方
山本兼一 利休にたずねよ
井上靖 孔子
池澤夏樹 真昼のプリニウス
(沖田修一)キツツキと雨
大岡信 ひとの最後の言葉
池澤夏樹 真昼のプリニウス から
齋藤孝  座右のゲーテ −壁に突き当たったとき開く本
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あうん/帚木蓬生 閉鎖病棟
向田邦子 男どき女どき
向田邦子 思い出トランプ
向田邦子 父の詫び状
林芙美子 放浪記
恩田陸 ドミノ
斎藤孝 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本
斎藤孝 コメント力
なかにし礼 赤い月(下)
なかにし礼 赤い月(上)
内田百閒 ノラや
武田百合子 富士日記(下)
武田百合子 富士日記(中)
武田百合子 富士日記(上)
赤目四十八瀧心中未遂
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
湯浅誠 反貧困―「すべり台社会」からの脱出
角田光代 八日目の蝉
青山七恵 ひとり日和
北壮夫 どくとるマンボウ昆虫記
北壮夫  どくとるマンボウ青春記
北壮夫 どくとるマンボウ航海記
角田光代 空中庭園
朝日新聞社 暗い森
日本放送協会 縄文学への道
司馬遼太郎 梟の城
宮本輝 海辺の扉・下
宮本輝 海辺の扉・上
神奈川大学 17音の青春
宮本輝全短篇下
三浦しをん 風が強く吹いている
宮本輝 錦繍
斎藤孝 読書力
種田山頭火 句集
司馬遼太郎 街道をゆく26
司馬遼太郎 街道をゆく26
種田山頭火 句集から
井上荒野 切羽へ
池澤夏樹 マシアス・ギリの失脚
今井むつみ ことばと思考
車谷長吉 恋文絵
三重県俳句協会 風の一句
福永武彦 死の島
福永武彦 死の島
司馬遼太郎 竜馬がゆく
本多勝一 ニューギニア高地人
本多勝一 ルポルタージュの方法
鎌田慧 ロボット絶望工場
今西錦司 大興安嶺探検
北山修 ピエロの唄
梅棹忠夫 夜はまだあけぬか
種田山頭火 句集から
宮本輝 にぎやかな天地
宮本輝 にぎやかな天地
遠藤周作 わたしが・棄てた・女
遠藤周作と佐藤愛子
遠藤周作文庫
遠藤周作 楽天大将
宮沢賢治詩集
遠藤周作 金と銀 おもて
遠藤周作 金と銀 うら
宮本輝 泥の河
宮本輝 幻の光
遠藤周作 口笛をふく時
司馬遼太郎 坂の上の雲
種田山頭火 句集
坪内稔典 山頭火百句
重松清 疾走
福永武彦 忘却の河
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
森毅, 安野光雅 数学大明神
星野道夫 ノーザンライツ
星野道夫 風のような物語
星野道夫 旅をする木
遠藤周作 青い小さな葡萄
本多勝一 戦場カメラマン
本多勝一 戦場の村
遠藤周作 灯のうるむ頃
本多勝一 報道カメラマン
宮本常一 忘れられた日本人
福永武彦 忘却の河
窪島誠一郎 無言館
宮本輝全短篇上
月光の東
宮本輝 月光の東
福永武彦 死の島
多田富雄さん
大橋純子 たそがれマイラブ
小田実 何でも見てやろう
時実新子 魔術師たち

<< 前 | トップページ | 次 >>

遠藤周作 口笛をふく時

遠藤周作 口笛をふく時

2011年10月17日 (月)

口笛をふく時

講談社文庫(絶版らしい)

歳月という言葉の意味をずっしりと重く感じる。そんな作品だ。

30余年前、正確には1976年5月3日に私はこの本を購入している。ブルーブラックの万年筆でそう記してある。その色褪せて滲んでしまった私の筆 跡がまたこの物語を読み進むにつれてずっしりと心に圧し掛かってきた。

それは私が上京した年で、東村山市の萩山病院の裏に在った寮に住み始めて1ヶ月あまりという時代だった。高校時代に短くスポーツ刈にしていた髪もま だそれほど伸びていなかったはずだ。(この年の夏に志村ケンがブレークし、東村山音頭が有名になった)

当然、私には人生について深く考えることのできるような経験もなかったし、人にも事件にも出会ったりしていない。そんな時代に、こんな作品を読んで 分かったのだろうか。そう、今更ながら大人の視点で振り返るが、18歳の若造はそれなりに感動していたらしい。

書棚の奥から出てきたこの本には買った当初のカバーなどなく、こげ茶色に変色した背中と柔らかみを失った一枚一枚のページが、30年という時間のな かでじっと誰かに掘り出されるのを待っていたのかもしれない。(ご主人の私が掘り出すか、私が死んだときに紙くず屋に放出されるときに誰かが触るくらいし か想定できなかったけど)

読み進む途中で、決して荒っぽく扱った訳でもないのに、製本の糊付けがパリッと音を立てて割れたと思ったら、2、3日のうちに真っ二つに切れてし まった。読み終わるときは無残な姿に変化してしまっていた。

ページを捲るたびにタイムマシンに乗ったように時間が巻き戻る。物語は簡単に脳裏に蘇えってきた。私の頭のなかには、かび臭い寮の部屋も蘇えってき た…。

赤鉛筆で線が引いてある。その箇所が、現在の私がまさにその一行に引いてしまうだろうという一文であることに驚く。私はこの歳になっても、いつまで も子どものままなんだろうか、と苦笑する。

遠藤周作のこのような作品は、彼の純文学と呼ばれる作品と共に、非常に重要な位置にある。一行たりとも無駄な記述がないのは、むしろ中間小説と呼ばれるコ チラの作品群だろう。

遠藤周作が51歳のときに書いたこの作品の随所には、彼が戦争中に青春時代を送りその暮らしや数々の出会いがもたらした棄て去ることのできない悲哀 が、ユーモアと苦味をブレンドして綴られている。遠藤という小説家の人間味を漂わせてくれるシーンやセリフで満ちている。

主人公の30年前の記憶と、作品が書かれた時代(1973-74年)とを折り混ぜながら物語は展開する。それは遠藤氏自身の夢の物語であり、そし て、おそらく自分のために送ったそれまでの人生への労いであり、ペーソスにのせた社会に対するささやかなる批判でもあったのだろう。

テレビに出演しては楠本健吉や北壮夫、佐藤愛子、阿川弘之たちとおバカなことをやっていた。しかし、キリスト教を主題にした純文学作家遠藤氏の本当 の心の中を探るためには、このような(絶版になったらしい)作品を読まずして始まらない。

古本屋を漁り尽くしてでも、遠藤を語ろうという人には読んでいただきたい。語れない人は研究不足だとキッパリと言えましょう。

----
32年後に再び読み返してみたことを良かったなと思います。

18歳のときに読んだ小説。
遠藤氏が51歳に書いた小説。
それを、彼が書いた年齢になって読んでみる。

この感動と、作品自体がもたらす感動とで、今、満ちています。
| 2008-06-04 11:09 | 読書系セレクション |

**
**

遠藤周作 口笛をふく時

せつない、という言葉を知らないころに、もしも、この物語を読んでいたら私はどんなふうにそれを人に伝えたのだろうか。きょうは、「口笛を吹く時」を選ん でみました。
(遠藤周作文庫・講談社は絶版だそうですね。復刻しないかな。。。)

どの作品を取り上げても共通するモノが深い深い所を流れていることに気づきます。作家遠藤周作は、高額納税者リストのトップに毎年顔を出しながら、 嫌味な面も気取った顔も見せずに、ヒット作品を送り続けました。

ニコニコと冗談を飛ばし、
「なあ、アナタが嘘つきかどうか一発でわかるんだ、当ててやるよ。僕の質問に答えてくれよ。お風呂でオナラをしたことがあるかい?ねえ?」
などとやっていたのであるが、

(作品最後から)
美しいもの、懐かしいものはここだけではなく、日本のすべてから消えていく時代なのだ。平目も愛子もこの地上にはいない。それなのに自分だけが生き残って いる。小津は今、愛子や平目が自分の人生にとって何であったのかが、わかったような気がする。すべてが失われた今、それが残した意味がわかったような気が する…。

実はそのこには、遠藤さんが従来から語りかけてきた、世代の違い、人生の交錯、戦争の傷跡、弱き者、答えの無い問いかけ…、が作り上げるドラマの源 があると思う。

人は、涙を枯れさせて悲しい悲しいとただただ泣き続けてしまうことがある。
悲しいという感情や概念の原点って何だろう。「無力の悔しさ」でもあるのではないか。
所詮、小説、作り話…である。しかし、答えの無い問いかけは続くのでした。

さて、次は何を読みましょうか。
| 2005-05-29 10:53 | 読書系セレクション |

固定リンク