平成26年10月21日購入

葉室麟 蜩ノ記

物語の書き始めばかりを集めて作品集を編集する人があるくらいなのだから、そこには惹きつけるものが無くてはならない。時代小説というわたしには珍しい分野を読むことに決めたのも、ほかならぬ冒頭の二三行に依るものであった。

映像作品(映画)もあるとあとで知り、果たしてこの書き出しの美をどうやって映像にしようというのか。偉大なる挑戦となるのか愚かな試みになるのか、単なる売上を狙った文芸とはかけ離れたものになるのか。

続きは
葉室麟 蜩ノ記 »

言葉から