bike-tourist.air-nifty.com > BOOKs(読書日記)

壇蜜日記3  
池谷裕二 進化しすぎた脳
池谷裕二 自分では気づかない、ココロの盲点
高橋順子 夫・車谷長吉
堀川惠子
中村弦 ロスト・トレイン
中村弦 ロスト・トレイン
中島京子 かたづの! 
又吉直樹 火花
小沢信男 ぼくの東京全集
宮下奈都 ふたつのしるし
絲山秋子 離陸
柴崎友香 春の庭
宮下奈都 静かな雨
又吉直樹 火花
恩田陸 蜂蜜と遠雷
島泰三 ヒト―異端のサルの1億年
島泰三 孫の力―誰もしたことのない観察の記録
島泰三 親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る
石原慎太郎 天才
堀川惠子 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙
堀川惠子 原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年
堀川惠子 チンチン電車と女学生
宮下奈都 窓の向こうのガーシュウィン
吉川英治 新書太閤記
姫野カオルコ 昭和の犬
佐藤雅美 知の巨人─荻生徂徠伝
姫野カオルコ 昭和の犬
宮下奈都 神さまたちの遊ぶ庭
茂木健一郎・羽生善治 「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本
宮下奈都 羊と鋼の森
宮下奈都 はじめからその話をすればよかった
宮本輝 田園発 港行き自転車 (下)
井上章一 京都ぎらい
宮本輝 田園発 港行き自転車 (上)
土佐堀川 広岡浅子の生涯
バカボンのママはなぜ美人なのか
免疫力は腸で決まる
高村薫 リヴィエラを撃て (下)
リヴィエラを撃て(上・下)
高村薫 リヴィエラを撃て(上)
山本兼一 花鳥の夢
安部龍太郎 等伯(下巻)
安倍龍太郎 等伯
原民喜全詩集(岩波文庫)
桜木紫乃 ホテルローヤル
宮本輝 水のかたち
高村薫 李歐
新藤凉子詩集
新藤凉子 薔薇ふみ
車谷長吉 赤目四十八滝心中未遂
松永多佳倫 江夏豊 善と悪 江夏豊ラストメッセージ
丸谷才一 横しぐれ
重松清 流星ワゴン
金子兜太 他界
宮本輝 いのちの姿
石川直樹ほか 宮本常一と写真
佐々涼子 紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている
葉室麟 蜩ノ記
堀川惠子 永山則夫 死刑の基準
堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録
金子兜太 語る兜太
田辺 聖子 道頓堀の雨に別れて以来なり―川柳作家・岸本水府とその時代〈上・中・下〉
池井戸潤 下町ロケット
今井むつみ 言葉をおぼえるしくみ
今井むつみ ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)
吉川英治 黒田如水
縄文人は太平洋を渡ったか
宮本輝 慈雨の音
中島京子 小さいおうち
青山七恵 あかりの時間
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観
こっそり、遠藤周作
遠藤周作 海と毒薬
トニー谷、ざんす
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(右)
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(左)
島尾敏雄 死の棘
島尾敏雄 死の棘 (ハードカバー帯)
遠藤周作 一・二・三!
遠藤周作 イエスの生涯
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 大変だァ
遠藤周作 ぼくたちの洋行
遠藤周作 深い河
遠藤周作 協奏曲
遠藤周作 留学
遠藤周作 砂の城
遠藤周作 闇のよぶ声
遠藤周作 さらば、夏の光よ
遠藤周作 女の一生 二部サチ子の場合
遠藤周作 ユーモア小説集
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 第三ユーモア小説集
遠藤周作 女の一生 一部キクの場合
遠藤周作 白い人・黄色い人
遠藤周作 悲しみの歌
遠藤周作 楽天大将
宮本輝 三十光年の星たち
向田邦子 夜中の薔薇
松本清張 黒い樹海
松本清張 黒い樹海
森見登美彦 恋文の技術
朝吹真理子 きことわ
林芙美子 放浪記
百田尚樹 永遠の0
吉川英治 鳴門秘帖(一)から(三)
福元ひろこ 歩く旅の本
福元ひろこ 歩く旅の本
井上靖 本覚坊遺文
井上靖 本覚坊遺文
池澤夏樹 双頭の船
宮城谷昌光 楚漢名臣列伝
村上龍 55歳からのハローライフ
市川伸一 考えることの科学
宮本輝 三千枚の金貨(上・下)
大岡信 瑞穂の国うた─句歌で味わう十二か月─
広井良典 定常型社会 新しい「豊かさ」の構想
ユーミン
スティーブ・ジョブス 1 2
金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか
金森敦子 関所抜け 江戸の女たちの冒険
金森敦子 きよのさんと歩く大江戸道中記
武田百合子 ことばの食卓
池澤夏樹 カデナ
いしいしんじ プラネタリウムのふたご
川上未映子 ヘヴン
Mac Beginners
島田裕巳 映画は父を殺すためにある - 通過儀礼という見方
山本兼一 利休にたずねよ
井上靖 孔子
池澤夏樹 真昼のプリニウス
(沖田修一)キツツキと雨
大岡信 ひとの最後の言葉
池澤夏樹 真昼のプリニウス から
齋藤孝  座右のゲーテ −壁に突き当たったとき開く本
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あうん/帚木蓬生 閉鎖病棟
向田邦子 男どき女どき
向田邦子 思い出トランプ
向田邦子 父の詫び状
林芙美子 放浪記
恩田陸 ドミノ
斎藤孝 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本
斎藤孝 コメント力
なかにし礼 赤い月(下)
なかにし礼 赤い月(上)
内田百閒 ノラや
武田百合子 富士日記(下)
武田百合子 富士日記(中)
武田百合子 富士日記(上)
赤目四十八瀧心中未遂
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
湯浅誠 反貧困―「すべり台社会」からの脱出
角田光代 八日目の蝉
青山七恵 ひとり日和
北壮夫 どくとるマンボウ昆虫記
北壮夫  どくとるマンボウ青春記
北壮夫 どくとるマンボウ航海記
角田光代 空中庭園
朝日新聞社 暗い森
日本放送協会 縄文学への道
司馬遼太郎 梟の城
宮本輝 海辺の扉・下
宮本輝 海辺の扉・上
神奈川大学 17音の青春
宮本輝全短篇下
三浦しをん 風が強く吹いている
宮本輝 錦繍
斎藤孝 読書力
種田山頭火 句集
司馬遼太郎 街道をゆく26
司馬遼太郎 街道をゆく26
種田山頭火 句集から
井上荒野 切羽へ
池澤夏樹 マシアス・ギリの失脚
今井むつみ ことばと思考
車谷長吉 恋文絵
三重県俳句協会 風の一句
福永武彦 死の島
福永武彦 死の島
司馬遼太郎 竜馬がゆく
本多勝一 ニューギニア高地人
本多勝一 ルポルタージュの方法
鎌田慧 ロボット絶望工場
今西錦司 大興安嶺探検
北山修 ピエロの唄
梅棹忠夫 夜はまだあけぬか
種田山頭火 句集から
宮本輝 にぎやかな天地
宮本輝 にぎやかな天地
遠藤周作 わたしが・棄てた・女
遠藤周作と佐藤愛子
遠藤周作文庫
遠藤周作 楽天大将
宮沢賢治詩集
遠藤周作 金と銀 おもて
遠藤周作 金と銀 うら
宮本輝 泥の河
宮本輝 幻の光
遠藤周作 口笛をふく時
司馬遼太郎 坂の上の雲
種田山頭火 句集
坪内稔典 山頭火百句
重松清 疾走
福永武彦 忘却の河
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
森毅, 安野光雅 数学大明神
星野道夫 ノーザンライツ
星野道夫 風のような物語
星野道夫 旅をする木
遠藤周作 青い小さな葡萄
本多勝一 戦場カメラマン
本多勝一 戦場の村
遠藤周作 灯のうるむ頃
本多勝一 報道カメラマン
宮本常一 忘れられた日本人
福永武彦 忘却の河
窪島誠一郎 無言館
宮本輝全短篇上
月光の東
宮本輝 月光の東
福永武彦 死の島
多田富雄さん
大橋純子 たそがれマイラブ
小田実 何でも見てやろう
時実新子 魔術師たち

<< 前 | トップページ | 次 >>

村上龍 55歳からのハローライフ

村上龍 55歳からのハローライフ

2013年3月12日 (火)

12月に読もうと決意して
3月まで待ちました。
待つだけの価値がありました。
-----
待ったなあ。
感想はこちらで。
http://bike-tourist.air-nifty.com/hiroka/2013/03/55-29de.html
**
**
むかしむかし,定年は55歳で、高度経済成長の時代がおとずれる以前は多くの人が55歳で仕事を退いて一旦は会社と縁を切った。

それは、大きな儀式であったわけで、子どもを二十歳から35歳の間でもうけた人にとって、長男長女が子どもをもうけて軌道に乗り始める時期であり、末っ子が成人をするときでもあった。

家庭はひとつの屋根の下に芋の子を洗うように構成され、55歳で社会を抜け出した人は、孫と出会い新しい生活を始めることが多かった。収入はなかったし、年金という考えも希薄であり,何よりも人間が金に欲どおしくなかったし、それ以上に人間味を大事にする暮らしをしていた。お互いが助け合うという常識があった。

そんな時代に村上龍は生まれて、歴史の変化と社会の成長や衰退、破壊・分裂を見てきたからこそ、このような作品が書ける。しかし、そんな経験だけでは不完全だ。彼には私たちの知らない作家としての使命感と希望と欲望とセンスがあるのだろう。

限りなく透明に近いブルーという強烈なタイトルの作品を持ち、さらにその作品がなかなかのハードなものだったことで、そのあとのイメージが固定化されてしまっているのが、彼自身にとってもさぞや悔しかろう。だから、気の毒であるし、時には得をしたかもしれないけど、彼の本当の姿を多くの人は知らないままでこの作品を手にしたのではないだろうか。いや、この作品が彼の本流であるならば、この作品を読まない人は間違いなくホンモノの村上龍に出会えない。そんな気がするし、多くの人の読後感想を読んでもそれを伺うことができる。

ヒトの心の曖昧な一面を、誰もが形や言葉で表せずに苦心し、具体化できずに考え込んでしまうのだが、これほどまでに纏めて特徴を生かして物語にできるものなのかと驚くと同時に、その上手さに改めて感心をさせられた。

モチーフもテーマも一級であるからここまで絶賛される作品になったのだが、よく考えて作り上げた人物がまたまた素晴らしかったことも大きな理由と思う。

もともと、村上龍という人の作風は芸術的で、文学的なところもあり、美文の作家ではないものの、惹きつけるものを持っている。そこに来て、一旦人を遠ざけるようなタイトルでフィルタリングしてから、このテーマである。こだわりやら自己主張やら蘊蓄を纏わない状態でお読みくださいと迎え入れてくれた形になった。今の時代にこの作品を読んで何も感じられないとしたら、それはその人が時代から外れていると言っても過言ではない。

昔、テレビでトーク番組をやっていたことがあるのを覚えている人がいるだろうか。バド・パウエルの Cleopatra's Dream が流れていたのを覚えている方も多いと思う。「Ryu's Bar 気ままにいい夜」という洒落た名前で、岡部まりもとっても素敵でした。

そんな地味で大人しく、面白くもないオヤジが村上龍なのだが、彼はあのような対談で人間味を培い洞察力を養ったのだろう。村上龍は、あのころからずっと進化し続けていたのだ。この作品のような書き方、どこで誰に教わったのか、不思議なのだが、どこぞの村上氏よりはるかに魅力的な作家と言えよう。

話は、多くの人たちが感想で書いているので、私は書かないでもいいでしょ。定年を迎えてありふれたように離婚をして、そのあとお見合いを繰り返しながら本質に気づく女性、深い事情でホームレスになってしまった昔の友人を真剣に助けてゆく一人の男性の話、有能が故に仕事を早期で退職して、夢を実現しようとしながら再び就職活動をやって、大事なことに気づく男、ペットの犬を亡くして、生きがいとは何か夫婦とは何かということを知る主婦、読書に目覚めた元トラック運転手が恋をして、ドラマチックに自分を振り返るという話。

物語を作るのがうまい作家と違い、人々の細やかな心の叫びをこれほどまでに的確につかんで小説にしたものは、これからもそう多くは出ないだろう。優しい視点が生きている村上龍の本領で書いた作品ではないだろうか。

固定リンク