8月29日に読み終わりました

堀川惠子、小笠原信之 チンチン電車と女学生
1945年8月6日・ヒロシマ (講談社文庫)

この作品を読みながら、沖縄や永田町でデモをする大勢の人の気持ちも考えた。

大声で叫ぶことや拳に力を込めて振り上げて闘志を見せるのも大いに素晴らしい表現方法なのだが、それとはまったく違う手法もあるのではないかと、何かが頭の中でぐるぐると回る。

八月中旬に読了した「原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年」(堀川惠子)が静かに語っていたヒロシマと「チンチン電車と女学生 1945年8月6日・ヒロシマ」(堀川惠子、小笠原信之)が語ったヒロシマは同じ舞台で同じ日時のものだ。

月日が変わっても歴史が変化しないことを実証する一方で、時々刻々と記録は消えてゆく。
さらに記憶は忘れられてゆく。
そしてやがて関心は薄れて、挙げ句の果てはどうでもよくなってきて、紙切れに残された写真は色あせ、興味を持つ人が必ずほとんど消えてゆく。

それは、人類が言語を得て、情報を通信する(意思をお互いで通じ合わせる)ようになり、それを伝達し、伝達の歴史や足跡を残し、文字が生み出され、消えてゆく時間をヒトの本能として残すようになって以来の歴史の上で、何ら変わらない摂理としてきたことである。

しかし、ヒロシマだけはそうしてはならない、と多くの人がそう考えたに違いない。
まだ一世紀にも満たない歴史であるだけに、それほどまでに冷めた人が増えているとは思えないものの、世の中の動きをじっと見つめているとそれも否定できない。

科学技術は、神が為す技ではないのだから原子力エネルギーというものを未来の光として発明した時にはまさに輝かしかったのだが、一切を巻き戻して封印する「科学技術力」と「哲学」「判断力」に欠けたが故に、今もなお迷信のような幻の技術を未来のものだと勘違いし続ける人々が一向に減らない。

その点が、人間というモノが、生き物としての限りなく動物に近いところなのだろう。

そのような動物的な欲望に任せて生存するが故に、数千年数万年という未来に自分たちの種を保存することに野生界の生物は失敗をしてきた。
生物の歴史でもほとんど例外なく、生物は愚かな生き物なんだと言える。
つまり、だからこそ人間である故に、それを断ち切る判断をしなくてはならないのだろう、と思う。

この作品は、テレビのドキュメント番組の取材をベースに、再度の取材を重ね、映像番組では表現できず伝えきれなかったことや新しい事実を掘り起こしてまとめている。

とてもわかりやすい。難しい言葉も表現方法も一切ない。構成もとてもよく考えられている。

至る所に取材で得たことがらを忠実に書き残している。被曝をした後の様子などは、何ページかを読み進めば必ず出てくる。読んでいる方までもが、当時の状況に吸い寄せられてしまっているのを感じる。

《わが目を疑った。「ボロボロ」としか形容のできない人たちが、たくさん歩いている。手の皮がだら〜んと垂れ下がっている。頭もからだもあちこちの皮膚はめくれ、衣類とともにそれがからだからぶら下がっている。真っ黒になった目が飛び出している人もいる》(165ページ)

《みんな肌がジャガイモの皮を剥いたみたいにズルズルでね。その皮が腰のベルトの所に服みたいにぶら下がってね。まるで、腰で服がとどまっているような感じで、手をぶらぶらさせて、その手の先からも皮膚が垂れ下がっとるんですよ。そんな人らがぞろぞろ、物も言わずに歩いてくるんですよ》(182ページ)

堀川さんはテレビ局の報道の人だった。

テレビの作品は、多くの人の目に焼きつき言葉は耳に残り、生き残った人の話や当時の写真記録などは、かなり強烈に視聴者を驚かせたことだろう。
見た人が何を感じたのかも推測の通りだろう。

残念なのは、音と映像はそのとき限りで消えてしまうということだ。
そしてその内容を何度も繰り返し再現するためには、毎回同じ時間を要する。

読むことは映像から情報を得るよりも時間がかかることもあろう。
作品に触れるきっかけを得られなければ、そして自らが中身に触れようとしなければ、真相にさらには深層に触れられる確率は0%である。
そういう意味では映像作品と足並みをそろえて、この取材がほんとうに目指すものを遂げねばならないといえようか。

この取材でピックアップされたのは女学生である。
しかし、この時代のこの日に闘った人たちは、この国に生きていた人たち全部だった。
そのほんの一握りがこれほどまでに壮絶だったことを考えると、いったい何がどうなったのか想像を絶するとしか言いようがない。

当時の社会的背景や社会構造、庶民の一般心理状態や生活スタイルや社会思想、あらゆることを掘り起こして歴史に刻むことが理想なのであろう。
だが、七十年という月日が人々(国民)に与えた「豊かさ」と「幸福感」と「満足度」を持ってして社会を斜めに見る限り、虚しいデモが幻のようにさえ思えるのです。

みなさんは読後にどんな風に感じられるのか。そちらにも興味があります。