平成25年4月17日
池澤夏樹 双頭の船 読書中。
もったいないから早く読まない。

きょうは、ツツジの植え込みのなかに雑草が目立つので草引きをした。
ウォーキングに行く前に見つけて、急遽することにしたので、ウォーキングは中止となった。

同じくらい汗をかいたわ。

---------
半分くらい進んでますけど、一日で読んだりしない。(もったいないよ)。そんなことを書き残しながら読み始めた。

ところがこの作品、読み進めれば池澤夏樹風味が少ないような気もするけど、この人ときどき化けて筆を使うから、まあ「三浦しをん」みたいなタッチでも目くじらは立てない。

図書館で借りた本で、期日までに読めました。(いつも延長ばかりやからな)そして感想は、全部読んでから整理してそのうち書こう……と考えたのだが、激しい感想が涌き上がってこなかった。

池澤夏樹の作品の中ではファンタジーっぽい部類になって収束していったので、重苦しくテーマを投影するような主張もなく、少ししょんぼり。

読み進めながら、ファンタジックでドラマチックなイメージを描ける人には面白く読めるのだろう、と感じ、私は池澤夏樹の違った色合いを期待していたのだなと思う。

毒舌という言葉は好きじゃないが、一部のファンは私と同じように、池澤夏樹のもっと売れないような作品を期待ているのだろうな。